トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
SOLIDWORKS ユーザーとプラットフォーム管理者向けの追加リソースを確認します。 プラットフォームのヘルプ トピックにアクセスします。 SOLIDWORKS 固有のコミュニティにアクセスします。 SOLIDWORKS コミュニティ Wiki で提供されるリソースを確認します。
Lesson
1 月 前
リビジョンとライフサイクル制御のプラットフォーム設定を確認して構成します。 リビジョンの命名ルールを理解します。 リビジョン スキーム構成の設定を確認します。 ライフサイクルおよびコラボレーション コマンドのアクセス ルールを確認します。 デフォルトのリビジョン スキームで SOLIDWORKS のライフサイクル シナリオを確認します。
Lesson
1 月 前
コンテンツのアクセス ルールと完成度のプラットフォーム設定を確認して構成します。 SOLIDWORKS コンテンツのライフサイクルを理解します。 設定を確認して、コンテンツへのアクセスを構成します。 完成度グラフに遷移を追加します。 遷移に制御ルールを追加します。
Lesson
1 月 前
SOLIDWORKS プラットフォーム コンテンツの保存時の命名と番号付けに使用されるプラットフォーム オプションと設定を構成します。 プラットフォームの自動命名設定を有効にし、SOLIDWORKS の特定の保存オプションとの相互作用を理解します。 SOLIDWORKS コンテンツの命名に使用されるプラットフォームのコンテンツ命名ルールを構成します。 エンタープライズ項目番号について理解し、構成します。 SOLIDWORKS のエンタープライズ項目番号を設定します。 SOLIDWORKS プロパティの「エンジニアリング部品番号」を SOLIDWORKS 図面のタイトルブロックにマッピングします。
Lesson
1 月 前
SOLIDWORKS 固有のプラットフォーム構成オプションと設定を構成します。 SOLIDWORKS の保存オプションを確認します。 SOLIDWORKS の開くオプションを理解します。
Lesson
1 月 前
プラットフォーム属性を作成し、プラットフォーム コンテンツに SOLIDWORKS プロパティをマッピングします。 SOLIDWORKS ファイルから生成したプラットフォーム コンテンツ タイプを確認します。 プラットフォーム コンテンツに属性を追加して展開します。 SOLIDWORKS のプロパティをコンテンツ属性にマッピングします。 属性マッピングを検証します。
Lesson
1 月 前
プラットフォーム管理者ツールを使用して、SOLIDWORKS ユーザーの設計環境を作成および構成します。 管理者ダッシュボードとプラットフォーム管理者ロールについて確認します。 カスタム管理者ダッシュボードに追加します。 ユーザー グループを作成します。 3DSwym コミュニティを作成してメンバーを追加します。 コラボレーション スペースを作成してメンバーを追加します。 ダッシュボードを作成して共有します。
Lesson
1 月 前
部品、アセンブリー、図面のさまざまなタイプのビュー操作について、概要を説明します。 さまざまなタイプのビューの詳細を説明します。 メニュー、キーボード、マウス、参照トライアドによるビューの操作方法を理解します。
Lesson
1 月 前
SOLIDWORKS Visualize には、静止画像に関する機能だけでなく、アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして、部品、モデル、カメラ、外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
1 月 前
SOLIDWORKS Visualize Professional に含まれる統合型のレンダー キューは、後で完了するようにレーダー ジョブを「積み重ねる」ことができるため、直ちに生産性を高めます。 レンダー キューを使用すると、日中は生産的な活動を行い、夜間にレンダーを完了させることができます。 統合型のレンダー キューに簡単にジョブを送信する方法を学ぶ。 レンダー キューのシンプルなインターフェースを確認する。 レンダー ジョブをローカル マシンに送信する場合と、専用の Visualize Boost マシン(ネットワーク レンダリング)に送信する場合の相違点を理解する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
2 月 前
FloXpress を使用した CFD 解析の結果を出力して解釈します。 モデルの異なるコンフィギュレーションに同じセットアップを使用する。 モデルの閉じたボリューム内の流体動作を示すフロー パスの解釈。
Lesson
2 月 前
Setup, run and postprocess a harmonic simulation. Understand and practice the frequency domain excitation definition. Practice postprocessing results from the harmonic study. Setup, run and postprocess a harmonic study Use the mass participation factor to select a sufficient number of natural frequencies Optimize the finite element mesh for dynamic simulation Define the harmonic load in the frequency domain Postprocess results from the harmonic study
Lesson
2 月 前
Setup, run and postprocess a dynamic simulation with the base motion shock excitation. Understand the optimum mesh design, and get more familiar with the estimation of the minimum number of natural frequencies. Understand the basics of damping. Setup, run and postprocess a transient study Define base excitation shock load Use the mass participation factor to select a sufficient number of natural frequencies Optimize the finite element mesh for dynamic simulation Define structural damping Calculate the maximum time step Use remote mass to simplify the model
Lesson
2 月 前
Setup initial dynamic simulation, solve and postprocess the results. Understand the importance of natural frequencies in dynamic simulations. Compare the dynamic and static results. Setup, run and postprocess a basic transient study Calculate a sufficient number of natural frequencies Use the mass participation factor to estimate a sufficient number of natural frequencies Run dynamic simulation for slow and fast forces, and compare their results
Lesson
2 月 前
Review the basic functionality of the SOLIDWORKS Dynamics module. Show activation of SOLIDWORKS Simulation Add-In. Review the available modules for specific dynamic load times.
Lesson
2 月 前
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
2 月 前
キャスト/モールド部品に抜き勾配を追加します。 作成できる各種の抜き勾配フィーチャーを理解する。 ドラフト解析を行って、抜き勾配を追加する必要のある面を判別する。
Lesson
2 月 前
部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して、部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
2 月 前
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
2 月 前
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
2 月 前
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
2 月 前
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
2 月 前
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
2 月 前