トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
このモジュールでは、要素のサイズによる応力、ひずみや変位への影響を確認して、メッシュ収束の概念を学びます。 グローバル要素サイズの変更が結果にどのように影響するかを学ぶ。 指定の位置にメッシュ コントロールを適用する方法を学ぶ。 シャープ コーナーが応力の集中を生むようすを確認する。
Lesson
11 月 前
Examine the motion of a catapult as it is loaded and throws a projectile. Add solid bodies contact, add a spring and apply friction. Determine torque required to rotate the crank and load the catapult. Determine the displacement of the loading spring. Study the effect of contact friction on the motion of the projectile.
Lesson
5 月 前
SOLIDWORKS Visualize のプロになるために、インターフェースとよく使う機能をマスターしましょう。 インターフェ-スの 4 つの主要セクションを理解して、写真画質のレイトレーシングを最大限に活用する方法を学習します。 インターフェ-スの 4 つの主要なセクションを理解する。 Visualize 内のレイトレーシング モードを理解する。 カメラ操作のホットキーを使いこなす。 統合型の Visualize Cloud Library の使用法を学習する。
Lesson
1 年 前
テクスチャ マップは、外観をさらにリアルにする優れたツールです。 このレッスンでは、「テクスチャ マップは難しい」という誤解を解き、テクスチャ マップを正確に制御する方法を示し、誰もがテクスチャのマスターになれるようにします。 色、アルファ、反射、バンプという、Visualize で使用できる 4 種類のテクスチャ マッピングを使いこなす。 テクスチャ マップを追加する。複数のテクスチャ マッピング モードを使用してテクスチャ マップを操作する方法を学習する。 無料で使用できるプロ仕様の、事前にテクスチャが適用されている外観を、インターフェースと統合されている Visualize Cloud Library からダウンロードして、独自の Visualize プロジェクトに追加する。
Lesson
1 年 前
このモジュールでは、アノテート アイテム ビューを使用して製品製造情報(PMI)を構成する方法を説明します。 動的なアノテート アイテム ビュー ツールで PMI を表示する。 直交するアノテート アイテム ビューを挿入して、選択による(By Selection)オプションでユーザー定義のアノテート アイテム ビューを追加する。 PMI を異なるアノテート アイテム ビューに割り当て直し、表示を構成する。 ビューポートを使用して、複数の視点から同時にモデルを表示する。
Lesson
1 年 前
SOLIDWORKS Visualize で使用できるプロフェッショナルなイメージおよびビデオ出力オプションで、写真画質のコンテンツを簡単に作成しましょう。 それぞれの出力設定を簡単に調整して必要な写真画質を達成する方法を理解する。 写真画質のコンテンツを作成するためのさまざまな出力オプションのタイプを学習する。 望ましい写真画質にするにはどのオプションを使用するかを理解する。 よく使用するレンダー設定をレンダー プロファイルとして保存する。
Lesson
1 年 前
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
11 月 前
3D Sculptor は、3D モデリング用の xShape アプリケーションを含む 3DEXPERIENCE Platform のロールです。直感的なプッシュ/プル操作を使用して複雑なサーフェスを作成できます。画像やスケッチをテンプレートとして使用して3D サーフェスのモデリングを作成できます。終了時にサブディビジョン サーフェスはジオメトリに自動的に変換されます。
Learning Path
10 月 前
Review the basic functionality of the SOLIDWORKS Nonlinear module. Show activation of SOLIDWORKS Simulation Add-In. Learn three basic nonlinear phenomena in engineering calculations. Review of control methods available in the module. Review of basic material models available in the module.
Lesson
11 月 前
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
1 年 前
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
11 月 前
このモジュールでは、3D PDF と eDrawings ファイルを作成して使用する方法を説明します。 ユーザー定義プロパティとテキスト フィールドの追加。 3D PDF に部品を作成。 3D PDF と eDrawings にアセンブリを作成。 3D PDF の作成前に DimXpert アノテート アイテムのサイズを変更。 3D PDF と eDrawings を調べる。
Lesson
1 年 前
Find out who DraftSight is for, what it can do to help you and your organization, and which DraftSight product will best meet your requirements. Who DraftSight is for. Why you should choose DraftSight. Which product best suits your needs.
Lesson
2 月 前
アセンブリにおける DimXpert を学習して、外形サイズと取り付けインターフェースの寸法と公差をアセンブリ環境で定義しましょう。 部品の中の既存の DimXpert 機能はすべてアセンブリでサポートされます。 自動寸法スキームを使用して、取り付け穴の間隔を定義する。 場所とサイズ寸法ツールを使用して、穴のサイズと、アセンブリ フィーチャーの寸法および公差を定義する。 手動の基本寸法を適用する。 面の代わりにエッジを選択して、定義を簡単にする。 2D の図面やスケッチのように、マウスを動かすごとに寸法を入れる。 フラグ ノートを自動的に更新する。 フィーチャー制御フレームを基準にして座標系を表示する。
Lesson
1 年 前
認定試験を受験するために SOLIDWORKS Certification Center にアクセスしてナビゲートする方法について学習します。 認定試験を利用して、SOLIDWORKS ソフトウェアの知識と能力を評価します。 SOLIDWORKS 認定試験を受けるのに利用できるテスト ソフトウェアをインストールして使用します。 SOLIDWORKS 認定センターにアクセスして、完了した認定、試験結果などを表示します。 割引やクーポンを引きかえて認定試験を受験できます。
Learning Path
3 年 前
アセンブリ構造の固有振動を解析するときの接触の使用方法を学びます。 アセンブリ構造の固有振動の形とモードを解析する。 各種の接触条件をテストして、構造の強度を解析する。
Lesson
1 年 前
このモジュールでは、3D でモデルの定義に使用する DimXpert ツールを紹介します。DimXpertManager によるアノテート アイテムの構成を説明しています。 自動寸法スキーム ツールを使用してモデルにアノテート アイテムを簡単に作成する方法も説明しています。 DimXpertManager の説明。 自動寸法スキーム ツールの使用。 各種アノテート タイプ(データム、幾何公差、サイズ寸法、 位置寸法、パターン フィーチャー ツール)の使用方法。 パターン フィーチャー ツールを使用して、コレクション パターンを作成する。
Lesson
1 年 前
Get familiar with the 3DEXPERIENCE platform environment, objects, objects and project organization for SIMULIAworks projects. Create basic design changes. Use PLM Services Connector to transfer SOLIDWORKS files with multiple assembly configurations to 3DEXPERIENCE platform. Organize 3DEXPERIENCE platform objects in folder-like structure with the help of bookmarks. Transfer design changes made in SOLIDWORKS into SIMULIAworks case studies.
Lesson
1 年 前
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
10 月 前
このモジュールでは、DimXpert の高度な手法を扱います。 複数のコンフィギュレーションを使用して、製品製造情報(PMI)を構成する方法を取り上げます。 交差ジオメトリを理解する。 自動寸法スキームを使用した極寸法の作成。 複数のコンフィギュレーションを作成して PMI を構成する。 コピー スキーム ツールを使用して、コンフィギュレーション間で PMI を転送する。 DimXpert アノテート アイテムを 2D 図面にインポートする。
Lesson
1 年 前
Digger ツールは、SOLIDWORKS Composer の特許技術です。内部構成部品やメカニズムを確認するために、部品を拡大表示したり、部分拡大図を作成したり、アクターをフェードアウトしたりできます。Digger ツールを使用すると、アセンブリの内部構成部品の部分拡大図を簡単に作成できます。アセンブリ内のアクターを手動で非表示にする必要がありません。さらに、このツールは部品やアセンブリの特定の部分を拡大表示できるため、アクターとアセンブリについてより理解できるようになります。 このレッスンでは、Digger ツールを使用して、アセンブリの外部領域と一部の内部領域の両方の部分拡大図を複数作成する方法を説明します。
Lesson
1 年 前
プラットフォームのさまざまなアプリケーションを使用してコラボレーションし、意思決定と運営を改善するための単一ソースとして、真のコラボレーション環境を導入する方法について学習しましょう。
Learning Path
5 月 前
Review the administrator roles and apps used to create a design environment for SOLIDWORKS users. Review the administrator dashboards and platform manager role. Add to a custom administrator dashboard. Create a User Group. Create a 3DSwym community and add members. Create and share a dashboard. Create a collaborative space and add members.
Lesson
1 月 前
Learn different ways to manage drawings in DraftSight. How to create a new drawing Create a custom template Export a drawing to a PDF Save and reserve a drawing in the 3DEXPERIENCE
Lesson
2 月 前