モデルのデフォルトの座標系を使用して 3D スケッチを作成し、スケッチ エンティティの向きを決めます。 関係と寸法を追加して、スケッチ エンティティのサイズを拘束します。 画面上のフィードバックを利用してスケッチする。 平面を使用して 3D スケッチ エンティティの向きを決める。 Tab キーを押すか、平面/平坦な面を使用して、スケッチ平面を変更する。 複数のビューポートを表示して、3D スケッチ エンティティを修正する。
Lesson
1 年 前
板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。
Lesson
1 年 前
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
1 年 前
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
9 月 前
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
9 月 前
参照ジオメトリの一種であるグリッド システムを使用して、構造レイアウトのスケルトンを表す方法を学びます。 グリッド システムを使用して構造レイアウトの中心線を表す。
Lesson
1 年 前
オリジナルのスケッチを何度か使用できるように、スケッチをコピーして参照します。 コピーしたスケッチはオリジナルと関係ありませんが、参照スケッチは、オリジナルのスケッチで変更があると更新されます。 オリジナルのスケッチと同じ形状を維持する参照スケッチを作成する。 スケッチをコピーする。 スケッチの位置と寸法を修正する。 3 つの輪郭スケッチを通るロフトを作成する。
Lesson
1 年 前
Get the models closer to the finished geometry by learning to modify, remove, combine, slice or replicate the 3D geometries. Use Boolean operations such as Union and Subtract. Reshape the edges of 3D geometries using Fillet Edges or Chamfer Edges with different options. Remove or split the material of 3D geometries using the Slice tool Replicate geometry in multiple instances throughout the design with Mirror 3D and Pattern 3D
Lesson
5 月 前
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
9 月 前
ボトルの中の液体を表す交差フィーチャーを作成します。 それから、質量特性ツールを使用して、作成したフィーチャーの体積を求めます。 ボトルの液体を表すコンフィギュレーションを作成する。 ボトルの充填レベルを表す参照平面を作成します。 交差フィーチャーを使用してボトルの中の液体をモデル化する。 質量特性を使用してソリッド ボディの体積を求める。
Lesson
1 年 前
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
8 月 前
ロフト(Loft)では、複数の輪郭を結合してフィーチャーを作成します。ロフト フィーチャーはベース、ボス、カット、もしくはサーフェスです。 拘束と接続パラメーターを指定することで、任意の結果が得られます。 2 つの輪郭の間に基本的なロフト フィーチャーを作成する。 中心線カーブ、終了拘束、接続点を使用して形状を整える。 ロフトの輪郭と接続点を正しく選択する。
Lesson
9 月 前
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
8 月 前
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
9 月 前
既存のスケッチ エンティティをミラーするには、エンティティのミラー ツールを使用するか、対称関係を追加して行います。 あるいは、スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーできます。 以前に作成したスケッチ エンティティをミラーする。 スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーする。 スケッチ エンティティに対称関係を追加してエンティティをミラーする。
Lesson
9 月 前
円筒または円錐形のサーフェスにフラットなスケッチを巻きつけます。 ラップ フィーチャーは、材料を追加したエンボス タイプ、材料を除去したデボス タイプ、または面を分割したスクライブタイプがあります。 ラップ フィーチャーのスケッチ平面を配置する。 関係式を使ってスケッチの長さを定義する。 ラップ フィーチャーのデボス オプションを使用して材料を除去する。
Lesson
1 年 前
部品設計から完成したキャストの納品までを効率よく進めるモデリング手法を学びます。 部品の生産ツールを設計して、オートバイのギア ケースを作成する。 ギア ケースのコア(負のスペース)の設計から開始する。 別個のソリッド ボディとしてギア ケースのパターン(外側の面)を設計する。 ツール ボディを新しい部品ファイルに保存する。 ソリッド ボディを結合し、パターンからコアを除去する。 加工フィーチャーを適用してモデルを完成させる。
Lesson
1 年 前
1 つまたは複数のフィーチャー/ボディを参照平面または平坦な面に対してミラーして、インスタンスのコピーを作成します。 作成したコピーは、鏡の表示のように反転して、対称性が維持されます。 フィーチャーやボディのミラー パターンを作成する。 ジオメトリ パターン オプションで結果を制御する。
Lesson
9 月 前
アセンブリ モデルの操作で使用する図面ビュー コマンドを使用します。部分断面、代替位置ビュー、分解図などのコマンドがあります。 アセンブリ構成を表す図面ビューのプロパティを使用する。 部分断面図を作成して、アセンブリの内部構成部品を表示する。 既存のコンフィギュレーションや新しいコンフィギュレーションを使用して、代替位置ビューを作成する。 分解したアセンブリ図面ビューを作成する。
Lesson
1 年 前
既存の図面ビューに寸法を挿入して操作します。 モデルから寸法をインポートして、ユーザー定義の駆動寸法を作成して、ビューの間で寸法を移動します。 駆動寸法を追加して操作する。 駆動寸法を作成する。 寸法のプロパティを編集する。
Lesson
1 年 前
Manipulate the 3D Model view properly to work on the geometry as intended. Use a variety of tools to enable rotating the model freely, updating the model view type and to add custom coordinates systems to get the right location and angle. View the 3D model at different angles such as Top, Bottom, Left and various isometric angles. Use the computer mouse or orbit command to freely pan, zoom and rotate the 3D model. Learn to view with different view types such as Wireframe, Hidden, Gouraud, Flat with Edges, etc. Setup custom coordinates systems with CCS defining based on a view or entity.
Lesson
5 月 前
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の溶接の試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
1 年 前
既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。 部品の基本図面を作成する。 標準を挿入する。 モデルから図面に寸法をインポートする。 寸法を修正する。 モデルと図面の間の関連性を示す。
Lesson
9 月 前
溶接リブを追加することで、溶接モデルの強度と安定性を増します。 輪郭形状、厚みなど、溶接リブのオプションを理解する。 2 つの構造レイアウトの間に溶接リブを追加する。
Lesson
1 年 前