アセンブリのコンテキストで定義されたスイープ フィーチャーを使用してスプリングを作成します。 それから、MotionManager でリニア モーターを追加して、スプリングをアニメーション表示します。 アニメーションを作成します。 コンテキスト内のスイープを使用したスプリングのモデル。 リニア モーターを追加してスプリングを伸び縮み。 アニメーションへのリビルド エラーの影響を理解する。 データをダウンロードする場合は、言語を英語(English)に変更してダウンロードしてください。
Lesson
7 日間 前
ENG
JPN
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
基本的な整列断面図、オフセット断面図、部分断面図、半断面図を作成します。これには、スコープと拡張プロパティが含まれます。 図面に複数のタイプの断面図を追加する。 断面図のプロパティを定義する。 断面図を修正する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
自由形状フィーチャーを使用して、面の外向き/内向きの形状を調整することでオーガニック フィーチャーを作成します。 制御カーブと制御点を使用して面を修正し、曲線的なデザインを作ります。 自由形状フィーチャーを使用して、オーガニック形状を作成する。 制御カーブと制御点を作成する。 制御カーブ、制御点、トライアドを使用して、面を変形する。 フリー フォームのグリッドが変形対象の面形状に従うようにスケッチを編集する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
いくつかの直接編集方法で、サーフェス ツールを使用してインポートしたジオメトリを操作します。 面削除ツール、穴の削除コマンド、サーフェスのトリムを戻すツールについて学ぶ。 面削除ツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを削除する。 穴の削除とサーフェスのトリムを戻すツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを作成する。 厚み付けコマンドを使用して、サーフェス ボディをソリッド ボディに変換する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリの問題を特定して診断します。 その上で、サーフェス ツールを使用して、損傷したジオメトリを修復します。 再構築の検証、インポート診断、チェック エンティティを使用して、モデルの問題を診断する。 インポート診断ツールを使用して不正面を修復する。 不正面を削除して、各種サーフェス ツールでジオメトリを再作成する。 曲率を表示して、曲率の最小半径をチェックする。 フィレットを削除して置き換え、より滑らかなブレンドにする。 サーフェスを延長、トリム、編みあわせする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
押し出し、回転、およびスイープ サーフェスを使用して、ジオメトリを作成します。 サーフェスをトリム、延長、編みあわせ、厚み付けすることで、薄厚のモデルを完成させます。 スケッチを押し出してサーフェスを作成する。 軸を中心にスケッチを回転してサーフェスを作成する。 スケッチまたは別のサーフェスをトリム ツールに使用して、サーフェスをトリムする。 パス方向に開いた輪郭をスイープしてサーフェスを作成する。 編みあわせサーフェスを使用して、複数のサーフェスを単一ボディに結合する。 サーフェス ボディを厚み付けしてソリッド ボディを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
サーフェス ツールを使用して、サーフェスが交わる部分に複合ブレンドを作成します。 このモジュールで使用するツールには、トリム サーフェス、ロフト サーフェス、フィル サーフェスが含まれます。 スケッチをトリム エンティティに使用してサーフェスをトリムする。 ロフト サーフェスを使用してサーフェス間にブレンドを作成する。 フィル サーフェス ツールを使用してサーフェスに完全に囲まれた領域を充填する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
いくつかのタイプの参照図面ビューを作成して、それぞれのビュー タイプ独自の特性を理解します。 参照図面ビューは、既存の図面ビューを参照して作成します。 既存の図面ビューを「フォールド オフ」して投影図を作成する。 選択したエッジに垂直にビューを投影して補助投影図を作成する。 部分拡大図を使用してビューの一部をスケールを拡大して表示する。 モデルの平面または平らな面を基準に図面ビューを作成する。 不要なエンティティをクロップするか非表示にして図面ビューの一部をフォーカスする。 分断したビューで既存の図面ビューを短縮する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存のビューに、ユーザー定義の注記、幾何公差、ブロックなどのアノテート アイテムを追加します。 アノテート アイテムとシンボルを作成する。 ジオメトリと注記からブロックを作成する。 ブロックをファイルに保存する。 ブロックを図面に挿入する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリの構成部品を示すために、部品表(BOM)テーブルを使用します。部品表はさまざまな方法で変更でき、新しいテーブル テンプレートを作成してカスタマイズした内容を保存できます。 表形式の部品表には、同じテーブル内の複数のコンフィギュレーションに関する情報をリストできます。 アセンブリの部品表を作成する。 部品表テーブルを編集し、列を追加して順序変更する。 部品表をテンプレートとして保存する。 表形式の部品表を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
面の移動/面削除ツールを使用して、インポートした非パラメトリック ジオメトリを修正する。 ボディの面を移動して、モデルのサイズを大きくする。 面削除により、モデルのフィレット面を除去してパッチをあてる。 円筒面をオフセットして、円筒形のボスの直径を拡大する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
部品のエッジが近すぎてフィレットを正しく作成できないときは、別のソリッド ボディを利用すると解決できる場合があります。 フィーチャーを別々のソリッド ボディに分ける。 それぞれのボディにフィレットを適用する。 結合コマンドを使用して再びボディを結合する。 部品に追加のフィレットを適用してモデルを完成させる。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN