Define default tolerance values to ensure manufactured product falls within specification as drawings often don't have explicit tolerance values associated with them: Manually edit tolerance value. Set default tolerances.
Lesson
4 年 前
Use the New Avoid Area command on an operation to designate an area not to be machined. Create avoid areas on a face mill operation using the 2D sketches in the part. Examine the avoid areas by expanding the face mill operation.
Lesson
4 年 前
Create operation plans to define the tools and operations for machining the parts features. Generate operation plans for all machinable features. Review the operations in the CAM Operation Tree. Examine an individual operation strategy, tool selection and operation information. Review and resolve operation warnings.
Lesson
4 年 前
Create operation plans to define the tools and operations for machining the parts features. Generate operation plans for all machinable features. Review the operations in the CAM Operation Tree. Examine an individual operation strategy, tool selection and operation information. Review and resolve operation warnings.
Lesson
4 年 前
Run a toolpath simulation to examine material removal. Run a toolpath simulation. Control the toolpath simulation. Utilize display options.
Lesson
4 年 前
Reorder operations manually to optimize the machining workflow. Perform manual operation reordering via drag and drop. Reorder multiple features using multiselect.
Lesson
4 年 前
Use the Sort Operations command to automatically reorder operations. Examine sort operations process options. Set sort by order for operation type.
Lesson
4 年 前
Use the Edit Definition command to modify roughing operations. Change pocketing pattern. Set side parameters. Set depth parameters.
Lesson
4 年 前
Duplicate dimensions are often grouped together on a drawing but might need to be inspected separately: Extract and identify the quantity. Change the quantity. List characteristics separately.
Lesson
4 年 前
It is important, when creating an inspection report, that the items are ballooned in the correct order. Also numbering schemes can help quickly identify characteristics: Change the order of the characteristics. Define balloon sequences. Manually change a balloon number.
Lesson
4 年 前
Use the Edit Definition command to optimize a roughing operation to increase toolpath efficiency and reduce machine cycle time. Modify the optimization of a rough mill operation. Set optimization method to shortest path. Set start point options. Simulate the toolpath to examine results.
Lesson
3 年 前
SustainabilityXpress は、モデルの二酸化炭素排出量、ライフサイクルにおける消費エネルギー、酸性大気汚染、水体の富栄養化を計算するツールです。 使用材料、製造プロセス、製造地域、使用地域、エンド オブ ライフなどの情報を分析して計算を行います。 異なる材料や製造プロセスが設計の環境に与える影響にどう作用するかを学ぶ。 製品の使用情報を指定して、輸送やエンド オブ ライフにかかる額を求める。 環境影響グラフに表示される情報を理解する。 環境影響のベースラインを設定して変更を比較する方法を学ぶ。 Sustainability の出力レポートを作成する。
Lesson
3 年 前
既存のルーティング アセンブリ テンプレートを使用して、ユーザー定義のルーティング アセンブリ テンプレートを作成、編集して保存します。 ユーザー定義のルーティング アセンブリ テンプレートを作成して保存する。 異なるドラフト標準、単位、その他ドキュメント プロパティをデフォルトに指定して、ユーザー定義テンプレートで新規ルートを作成するときに使用できるようにする。
Lesson
3 年 前
既存のルートに径違いの T 字継手を追加し、キーボード ショートカットとトライアドを使用して向きを決めます。 自動ルート ツールを使用して、追加フィーチャーから作成したパイプを接続します。 既存のルートにインライン管継手を追加する。 キーボード ショートカットとトライアドを使用して、インライン管継手の向きを決めて配置する。
Lesson
3 年 前
ライブラリから直交するチューブと標準の管継手を使用して、既存の構成部品を接続します。 自動ルート機能を使用して、ルートを自動作成します。 標準の管継手をアセンブリに追加する。 フィーチャー間に直交するルートを作成する。
Lesson
3 年 前
Use the Post Process command to generate NC code from the parts toolpath and operation information. Select the post processor within the machine dialog. Run the Post Process command and set a file name and location for saving. Generate the NC code and select the option to Open G-Code in the SOLIDWORKS CAM NC Editor. Review the NC code within the SOLIDWORKS CAM NC Editor.
Lesson
2 年 前
ブロックによりスケッチ エンティティと寸法をグループにして、スケッチ内で一緒に移動できます。 レイアウト スケッチと一緒に、アセンブリ スケッチからフルアセンブリに直接移ることができます。 ブロックの作成、編集と保存 ブロックを使用してアセンブリのレイアウト スケッチを作成する。 既存のブロックをもとにアセンブリ構成部品を作成する。
Lesson
2 年 前
Use the edit definition command to modify contouring (finish) operations. Review contour operation parameters. Review side parameters settings. Review feeds and speeds tab.
Lesson
2 年 前
Use the Edit Definition command to modify contouring operation leadin and leadout parameters. Modify leadin type. Modify leadin amount and overlap. Modify arc radius and arc angle.
Lesson
2 年 前
Use Interactive Feature Regognition (IFR) to manually create a machinable feature. Create a corner slot feature using the 2.5 axis feature command. Review geometry selection options to define the feature. Set the feature end condition. Modify the machining strategy for the feature.
Lesson
2 年 前
Use the Combine Operations and Link Operation commands to combine like operation types. Combine operations for all like rough and contour mill operations. Drag and drop a hole feature from one center drill operation to a like center drill operation. Link like contour mill operations between two different setups.
Lesson
2 年 前
Use the New Contain Area command on an operation to restrict toolpaths to a specific area. Copy the face mill operation containing the avoid areas and delete the avoid areas from the copy. Create contain areas on the copied face mill operation using the 2D sketches in the part. Generate a toolpath for the copied face mill operation. Examine the contain areas of the face mill operation.
Lesson
2 年 前
Routing Library Manager を使用して、ユーザー定義のルート仕様テンプレートを作成、使用します。 配管セグメントのサイズとスケジュールを指定する。 配管と管材データベースからパイプとエルボを選択する。 ルート仕様テンプレートを使用してルート構成部品を挿入する。
Lesson
2 年 前
パイプのジオメトリを(中心線または外側のサーフェス)を基準に配管ルートを編集します。 カバーもパイプに追加できます。 既存のサーフェスを基準にルートを作成する。 パイプにカバーを追加する。 パイプ(中心線または外側のサーフェス)を基準に寸法の割り当て位置を変更する。
Lesson
2 年 前