スケッチに関する問題(異質なジオメトリ、宛先が不明な寸法や関係など)を診断して修復します。 部品の問題を診断する。 スケッチ ジオメトリの問題を修復する。 宛先が不明な関係や寸法を修復する。 エラー内容(What's Wrong)ダイアログを使用する。 スケッチで使用する平面を編集する。
Lesson
3 月 前
キャビコア分割(Tooling Split)コマンドを使用して、パーティング サーフェスの境界周囲にインターロック サーフェスを作成して、モールド ツーリングを作成します。 モールド ボディを保存して、モールド アセンブリを作成する。 部品ファイルからモールドのアセンブリ ファイルを作成する。 モールドのアセンブリ分解図を作成する。 キャビコア分割コマンドを使用して、モールドにインターロック サーフェスを作成する。
Lesson
3 月 前
アセンブリのコンテキストで定義されたスイープ フィーチャーを使用してスプリングを作成します。 それから、MotionManager でリニア モーターを追加して、スプリングをアニメーション表示します。 アニメーションを作成します。 コンテキスト内のスイープを使用したスプリングのモデル。 リニア モーターを追加してスプリングを伸び縮み。 アニメーションへのリビルド エラーの影響を理解する。 データをダウンロードする場合は、言語を英語(English)に変更してダウンロードしてください。
Lesson
3 月 前
Project Planner を使用して、プロジェクトを計画し、実行に移し、リアルタイムでプロジェクトの状況をモニタリングします。 タスク、依存関係、マイルストーンを使用して、新しいプロジェクトの計画を作成します。 過去のプロジェクト計画をインポートします。 既存のプロジェクトからマスター プロジェクト計画を作成します。 ダッシュボードでプロジェクトの状況をモニタリングします。
Lesson
6 月 前
3D Markup アプリケーションを使用して、要求されている設計変更を確認し、Collaborative Designer for SOLIDWORKS を使用して、設計ファイルにアクセスし、設計ファイルを変更、保存し、設計ファイルの完成度を変更します。Compare アプリケーションでリビジョンの違いの確認、Change Action アプリケーションで設計ファイルの変更の確認と承認、Issue Management アプリケーションで問題のクローズを行います。 要求されている設計変更を確認します。 SOLIDWORKS 設計ファイルを変更します。 変更アクションを承認中に設定します。 変更アクションの確認と承認を行います。 問題を確認し、クローズします。
Lesson
6 月 前
3DSwym アプリケーションを使用して、製品に関するフィードバックを確認し、Issue Management アプリケーションを使用して、製品に関する問題を作成し、割り当てます。3D Markup アプリケーションを使用して、求められている設計変更についてやり取りを行い、Change Action アプリケーションを使用して、設計変更の管理と追跡を行います。 ベンダーからのフィードバックを 3DSwym で確認します。 問題を作成し、管理します。 3D マークアップを作成します。 変更アクションを作成し、管理します。
Lesson
6 月 前
xStudio アプリケーションを使用して、一時的なタスクで割り当てられたイメージを作成し、Collaborative Tasks アプリケーションを使用して、割り当てられたタスクの確認、開始、完了を行い、Bookmark Editor アプリケーションを使用して、SOLIDWORKS の設計ファイルをリリースします。 一時的なタスクを確認し、求められているイメージを xStudio で作成します。 プロジェクトの設計レビュー タスクを完了させ、設計リリース タスクを開始します。 ブックマークを使用して SOLIDWORKS の設計ファイルを整理し、リリースします。 プロジェクトの設計リリース タスクを完了させます。
Lesson
6 月 前
Collaborative Designer for SOLIDWORKS を使用すると、SOLIDWORKS を 3DEXPERIENCE Platform に接続できます。Collaborative Tasks アプリケーションを使用して、割り当てられたタスクの確認と完了を行います。 割り当てられたプロジェクトのタスクを確認し完了させます。 SOLIDWORKS を 3DEXPERIENCE Platform に接続します。 新しい設計を作成し、3DEXPERIENCE Platform に保存します。
Lesson
6 月 前
SOLIDWORKS Visualize へのインポート プロセスを理解することは、作業を効率化するために不可欠です。このプロセスは、インポートの設定と、元の CAD ファイルの構成の両方から制御できます。 Visualize プロジェクトをさまざまなワークフロー用にセットアップするためによく使われる 2 つのインポート設定を学習します。1 つは、モデルを速く簡単に使用するための設定で、もう 1 つは、モデルのグループ化によりライブ アップデートと柔軟性向上を実現するための設定です。 CAD ファイルを必要な Visualize のエクスペリエンスに合わせて最適に準備する方法を学習する。 適切なインポート設定を選択することで効率よく Visualize にモデルをインポートする方法を理解する。 CAD Live-Update を利用してシームレスな設計プロセスを実現する。
Lesson
10 月 前
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
10 月 前
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
10 月 前
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
10 月 前
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
10 月 前
新しい外観の作成、調整、追加を、ゼロから、あるいは Visualize Cloud Library から取り出して簡単に行う方法を学習しましょう。 既存の外観を速く簡単に変更する。 新しい外観を作成して適用する。 Visualize Cloud Library を探索して、プロレベルのアセットをプロジェクトに追加する。 外観の適用をスピードアップする、Shift キーを押しながらのショートカットクリックを学習する。
Lesson
10 月 前
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
10 月 前
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
10 月 前
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
10 月 前
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
10 月 前
基本的な整列断面図、オフセット断面図、部分断面図、半断面図を作成します。これには、スコープと拡張プロパティが含まれます。 図面に複数のタイプの断面図を追加する。 断面図のプロパティを定義する。 断面図を修正する。
Lesson
10 月 前
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
10 月 前
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
10 月 前
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
11 月 前
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
11 月 前
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
11 月 前