スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチの輪郭を定義する。 押し出しフィーチャーのオプションを理解する。 押し出しボスで材料を追加し、押し出しカットで材料を除去する。
Lesson
9 月 前
SOLIDWORKS Visualize へのインポート プロセスを理解することは、作業を効率化するために不可欠です。このプロセスは、インポートの設定と、元の CAD ファイルの構成の両方から制御できます。 Visualize プロジェクトをさまざまなワークフロー用にセットアップするためによく使われる 2 つのインポート設定を学習します。1 つは、モデルを速く簡単に使用するための設定で、もう 1 つは、モデルのグループ化によりライブ アップデートと柔軟性向上を実現するための設定です。 CAD ファイルを必要な Visualize のエクスペリエンスに合わせて最適に準備する方法を学習する。 適切なインポート設定を選択することで効率よく Visualize にモデルをインポートする方法を理解する。 CAD Live-Update を利用してシームレスな設計プロセスを実現する。
Lesson
10 月 前
SOLIDWORKS 認定試験を受けるのに利用できるテスト ソフトウェアをインストールして使用します。 Tester Pro Client ソフトウェアをダウンロードする。 ユーザー インターフェースと受験の重要なポイントを確認する。
Lesson
10 月 前
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
10 月 前
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
11 月 前
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
11 月 前
新しい外観の作成、調整、追加を、ゼロから、あるいは Visualize Cloud Library から取り出して簡単に行う方法を学習しましょう。 既存の外観を速く簡単に変更する。 新しい外観を作成して適用する。 Visualize Cloud Library を探索して、プロレベルのアセットをプロジェクトに追加する。 外観の適用をスピードアップする、Shift キーを押しながらのショートカットクリックを学習する。
Lesson
11 月 前
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
11 月 前
SOLIDWORKS Simulation 製品について、すべてのモジュールを学習します。 SOLIDWORKS Flow を使用して熱伝導と流体フローを解析する。 Sustainability を使用して設計の環境に与える影響を軽減する。 SOLIDWORKS Simulation を使用した応力/ひずみ解析を学ぶ。 SOLIDWORKS Motion を使用してリジッド ボディ ダイナミクスを解析する。 SOLIDWORKS Plastics を使用したプラスチック射出パーツのフィル パターンを見る。
Lesson
11 月 前
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
11 月 前
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
11 月 前
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
11 月 前
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
11 月 前
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
11 月 前
このモジュールでは、要素のサイズによる応力、ひずみや変位への影響を確認して、メッシュ収束の概念を学びます。 グローバル要素サイズの変更が結果にどのように影響するかを学ぶ。 指定の位置にメッシュ コントロールを適用する方法を学ぶ。 シャープ コーナーが応力の集中を生むようすを確認する。
Lesson
11 月 前
設計を最適化し、モデル寸法を変更してモデル重量を減らす方法を学びます。 パラメーターと拘束を適用して、目標に合わせて設計を最適化する。 シミュレーションでのデザイン スタディの使用方法を学ぶ。
Lesson
11 月 前
薄厚構造のモデルにシェルを使用する方法を学びます。 シェル マネージャーを使用して、薄厚構造にシェルを作成する。 処理の負荷を軽減するため、対称拘束を適用する。
Lesson
11 月 前
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
11 月 前
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
11 月 前
FloXpress で計算流体力学(CFD)を用いたファースト パス流体フロー解析を実行します。 FloXpress を使用するときの前提条件を理解する。 FloXpress のインターフェースを確認する。 ウォーク スルー
Lesson
11 月 前
CSWA 試験のアセンブリ モデリングのパートを確認します。 構成部品の挿入や合致の追加によりアセンブリを作成する方法をサンプルの CSWA 試験で復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
11 月 前
CSWA 試験の部品モデリングのパートを確認します。 サンプルの CSWA 試験で部品のモデリングに使用した方法を復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
11 月 前
アニメーションは、アセンブリがどのように組み立てられ、分解されるかを視覚的に表現したもので、部品が追加される順序を示します。アニメーションは非常に優れた分解図の補完機能です。構成部品がいかにして組み立てられるかをメーカーや組立作業者が正確に理解するのに役立ちます。アニメーションは優れたマーケティング ツールとしても役立ちます。デザインの複雑さや最終製品の洗練度を示すことができます。 このレッスンでは、アニメーションを SOLIDWORKS Composer で作成するために、追加構成部品をこのアセンブリで展開します。
Lesson
11 月 前
SOLIDWORKS Composer ファイルを Word ドキュメントや PDF に組み込むことができるため、メーカーや組立作業者と情報を共有する際の柔軟性が高まります。ユーザーが SOLIDWORKS Composer をマシンにダウンロードしていない場合でも、SMG ファイルを Word ドキュメントや PDF に組み込むことで Composer ファイルを使用した効率的なコミュニケーションが可能になります。 このレッスンでは、SOLIDWORKS Composer ファイルを Word ドキュメントや PDF にリンクする方法、および異なるコンフィギュレーションを同じドキュメントにロードする方法を説明します。
Lesson
11 月 前