Structure System is an advanced weldment environment that lets you create and modify structural members of different profiles in a single feature. Add primary members using sketches, points, edges, reference planes, and surfaces. Add secondary members using primary members and reference planes.
Lesson
2 月 前
ENG
構造レイアウトの端部にエンド キャップを追加して開口部を閉じます。 溶接部品ファイルにエンド キャップを作成する。 エンド キャップのオフセット値と形状を設定する。
Lesson
6 月 前
ENG
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
6 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
6 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
新しい外観の作成、調整、追加を、ゼロから、あるいは Visualize Cloud Library から取り出して簡単に行う方法を学習しましょう。 既存の外観を速く簡単に変更する。 新しい外観を作成して適用する。 Visualize Cloud Library を探索して、プロレベルのアセットをプロジェクトに追加する。 外観の適用をスピードアップする、Shift キーを押しながらのショートカットクリックを学習する。
Lesson
6 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
板金ボディの平らな箇所にスケッチした直線を使用して、板金部品を折り曲げます。 別々のスケッチを使用して、2 つの箇所で板金部品を折り曲げる。 ベンド ラインをスケッチする。
Lesson
6 月 前
ENG
線形/非線形のエッジの組み合わせに沿ってエッジ フランジを作成します。 カーブ エッジ沿いにエッジ フランジを作成する。 シャープ エッジを避けるために、ジオメトリ相互を基準にフランジ位置を選択する必要があることを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
このモジュールでは、要素のサイズによる応力、ひずみや変位への影響を確認して、メッシュ収束の概念を学びます。 グローバル要素サイズの変更が結果にどのように影響するかを学ぶ。 指定の位置にメッシュ コントロールを適用する方法を学ぶ。 シャープ コーナーが応力の集中を生むようすを確認する。
Lesson
6 月 前
ENG
薄厚構造のモデルにシェルを使用する方法を学びます。 シェル マネージャーを使用して、薄厚構造にシェルを作成する。 処理の負荷を軽減するため、対称拘束を適用する。
Lesson
6 月 前
ENG
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
6 月 前
ENG
境界サーフェスを使用して、他のサーフェス間のギャップを埋めます。 境界サーフェス、ロフト、フィル サーフェスの類似点を理解する。 サーフェス モデルの不要なジオメトリを削除して、境界サーフェスでギャップを埋める。
Lesson
6 月 前
ENG
自由形状フィーチャーを使用して、面の外向き/内向きの形状を調整することでオーガニック フィーチャーを作成します。 制御カーブと制御点を使用して面を修正し、曲線的なデザインを作ります。 自由形状フィーチャーを使用して、オーガニック形状を作成する。 制御カーブと制御点を作成する。 制御カーブ、制御点、トライアドを使用して、面を変形する。 フリー フォームのグリッドが変形対象の面形状に従うようにスケッチを編集する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
いくつかの直接編集方法で、サーフェス ツールを使用してインポートしたジオメトリを操作します。 面削除ツール、穴の削除コマンド、サーフェスのトリムを戻すツールについて学ぶ。 面削除ツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを削除する。 穴の削除とサーフェスのトリムを戻すツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを作成する。 厚み付けコマンドを使用して、サーフェス ボディをソリッド ボディに変換する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリの問題を特定して診断します。 その上で、サーフェス ツールを使用して、損傷したジオメトリを修復します。 再構築の検証、インポート診断、チェック エンティティを使用して、モデルの問題を診断する。 インポート診断ツールを使用して不正面を修復する。 不正面を削除して、各種サーフェス ツールでジオメトリを再作成する。 曲率を表示して、曲率の最小半径をチェックする。 フィレットを削除して置き換え、より滑らかなブレンドにする。 サーフェスを延長、トリム、編みあわせする。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
押し出し、回転、およびスイープ サーフェスを使用して、ジオメトリを作成します。 サーフェスをトリム、延長、編みあわせ、厚み付けすることで、薄厚のモデルを完成させます。 スケッチを押し出してサーフェスを作成する。 軸を中心にスケッチを回転してサーフェスを作成する。 スケッチまたは別のサーフェスをトリム ツールに使用して、サーフェスをトリムする。 パス方向に開いた輪郭をスイープしてサーフェスを作成する。 編みあわせサーフェスを使用して、複数のサーフェスを単一ボディに結合する。 サーフェス ボディを厚み付けしてソリッド ボディを作成する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
サーフェス ツールを使用して、サーフェスが交わる部分に複合ブレンドを作成します。 このモジュールで使用するツールには、トリム サーフェス、ロフト サーフェス、フィル サーフェスが含まれます。 スケッチをトリム エンティティに使用してサーフェスをトリムする。 ロフト サーフェスを使用してサーフェス間にブレンドを作成する。 フィル サーフェス ツールを使用してサーフェスに完全に囲まれた領域を充填する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
Examine the motion of a catapult as it is loaded and throws a projectile. Add solid bodies contact, add a spring and apply friction. Determine torque required to rotate the crank and load the catapult. Determine the displacement of the loading spring. Study the effect of contact friction on the motion of the projectile.
Lesson
6 月 前
ENG
SOLIDWORKS Motion is a virtual prototyping tool for engineers and designers interested in understanding the performance of their assemblies. Perform a basic motion analysis using SOLIDWORKS Motion. Simulate the weight of a vehicle on the jack. Determine toque and power required to lift it.
Lesson
6 月 前
ENG