トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
SOLIDWORKS Treehouse にアセンブリをインポートして、変更を加える方法を学習します。 アセンブリの構成部品のユーザー定義の特性、数量、抑制状態を編集する。 SOLIDWORKS Treehouse でアセンブリにサブアセンブリと部品を追加する。 SOLIDWORKS でアセンブリを開き、SOLIDWORKS Treehouse で行った変更を確認する。
Lesson
3 年 前
Import 2D PDFs or 2D/3D CAD Files to start creating your inspection reports: Import additional files. Navigate between all the files of your project. Organize your project.
Lesson
3 年 前
Customize your inspection projects balloons to highlight different aspect of your parts or different classifications: Change the color, text size, and balloon shape. Add/Remove prefix and suffix. Set balloon customization at the document level or in a template.
Lesson
3 年 前
Digger ツールは、SOLIDWORKS Composer の特許技術です。内部構成部品やメカニズムを確認するために、部品を拡大表示したり、部分拡大図を作成したり、アクターをフェードアウトしたりできます。Digger ツールを使用すると、アセンブリの内部構成部品の部分拡大図を簡単に作成できます。アセンブリ内のアクターを手動で非表示にする必要がありません。さらに、このツールは部品やアセンブリの特定の部分を拡大表示できるため、アクターとアセンブリについてより理解できるようになります。 このレッスンでは、Digger ツールを使用して、アセンブリの外部領域と一部の内部領域の両方の部分拡大図を複数作成する方法を説明します。
Lesson
3 年 前
ベクター グラフィックは画像を歪めずにスケーリングできるため、画像を他のドキュメント(PDF や Word ドキュメントなど)に挿入しようとするときに非常に便利です。ベクター画像では綺麗でプロフェッショナルな外観が可能なので、マーケティングの目的にも適しています。 このレッスンでは、この分解図に追加された部分拡大図を確認し、両方のベクター画像を作成します。
Lesson
3 年 前
Use the Coordinate System command to define and assign a Fixture Coordinate System for the active machine. Select the method for defining coordinate system. Define and select a coordinate system. Examine the option for creating a SOLIDWORKS coordinate system.
Lesson
3 年 前
このモジュールでは、3D PDF テンプレート エディタについて扱います。コンポーネントの内容:テキスト タイプ、BOM テーブル、モデル領域、3D PDF ビューのサムネイル タブ。 部品: テンプレート ロゴの変更。 テンプレート エディタから SOLIDWORKS にユーザー定義プロパティをマップ。 アセンブリ: 既存のテーマ フォルダを 3D PDF 作成(Publish to 3D PDF)ダイアログに追加。 3D PDF/eDrawings ファイルの作成と使用。
Lesson
3 年 前
このモジュールでは、SOLIDWORKS MBD の概要を紹介します。 3D でのモデルの定義、3D ビューのキャプチャ、3D PDF と eDrawings ファイルの作成プロセスが扱われています。 製品製造情報(PMI)を 3D のモデルに追加する方法を学ぶ。 パターン フィーチャー ツールを使用して、コレクション パターンを作成する。 3D PDF テンプレート エディタの使い方を知る。 3D PDF の作成方法。 eDrawings ファイルの作成方法。
Lesson
3 年 前
アセンブリにおける DimXpert を学習して、外形サイズと取り付けインターフェースの寸法と公差をアセンブリ環境で定義しましょう。 部品の中の既存の DimXpert 機能はすべてアセンブリでサポートされます。 自動寸法スキームを使用して、取り付け穴の間隔を定義する。 場所とサイズ寸法ツールを使用して、穴のサイズと、アセンブリ フィーチャーの寸法および公差を定義する。 手動の基本寸法を適用する。 面の代わりにエッジを選択して、定義を簡単にする。 2D の図面やスケッチのように、マウスを動かすごとに寸法を入れる。 フラグ ノートを自動的に更新する。 フィーチャー制御フレームを基準にして座標系を表示する。
Lesson
3 年 前
SimulationXpress では、拘束と荷重を適用し、材料を定義することで、部品の変形を解析します。 荷重と圧力を変えて、材料をカスタマイズします。 SimulationXpress を開始して実行し、単一ボディ部品を解析する。 デザイン ツリーのアイテムの操作方法を理解する。 圧力や荷重は面に対してのみ均一に一定に適用できることを理解する。 ユーザー定義材料のプロパティが正確に部品の材料を表す必要があることを理解する。
Lesson
3 年 前
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
3 年 前
解析結果をもとに、安全率、最大応力または最大変位の値を許容できる値に最適化します。要件に対応するように、範囲内で寸法を変更して試します。 安全率に適合するか、超過するかによって、設計の無駄をなくすか、材料コストを減らします。 デザインの最適化により安全率を達成する。 内蔵の自動化機能を使用して、モデルを最適化する。 シミュレーションを実行する。
Lesson
3 年 前
このモジュールでは、アノテート アイテム ビューを使用して製品製造情報(PMI)を構成する方法を説明します。 動的なアノテート アイテム ビュー ツールで PMI を表示する。 直交するアノテート アイテム ビューを挿入して、選択による(By Selection)オプションでユーザー定義のアノテート アイテム ビューを追加する。 PMI を異なるアノテート アイテム ビューに割り当て直し、表示を構成する。 ビューポートを使用して、複数の視点から同時にモデルを表示する。
Lesson
3 年 前
