トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
個々の部品ファイルでなく、アセンブリ内にだけ存在するフィーチャーを挿入する。 穴ウィザードのアセンブリ フィーチャーを追加する。 アセンブリ フィーチャー カットを作成して、断面図として使用する。 フィーチャーのスコープを修正して、アセンブリ フィーチャーの影響を受ける部品を判別する。
Lesson
8 月 前
ENG
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
構成部品をミラーすることで、反対向きの同一の部品またはサブアセンブリを作成します。ミラーする構成部品とコピーするだけの構成部品(ミラーしないファスナー)を指定します。ミラーした構成部品のジオメトリが変わり、真のミラー バージョン(「反対側」バージョン)」ができます。 アセンブリの平面を中心に構成部品をミラーする。 アセンブリにミラー バージョンの部品を作成する。 部品の反対側バージョンを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリ モデルの操作で使用する図面ビュー コマンドを使用します。部分断面、代替位置ビュー、分解図などのコマンドがあります。 アセンブリ構成を表す図面ビューのプロパティを使用する。 部分断面図を作成して、アセンブリの内部構成部品を表示する。 既存のコンフィギュレーションや新しいコンフィギュレーションを使用して、代替位置ビューを作成する。 分解したアセンブリ図面ビューを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
大規模デザイン レビュー モードでは、パフォーマンスと表示機能が向上しますが、構成部品やサブアセンブリのディテールへのアクセスが制限されます。 大規模デザイン モードは、ビジュアル プレゼンテーション、粗い測定、断面図の表示に適しています。 大規模デザインレビュー モードでアセンブリを開きます。 大規模デザイン レビュー モードで使用できるツールと機能を確認する。 大規模デザイン レビュー モードの制約について学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ブロックによりスケッチ エンティティと寸法をグループにして、スケッチ内で一緒に移動できます。 レイアウト スケッチと一緒に、アセンブリ スケッチからフルアセンブリに直接移ることができます。 ブロックの作成、編集と保存 ブロックを使用してアセンブリのレイアウト スケッチを作成する。 既存のブロックをもとにアセンブリ構成部品を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
穴シリーズ フィーチャーにより、アセンブリの複数の構成部品に穴を追加します。 標準のアセンブリ フィーチャーと異なり、穴シリーズは個々の構成部品に部品レベルのフィーチャーを追加します。 アセンブリに穴シリーズ フィーチャーを作成する。 既存の穴フィーチャーから穴シリーズ フィーチャーを作成する。 穴シリーズ フィーチャーと標準的なアセンブリ フィーチャーの違いを理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN