キャビコア分割(Tooling Split)コマンドを使用して、パーティング サーフェスの境界周囲にインターロック サーフェスを作成して、モールド ツーリングを作成します。 モールド ボディを保存して、モールド アセンブリを作成する。 部品ファイルからモールドのアセンブリ ファイルを作成する。 モールドのアセンブリ分解図を作成する。 キャビコア分割コマンドを使用して、モールドにインターロック サーフェスを作成する。
Lesson
3 月 前
アセンブリのコンテキストで定義されたスイープ フィーチャーを使用してスプリングを作成します。 それから、MotionManager でリニア モーターを追加して、スプリングをアニメーション表示します。 アニメーションを作成します。 コンテキスト内のスイープを使用したスプリングのモデル。 リニア モーターを追加してスプリングを伸び縮み。 アニメーションへのリビルド エラーの影響を理解する。 データをダウンロードする場合は、言語を英語(English)に変更してダウンロードしてください。
Lesson
4 月 前
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
11 月 前
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
11 月 前
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験で、アセンブリにサブアセンブリを作成して挿入します。 構成部品をダウンロードしてサブアセンブリに挿入し、合致を作成する。 サブアセンブリをリジッドからフレキシブルに変更して、構成部品を移動する。
Lesson
11 月 前
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
11 月 前
アセンブリの構成部品を示すために、部品表(BOM)テーブルを使用します。部品表はさまざまな方法で変更でき、新しいテーブル テンプレートを作成してカスタマイズした内容を保存できます。 表形式の部品表には、同じテーブル内の複数のコンフィギュレーションに関する情報をリストできます。 アセンブリの部品表を作成する。 部品表テーブルを編集し、列を追加して順序変更する。 部品表をテンプレートとして保存する。 表形式の部品表を作成する。
Lesson
11 月 前
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験のアセンブリで、干渉する構成部品を見つけ、合致を調整してアセンブリを修復します。 基準座標系に対するアセンブリの重心を探す。 新しい構成部品を挿入して合致を作成する。 干渉検出ツールを使用して、構成部品間の干渉を見つける。
Lesson
11 月 前
ボトムアップとトップダウンのアセンブリ モデル設計手法を用いて、アセンブリに構成部品を挿入して修正します。 ボトムアップのアプローチでアセンブリに構成部品を挿入する。 トップダウンのアプローチで構成部品を修正する。 トップダウンのアプローチで新しい構成部品を作成する。
Lesson
11 月 前
アセンブリで1つの構成部品を他の構成部品で置き換える。 アセンブリの構成部品の選択したインスタンスを新しい部品に置き換える。 (オプション)交換した構成部品を簡単に挿入できるように、合致を再接続する。
Lesson
11 月 前
フレキシブル サブアセンブリを使用して、サブアセンブリの構成部品を移動する。 サブアセンブリの構成部品プロパティを修正して、リジッドからフレキシブルに変更する。 フレキシブル サブアセンブリの構成部品をメイン アセンブリにドラッグして動作を確認する。 フレキシブル サブアセンブリがアセンブリ全体のパフォーマンスに与える影響を学ぶ。
Lesson
11 月 前
個々の部品ファイルでなく、アセンブリ内にだけ存在するフィーチャーを挿入する。 穴ウィザードのアセンブリ フィーチャーを追加する。 アセンブリ フィーチャー カットを作成して、断面図として使用する。 フィーチャーのスコープを修正して、アセンブリ フィーチャーの影響を受ける部品を判別する。
Lesson
11 月 前
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
11 月 前
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
11 月 前
既存の部品をアセンブリに追加し、方向を変えてアセンブリを作成します。 合致を追加して構成部品を接続します。 部品から新規アセンブリを作成する。 アセンブリの FeatureManager デザイン ツリーの概要。 アセンブリに構成部品を挿入する。 構成部品を移動/回転する。 構成部品の間に合致を追加する。
Lesson
11 月 前
アセンブリの分解図を作成することで、構成部品を詳細に表示するのに役立ちます。 アセンブリで分解図を作成する方法を学ぶ。 分解図(Exploded View)コマンドのオプションを使用して、単一/複数の構成部品を分解する。 サブアセンブリの分解オプションを理解する。 チェーン ステップの分解で複数の構成部品の間隔を自動で設定する。 分解ステップをアニメーション表示する方法を学ぶ。
Lesson
11 月 前
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
11 月 前
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
11 月 前
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
11 月 前
構成部品の移動と回転のため、ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプション設定などのさまざまな方法を学びます。構成部品間の衝突を検出するオプションを見る。 構成部品間の最小のクリアランス距離を計算する。 ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプションの使用により、構成部品を移動して回転する。 移動時の構成部品の間のクリアランスオプションを確認する。 移動する構成部品と別の構成部品との衝突を検出する。
Lesson
11 月 前
3D スケッチを使用してルートのジオメトリを変更します。スケッチのジオメトリを削除、トリム、追加して、ルートを編集します。既存の管継手を削除して、代わりを追加する。 既存のルートを編集する。 既存の管継手を削除する。 代わりの管継手を追加する。
Lesson
1 年 前
合致コマンドで複数合致モードを使用することで、1 つの共通の参照に対して複数の合致関係を簡単に作成できます。 複数合致モードを使用して、共通の参照に複数の合致を作成する。 合致の整列を切り替える。 合致フィーチャーを編集するさまざまな方法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
構成部品をミラーすることで、反対向きの同一の部品またはサブアセンブリを作成します。ミラーする構成部品とコピーするだけの構成部品(ミラーしないファスナー)を指定します。ミラーした構成部品のジオメトリが変わり、真のミラー バージョン(「反対側」バージョン)」ができます。 アセンブリの平面を中心に構成部品をミラーする。 アセンブリにミラー バージョンの部品を作成する。 部品の反対側バージョンを作成する。
Lesson
1 年 前
選択されている面の穴ウィザードの穴および円筒のカット、またはアセンブリ全体に、Toolbox ライブラリからファスナーを追加します。 センサーを追加してプロパティ値を監視する。 プロパティ値が許容される制限を超えたことを知らせる警告を設定する。 アセンブリに自動的にファスナーを追加する。 デフォルト ファスナーの設定を編集する。 既存のファスナーを編集する。 ファスナーを締めるために、座金とナットを追加する。
Lesson
1 年 前