スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチの輪郭を定義する。 押し出しフィーチャーのオプションを理解する。 押し出しボスで材料を追加し、押し出しカットで材料を除去する。
Lesson
3 月 前
ENG
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
いくつかの直接編集方法で、サーフェス ツールを使用してインポートしたジオメトリを操作します。 面削除ツール、穴の削除コマンド、サーフェスのトリムを戻すツールについて学ぶ。 面削除ツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを削除する。 穴の削除とサーフェスのトリムを戻すツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを作成する。 厚み付けコマンドを使用して、サーフェス ボディをソリッド ボディに変換する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリの問題を特定して診断します。 その上で、サーフェス ツールを使用して、損傷したジオメトリを修復します。 再構築の検証、インポート診断、チェック エンティティを使用して、モデルの問題を診断する。 インポート診断ツールを使用して不正面を修復する。 不正面を削除して、各種サーフェス ツールでジオメトリを再作成する。 曲率を表示して、曲率の最小半径をチェックする。 フィレットを削除して置き換え、より滑らかなブレンドにする。 サーフェスを延長、トリム、編みあわせする。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
押し出し、回転、およびスイープ サーフェスを使用して、ジオメトリを作成します。 サーフェスをトリム、延長、編みあわせ、厚み付けすることで、薄厚のモデルを完成させます。 スケッチを押し出してサーフェスを作成する。 軸を中心にスケッチを回転してサーフェスを作成する。 スケッチまたは別のサーフェスをトリム ツールに使用して、サーフェスをトリムする。 パス方向に開いた輪郭をスイープしてサーフェスを作成する。 編みあわせサーフェスを使用して、複数のサーフェスを単一ボディに結合する。 サーフェス ボディを厚み付けしてソリッド ボディを作成する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
サーフェス ツールを使用して、サーフェスが交わる部分に複合ブレンドを作成します。 このモジュールで使用するツールには、トリム サーフェス、ロフト サーフェス、フィル サーフェスが含まれます。 スケッチをトリム エンティティに使用してサーフェスをトリムする。 ロフト サーフェスを使用してサーフェス間にブレンドを作成する。 フィル サーフェス ツールを使用してサーフェスに完全に囲まれた領域を充填する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品の全体形状とサイズを制御するパラメーターを更新します。 個々の寸法を手作業で編集し、変数の値をグローバルに変更する。 モデルを再構築して、すべてのフィーチャーが正しく更新されたことを確認する。
Lesson
5 月 前
ENG
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
部品のエッジが近すぎてフィレットを正しく作成できないときは、別のソリッド ボディを利用すると解決できる場合があります。 フィーチャーを別々のソリッド ボディに分ける。 それぞれのボディにフィレットを適用する。 結合コマンドを使用して再びボディを結合する。 部品に追加のフィレットを適用してモデルを完成させる。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
ロフト(Loft)では、複数の輪郭を結合してフィーチャーを作成します。ロフト フィーチャーはベース、ボス、カット、もしくはサーフェスです。 拘束と接続パラメーターを指定することで、任意の結果が得られます。 2 つの輪郭の間に基本的なロフト フィーチャーを作成する。 中心線カーブ、終了拘束、接続点を使用して形状を整える。 ロフトの輪郭と接続点を正しく選択する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
最小のスケッチ ジオメトリを使用して、薄厚の部品を補強するリブ フィーチャーを作成します。 リブ フィーチャーを作成する各種オプションを理解する。 単純/複雑なスケッチを使用してリブ フィーチャーを作成する。
Lesson
6 月 前
ENG
シェル フィーチャーを使用して、ソリッド ボディを中空にします。 選択した面に異なる肉厚を適用する。 シェル操作で複数の除去する面を選択する。 シェル操作によりフィレット/ラウンド エッジにどのように影響するかを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
キャスト/モールド部品に抜き勾配を追加します。 作成できる各種の抜き勾配フィーチャーを理解する。 ドラフト解析を行って、抜き勾配を追加する必要のある面を判別する。
Lesson
6 月 前
ENG
フィレットまたは面取りを使用して、それぞれラウンドまたはベベル エッジを作成します。 モデリング手法を向上させる一般的なフィレット ルールを理解する。 固定半径フィレットを作成して、いくつかのオプションを理解する。 面取りフィーチャーを作成して、いくつかのオプションを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。 スケッチ拘束を使用して、部品の別のスケッチを基準にスケッチパスを作成する。 スイープ フィーチャーの基本オプションを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
軸まわりにスケッチの輪郭を回転して、材料を追加または除去します。 回転したフィーチャーを作るのに適したエンティティ、関係および寸法を含むスケッチを作成する。 回転フィーチャーのオプションを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
スケッチ駆動パターン、テーブル駆動パターン、カーブ駆動パターン、フィル パターンを作成します。 これらのパターンでは、非線形または非円形の方向にフィーチャーのパターンを作成できます。 スケッチ点を使用してスケッチ駆動パターンを定義する。 テーブル駆動パターンの座標を指定する。 エンティティを変換してカーブ駆動パターンのスケッチを作成する。 フィルパターンを使用して境界内にフィーチャーを分散させる。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
スケッチに関する問題(異質なジオメトリ、宛先が不明な寸法や関係など)を診断して修復します。 部品の問題を診断する。 スケッチ ジオメトリの問題を修復する。 宛先が不明な関係や寸法を修復する。 エラー内容(What's Wrong)ダイアログを使用する。 スケッチで使用する平面を編集する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
ロールバックを使用して部品を調べ、どのように作成されたかを確認します。 フィーチャーの順序を変えて、フィーチャー、スケッチ、スケッチ平面を編集します。 既存の部品でロール フォワードする。 FeatureManager デザイン ツリーのフィーチャーの順序を変える。 親子関係を理解する。 スケッチとフィーチャーを編集する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
フィレットと面取りを作成して、スケッチのジオメトリを修正します。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りのサイズとオプションを設定する。 スケッチにフィレットと面取りを作成する。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りの作成オプションを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN