平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
押し出しフィーチャーのさまざまな押し出し状態のオプションについて学びます。 スケッチからの距離で定義される押し出し状態を確認する(ブラインド、全貫通、中間面)。 既存の 3D ジオメトリで定義される押し出し状態を確認する(次のサーフェスまで、頂点指定、端サーフェス指定、オフセット開始サーフェス指定、次のボディまで)。 選択した押し出し状態に基づくジオメトリの違いを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
部品の作成を始めるために適切なスケッチ平面を選ぶ重要性を理解する。 部品の開始フィーチャーと開始スケッチ平面を選択する。 開始スケッチ平面の選択が図面にどのように影響するかを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
フィレットまたは面取りを使用して、それぞれラウンドまたはベベル エッジを作成します。 モデリング手法を向上させる一般的なフィレット ルールを理解する。 固定半径フィレットを作成して、いくつかのオプションを理解する。 面取りフィーチャーを作成して、いくつかのオプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。 スケッチ拘束を使用して、部品の別のスケッチを基準にスケッチパスを作成する。 スイープ フィーチャーの基本オプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
軸まわりにスケッチの輪郭を回転して、材料を追加または除去します。 回転したフィーチャーを作るのに適したエンティティ、関係および寸法を含むスケッチを作成する。 回転フィーチャーのオプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ駆動パターン、テーブル駆動パターン、カーブ駆動パターン、フィル パターンを作成します。 これらのパターンでは、非線形または非円形の方向にフィーチャーのパターンを作成できます。 スケッチ点を使用してスケッチ駆動パターンを定義する。 テーブル駆動パターンの座標を指定する。 エンティティを変換してカーブ駆動パターンのスケッチを作成する。 フィルパターンを使用して境界内にフィーチャーを分散させる。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の部品をアセンブリに追加し、方向を変えてアセンブリを作成します。 合致を追加して構成部品を接続します。 部品から新規アセンブリを作成する。 アセンブリの FeatureManager デザイン ツリーの概要。 アセンブリに構成部品を挿入する。 構成部品を移動/回転する。 構成部品の間に合致を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリの分解図を作成することで、構成部品を詳細に表示するのに役立ちます。 アセンブリで分解図を作成する方法を学ぶ。 分解図(Exploded View)コマンドのオプションを使用して、単一/複数の構成部品を分解する。 サブアセンブリの分解オプションを理解する。 チェーン ステップの分解で複数の構成部品の間隔を自動で設定する。 分解ステップをアニメーション表示する方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチに関する問題(異質なジオメトリ、宛先が不明な寸法や関係など)を診断して修復します。 部品の問題を診断する。 スケッチ ジオメトリの問題を修復する。 宛先が不明な関係や寸法を修復する。 エラー内容(What's Wrong)ダイアログを使用する。 スケッチで使用する平面を編集する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ロールバックを使用して部品を調べ、どのように作成されたかを確認します。 フィーチャーの順序を変えて、フィーチャー、スケッチ、スケッチ平面を編集します。 既存の部品でロール フォワードする。 FeatureManager デザイン ツリーのフィーチャーの順序を変える。 親子関係を理解する。 スケッチとフィーチャーを編集する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
SOLIDWORKS ユーザー インターフェース(UI)は、よく使うツールを表示することで、必要に応じてカスタマイズができます。 ツールバーや CommandManager の表示位置を変えることや、自分用のキーボード ショートカット/マウス ジェスチャーを追加することができます。 CommandManager のタブの表示/非表示を切り替える。 ツールバーとパネルのドッキングと解除方法を学ぶ。 ツールバーにコマンドを追加する。 キーボート ショートカットを追加する。 マウス ジェスチャーをカスタマイズする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つまたは複数のフィーチャー/ボディを参照平面または平坦な面に対してミラーして、インスタンスのコピーを作成します。 作成したコピーは、鏡の表示のように反転して、対称性が維持されます。 フィーチャーやボディのミラー パターンを作成する。 ジオメトリ パターン オプションで結果を制御する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の円形方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。円形方向は、シリンダー/円錐面、円/直線エッジ、中心線または軸に基づきます。 インスタンスの間隔は、さまざまな方法で制御できます。 既存のフィーチャーから円形パターンを作成する。 間隔と範囲を変える。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の直線方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。 不要なインスタンスはパターンから除外できます。間隔とその他の寸法を変えることができます。 既存のフィーチャーから 2 方向の直線パターンを作成する。 パターンのインスタンスをスキップする。 パターン インスタンスのパラメーターを変える。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
穴ウィザード機能を使用して、ANSI、ISO、その他の国際標準に従って、標準サイズの穴を作成します。 穴のタイプ、サイズ、配置場所は、ユーザーが入力します。 穴ウィザードで穴を作成する。 ウィザードの穴のエレメントとオプションについて学ぶ。 同じフィーチャーに複数の穴を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存のスケッチ エンティティをミラーするには、エンティティのミラー ツールを使用するか、対称関係を追加して行います。 あるいは、スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーできます。 以前に作成したスケッチ エンティティをミラーする。 スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーする。 スケッチ エンティティに対称関係を追加してエンティティをミラーする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN