SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
6 月 前
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
7 月 前
このモジュールでは、要素のサイズによる応力、ひずみや変位への影響を確認して、メッシュ収束の概念を学びます。 グローバル要素サイズの変更が結果にどのように影響するかを学ぶ。 指定の位置にメッシュ コントロールを適用する方法を学ぶ。 シャープ コーナーが応力の集中を生むようすを確認する。
Lesson
7 月 前
設計を最適化し、モデル寸法を変更してモデル重量を減らす方法を学びます。 パラメーターと拘束を適用して、目標に合わせて設計を最適化する。 シミュレーションでのデザイン スタディの使用方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
薄厚構造のモデルにシェルを使用する方法を学びます。 シェル マネージャーを使用して、薄厚構造にシェルを作成する。 処理の負荷を軽減するため、対称拘束を適用する。
Lesson
7 月 前
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
7 月 前
ふく射、伝導、対流を考慮しながら、熱解析を行う方法を学びます。 伝導、対流、ふく射を考慮して、正確な熱解析の結果を得る。 温度と熱流速を測定する。
Lesson
1 年 前
荷重定義マネージャーを使用して、異なコンフィギュレーションの荷重を結合する方法を学ぶ。 異なる荷重条件の組み合わせが設計にどのように影響するかを知る。 活荷重/死荷重を組み合わせて解析を行う。 荷重を簡単に組み合わせるため方程式を使用する。
Lesson
1 年 前
疲労解析モジュールを使用して、繰り返し負荷のかかる条件下の構造を解析する方法を学びます。 反復荷重解析のために材料に S-N 曲線を適用する。 より現実的な結果が得られるように、補正係数を適用する。 損傷プロットを表示して、材料の寿命を解析する。
Lesson
1 年 前
アセンブリ構造の固有振動を解析するときの接触の使用方法を学びます。 アセンブリ構造の固有振動の形とモードを解析する。 各種の接触条件をテストして、構造の強度を解析する。
Lesson
1 年 前
このシリーズでは、接触の概念と、ボルトおよびリモート荷重について紹介します。 アセンブリ内の接触を解析する。 コネクタとリモート荷重を使用して表される部品を排除して、モデルを簡略化する。
Lesson
1 年 前
解析結果をもとに、安全率、最大応力または最大変位の値を許容できる値に最適化します。要件に対応するように、範囲内で寸法を変更して試します。 安全率に適合するか、超過するかによって、設計の無駄をなくすか、材料コストを減らします。 デザインの最適化により安全率を達成する。 内蔵の自動化機能を使用して、モデルを最適化する。 シミュレーションを実行する。
Lesson
1 年 前
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
1 年 前
SimulationXpress では、拘束と荷重を適用し、材料を定義することで、部品の変形を解析します。 荷重と圧力を変えて、材料をカスタマイズします。 SimulationXpress を開始して実行し、単一ボディ部品を解析する。 デザイン ツリーのアイテムの操作方法を理解する。 圧力や荷重は面に対してのみ均一に一定に適用できることを理解する。 ユーザー定義材料のプロパティが正確に部品の材料を表す必要があることを理解する。
Lesson
1 年 前