このモジュールでは、SOLIDWORKS MBD を使用した 3 つの技法の概要を紹介します。 抜き勾配を追加した部品: 抜き勾配を抑制するか、交差ジオメトリを使用して、抜き勾配を追加したサーフェスの間に DimXpert の位置寸法を作成する。 板金: 板金部品のフラット パターンのために別のコンフィギュレーションを使用する。 参照寸法を使用して、板金のベンド ラインの間に寸法を作成する。 溶接構造: カット リストを使用して、溶接構造の構造レイアウトに寸法を表示する。 溶接構造に 3D 注記を使用して、溶接記号を適用する。
Lesson
3 年 前
Review the basic functionality of the SOLIDWORKS Nonlinear module. Show activation of SOLIDWORKS Simulation Add-In. Learn three basic nonlinear phenomena in engineering calculations. Review of control methods available in the module. Review of basic material models available in the module.
Lesson
3 年 前
アニメーションは、アセンブリがどのように組み立てられ、分解されるかを視覚的に表現したもので、部品が追加される順序を示します。アニメーションは非常に優れた分解図の補完機能です。構成部品がいかにして組み立てられるかをメーカーや組立作業者が正確に理解するのに役立ちます。アニメーションは優れたマーケティング ツールとしても役立ちます。デザインの複雑さや最終製品の洗練度を示すことができます。 このレッスンでは、アニメーションを SOLIDWORKS Composer で作成するために、追加構成部品をこのアセンブリで展開します。
Lesson
3 年 前
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
3 年 前
設計を最適化し、モデル寸法を変更してモデル重量を減らす方法を学びます。 パラメーターと拘束を適用して、目標に合わせて設計を最適化する。 シミュレーションでのデザイン スタディの使用方法を学ぶ。
Lesson
3 年 前
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
3 年 前
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
3 年 前
Review a variety of 3D solid modeling tools exclusively for DraftSight Premium. Learn to use some common 3D tools to create simple primitive shapes and complex custom 3D geometries. Create 3D basic geometric forms such as Box, Wedge, Cylinder, Sphere, and Torus. Generate sketch-based or complex 3D shapes using Extrude, Revolve, Sweep, PolySolid, Push and Pull, and Loft.
Lesson
2 年 前
Create some very complex 3D surfaces or geometries by defining a mesh with custom contours and numerous editable points for better control and design. Create basic primitive mesh shapes as a starting point to the design. Generate individual mesh faces using 3D Face tool. Control a network of mesh points by defining an outer perimeter with the Edge Mesh tool to fill it in. Use the 3D Mesh command allowing to define the location of every point in a mesh.
Lesson
2 年 前
Manipulate the 3D Model view properly to work on the geometry as intended. Use a variety of tools to enable rotating the model freely, updating the model view type and to add custom coordinates systems to get the right location and angle. View the 3D model at different angles such as Top, Bottom, Left and various isometric angles. Use the computer mouse or orbit command to freely pan, zoom and rotate the 3D model. Learn to view with different view types such as Wireframe, Hidden, Gouraud, Flat with Edges, etc. Setup custom coordinates systems with CCS defining based on a view or entity.
Lesson
2 年 前
Define an accurate 2D profile or sketch using Geometric and/or Dimensional Constraints. Geometric Constraints create and uphold relationships between sketch entities while Dimensional Constraints specify distances or angles between the sketch entities. Assign Geometric Constraints such as Horizontal, Vertical, Coincident, Perpendicular, Parallel, Tangent, etc. Create Dimensional Constraints with numeric values with labels. Manage Dimensional Constraints for edit, delete and create user-defined parameters.
Lesson
2 年 前