CSWA 試験のアセンブリ モデリングのパートを確認します。 構成部品の挿入や合致の追加によりアセンブリを作成する方法をサンプルの CSWA 試験で復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
7 月 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)について理解する。 認定のメリットを確認する。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを知る。
Lesson
7 月 前
ENG
CSWA 試験の部品モデリングのパートを確認します。 サンプルの CSWA 試験で部品のモデリングに使用した方法を復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
7 月 前
ENG
ボトムアップとトップダウンのアセンブリ モデル設計手法を用いて、アセンブリに構成部品を挿入して修正します。 ボトムアップのアプローチでアセンブリに構成部品を挿入する。 トップダウンのアプローチで構成部品を修正する。 トップダウンのアプローチで新しい構成部品を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
アセンブリで1つの構成部品を他の構成部品で置き換える。 アセンブリの構成部品の選択したインスタンスを新しい部品に置き換える。 (オプション)交換した構成部品を簡単に挿入できるように、合致を再接続する。
Lesson
7 月 前
ENG
フレキシブル サブアセンブリを使用して、サブアセンブリの構成部品を移動する。 サブアセンブリの構成部品プロパティを修正して、リジッドからフレキシブルに変更する。 フレキシブル サブアセンブリの構成部品をメイン アセンブリにドラッグして動作を確認する。 フレキシブル サブアセンブリがアセンブリ全体のパフォーマンスに与える影響を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
個々の部品ファイルでなく、アセンブリ内にだけ存在するフィーチャーを挿入する。 穴ウィザードのアセンブリ フィーチャーを追加する。 アセンブリ フィーチャー カットを作成して、断面図として使用する。 フィーチャーのスコープを修正して、アセンブリ フィーチャーの影響を受ける部品を判別する。
Lesson
7 月 前
ENG
面の移動/面削除ツールを使用して、インポートした非パラメトリック ジオメトリを修正する。 ボディの面を移動して、モデルのサイズを大きくする。 面削除により、モデルのフィレット面を除去してパッチをあてる。 円筒面をオフセットして、円筒形のボスの直径を拡大する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
部品のエッジが近すぎてフィレットを正しく作成できないときは、別のソリッド ボディを利用すると解決できる場合があります。 フィーチャーを別々のソリッド ボディに分ける。 それぞれのボディにフィレットを適用する。 結合コマンドを使用して再びボディを結合する。 部品に追加のフィレットを適用してモデルを完成させる。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ロフト(Loft)では、複数の輪郭を結合してフィーチャーを作成します。ロフト フィーチャーはベース、ボス、カット、もしくはサーフェスです。 拘束と接続パラメーターを指定することで、任意の結果が得られます。 2 つの輪郭の間に基本的なロフト フィーチャーを作成する。 中心線カーブ、終了拘束、接続点を使用して形状を整える。 ロフトの輪郭と接続点を正しく選択する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
最小のスケッチ ジオメトリを使用して、薄厚の部品を補強するリブ フィーチャーを作成します。 リブ フィーチャーを作成する各種オプションを理解する。 単純/複雑なスケッチを使用してリブ フィーチャーを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
シェル フィーチャーを使用して、ソリッド ボディを中空にします。 選択した面に異なる肉厚を適用する。 シェル操作で複数の除去する面を選択する。 シェル操作によりフィレット/ラウンド エッジにどのように影響するかを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
キャスト/モールド部品に抜き勾配を追加します。 作成できる各種の抜き勾配フィーチャーを理解する。 ドラフト解析を行って、抜き勾配を追加する必要のある面を判別する。
Lesson
7 月 前
ENG
測定と質量特性ツールを使用して、モデルのサイズ、重量などを評価します。 部品の材料や座標系が質量特性にどのように影響するかを理解する。 点や円の間を測定して、部品サイズを判別する。
Lesson
7 月 前
ENG
部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して、部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
7 月 前
ENG
点、軸、および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し、測定ツールの使用に役立てます。 1 つ以上のモデル エンティティをもとに、基準点、軸、座標系を作成するオプションを学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
7 月 前
ENG
自動のスケッチ拘束を使用して、輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 自動スケッチ拘束を示すカーソルのアイコンを確認する。 スケッチの輪郭を作成して、スケッチしながら自動のスケッチ拘束を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ拘束を使用してスケッチを完全に定義し、設計意図を取り込みます。 自動のスケッチ拘束と手動で追加するスケッチ拘束について学ぶ。 2 つの直線間に拘束を追加して、共通のスケッチ拘束を理解する。 円と円弧の間に拘束を追加して、追加のスケッチ拘束を確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直、水平、または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
7 月 前
ENG