SustainabilityXpress は、モデルの二酸化炭素排出量、ライフサイクルにおける消費エネルギー、酸性大気汚染、水体の富栄養化を計算するツールです。 使用材料、製造プロセス、製造地域、使用地域、エンド オブ ライフなどの情報を分析して計算を行います。 異なる材料や製造プロセスが設計の環境に与える影響にどう作用するかを学ぶ。 製品の使用情報を指定して、輸送やエンド オブ ライフにかかる額を求める。 環境影響グラフに表示される情報を理解する。 環境影響のベースラインを設定して変更を比較する方法を学ぶ。 Sustainability の出力レポートを作成する。
Lesson
3 年 前
既存のルートに径違いの T 字継手を追加し、キーボード ショートカットとトライアドを使用して向きを決めます。 自動ルート ツールを使用して、追加フィーチャーから作成したパイプを接続します。 既存のルートにインライン管継手を追加する。 キーボード ショートカットとトライアドを使用して、インライン管継手の向きを決めて配置する。
Lesson
3 年 前
Review a variety of 3D solid modeling tools exclusively for DraftSight Premium. Learn to use some common 3D tools to create simple primitive shapes and complex custom 3D geometries. Create 3D basic geometric forms such as Box, Wedge, Cylinder, Sphere, and Torus. Generate sketch-based or complex 3D shapes using Extrude, Revolve, Sweep, PolySolid, Push and Pull, and Loft.
Lesson
2 年 前
Create some very complex 3D surfaces or geometries by defining a mesh with custom contours and numerous editable points for better control and design. Create basic primitive mesh shapes as a starting point to the design. Generate individual mesh faces using 3D Face tool. Control a network of mesh points by defining an outer perimeter with the Edge Mesh tool to fill it in. Use the 3D Mesh command allowing to define the location of every point in a mesh.
Lesson
2 年 前
Manipulate the 3D Model view properly to work on the geometry as intended. Use a variety of tools to enable rotating the model freely, updating the model view type and to add custom coordinates systems to get the right location and angle. View the 3D model at different angles such as Top, Bottom, Left and various isometric angles. Use the computer mouse or orbit command to freely pan, zoom and rotate the 3D model. Learn to view with different view types such as Wireframe, Hidden, Gouraud, Flat with Edges, etc. Setup custom coordinates systems with CCS defining based on a view or entity.
Lesson
2 年 前
Define an accurate 2D profile or sketch using Geometric and/or Dimensional Constraints. Geometric Constraints create and uphold relationships between sketch entities while Dimensional Constraints specify distances or angles between the sketch entities. Assign Geometric Constraints such as Horizontal, Vertical, Coincident, Perpendicular, Parallel, Tangent, etc. Create Dimensional Constraints with numeric values with labels. Manage Dimensional Constraints for edit, delete and create user-defined parameters.
Lesson
2 年 前
ブロックによりスケッチ エンティティと寸法をグループにして、スケッチ内で一緒に移動できます。 レイアウト スケッチと一緒に、アセンブリ スケッチからフルアセンブリに直接移ることができます。 ブロックの作成、編集と保存 ブロックを使用してアセンブリのレイアウト スケッチを作成する。 既存のブロックをもとにアセンブリ構成部品を作成する。
Lesson
2 年 前
Get the models closer to the finished geometry by learning to modify, remove, combine, slice or replicate the 3D geometries. Use Boolean operations such as Union and Subtract. Reshape the edges of 3D geometries using Fillet Edges or Chamfer Edges with different options. Remove or split the material of 3D geometries using the Slice tool Replicate geometry in multiple instances throughout the design with Mirror 3D and Pattern 3D
Lesson
2 年 前
Routing Library Manager を使用して、ユーザー定義のルート仕様テンプレートを作成、使用します。 配管セグメントのサイズとスケジュールを指定する。 配管と管材データベースからパイプとエルボを選択する。 ルート仕様テンプレートを使用してルート構成部品を挿入する。
Lesson
2 年 前
可変ピッチのらせんを作成して、スイープ フィーチャーのパスに使用します。 可変ピッチのらせん形状の定義に必要なオプションについて学びます。 可変ピッチのらせんの作成。 スイープ フィーチャーに輪郭とパス スケッチを正しく配置する。 曲線に点で垂直な平面の作成。
Lesson
1 年 前
3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを適用します。 オフセット フィレットにより、頂点できれいにブレンドするモデルを作成できます。 3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを追加する。
Lesson
1 年 前
モデルのデフォルトの座標系を使用して 3D スケッチを作成し、スケッチ エンティティの向きを決めます。 関係と寸法を追加して、スケッチ エンティティのサイズを拘束します。 画面上のフィードバックを利用してスケッチする。 平面を使用して 3D スケッチ エンティティの向きを決める。 Tab キーを押すか、平面/平坦な面を使用して、スケッチ平面を変更する。 複数のビューポートを表示して、3D スケッチ エンティティを修正する。
Lesson
1 年 前
徐変半径フィレットを作成して、選択した頂点とコントロール点に半径値を設定します。 また、半径をゼロに設定することで、フィレットを点に収束させることができます。 選択したエッジ沿いに半径が変わるフィレットを作成する。 頂点またはコントロール点で半径を変更する。 フィレットを点に収束させるゼロ半径フィレットを作成する。
Lesson
1 年 前
ロフト フィーチャーや境界フィーチャーを使用して、周囲のジオメトリときれいにブレンドするトランジションを作成します。 境界フィーチャーの接線オプションを設定して、隣の面の曲率に合わせます。 輪郭が異なるモデルの 2 つの部分を接合する。 境界フィーチャーを作成するオプションを確認する。
Lesson
1 年 前
スケッチを別のスケッチに投影して、ウォーター ボトルのケージを表す曲線を作成します。 ウォーター ボトル全体の形状を表すスケッチを作成する。 スケッチを別のスケッチに投影して 3D 曲線を作成する。 3D 曲線をパスに使用してスイープ フィーチャーを作成する。
Lesson
1 年 前
モデルの面がスケッチ平面と交差するか、または相互に交差する 2D スケッチ/3D スケッチを作成します。 このスケッチを抜き勾配角度の決定に使用したり、曲率の評価やスイープのパスとして使用するなどできます。 選択した面がスケッチ平面と交差する 2D スケッチ エンティティを作成する。 選択した面が互いに交差する 3D スケッチ エンティティを作成する。
Lesson
1 年 前
オリジナルのスケッチを何度か使用できるように、スケッチをコピーして参照します。 コピーしたスケッチはオリジナルと関係ありませんが、参照スケッチは、オリジナルのスケッチで変更があると更新されます。 オリジナルのスケッチと同じ形状を維持する参照スケッチを作成する。 スケッチをコピーする。 スケッチの位置と寸法を修正する。 3 つの輪郭スケッチを通るロフトを作成する。
Lesson
1 年 前
スプライン点、関係、制御ポリゴン、スプライン ハンドルを使用して、スプラインを作成して編集します。スプラインには複数のスプライン点を含むことができ、最低 2 つのスプライン点を含めます。 スプラインをスケッチする。 スプライン点の数を編集する。 関係、制御ポリゴン、スプライン ハンドルを使用して、スプラインの形状を修正する。
Lesson
1 年 前
ロフト(Loft)では、複数の輪郭を結合してフィーチャーを作成します。ロフト フィーチャーはベース、ボス、カット、もしくはサーフェスです。 拘束と接続パラメーターを指定することで、任意の結果が得られます。 2 つの輪郭の間に基本的なロフト フィーチャーを作成する。 中心線カーブ、終了拘束、接続点を使用して形状を整える。 ロフトの輪郭と接続点を正しく選択する。
Lesson
1 年 前
スイープの輪郭スケッチを作成するための最善の方法を学びます。輪郭スケッチ エンティティとガイド カーブの間に関係を追加します。 パス全体に輪郭が正しい形状をとるように、スケッチ拘束を作成します。 輪郭スケッチを作成する前に、パスとガイド カーブを設定する。 ガイド カーブと輪郭スケッチの間に貫通拘束を追加する。 ガイド カーブでスイープ フィーチャーを作成する。 垂直拘束と平行拘束を使用してスイープの輪郭を定義する。
Lesson
1 年 前
スイープ パスに沿ったスイープの輪郭の方向とねじれを制御するスイープ オプションについて学びます。 スイープの輪郭を制御する方向/ツイスト オプションを設定する。 「パスに従う(Follow Path)」と「スケッチの平行性保持(Keep Normal Constant)」の違いを理解する。 曲率法線ベクトルを使用して、スイープの輪郭のねじれを見る。
Lesson
1 年 前
スイープ フィーチャーのオプションを設定して、パスに沿った輪郭の方向とねじれを制御します。 曲率法線ベクトルを使用して、パスとガイド カーブの曲率を評価する。 スイープのパスに沿った輪郭のねじれを制御する。
Lesson
1 年 前
点の X、Y、Z 座標をダイアログ ボックスに入力するか、ASCII テキスト ファイルから読み込んで、この点を通る曲線を作成します。 点の X、Y、Z 座標を入力して、この点を通る曲線を作成する。 点の X、Y、Z 座標を読み込んで、この点を通る曲線を作成する。 曲線をスケッチ エンティティに変換する。
Lesson
1 年 前
数式で定義された 2D または 3D 曲線を作成します。 曲線は、y を x の関数として明示的に定義するか、x、y、z を t の関数とするパラメトリック曲線にできます。 パラメトリック数式を使用して 3D スプラインを作成する。 1 つの 3D スプラインをパスとし、もう 1 つをガイド カーブとしてスイープ フィーチャーを作成する。
Lesson
1 年 前