スケッチに関する問題(異質なジオメトリ、宛先が不明な寸法や関係など)を診断して修復します。 部品の問題を診断する。 スケッチ ジオメトリの問題を修復する。 宛先が不明な関係や寸法を修復する。 エラー内容(What's Wrong)ダイアログを使用する。 スケッチで使用する平面を編集する。
Lesson
3 月 前
キャビコア分割(Tooling Split)コマンドを使用して、パーティング サーフェスの境界周囲にインターロック サーフェスを作成して、モールド ツーリングを作成します。 モールド ボディを保存して、モールド アセンブリを作成する。 部品ファイルからモールドのアセンブリ ファイルを作成する。 モールドのアセンブリ分解図を作成する。 キャビコア分割コマンドを使用して、モールドにインターロック サーフェスを作成する。
Lesson
3 月 前
Use the Post Process command to generate NC code from the parts toolpath and operation information. Select the post processor within the machine dialog. Run the Post Process command and set a file name and location for saving. Generate the NC code and select the option to Open G-Code in the SOLIDWORKS CAM NC Editor. Review the NC code within the SOLIDWORKS CAM NC Editor.
Lesson
3 月 前
アセンブリのコンテキストで定義されたスイープ フィーチャーを使用してスプリングを作成します。 それから、MotionManager でリニア モーターを追加して、スプリングをアニメーション表示します。 アニメーションを作成します。 コンテキスト内のスイープを使用したスプリングのモデル。 リニア モーターを追加してスプリングを伸び縮み。 アニメーションへのリビルド エラーの影響を理解する。 データをダウンロードする場合は、言語を英語(English)に変更してダウンロードしてください。
Lesson
4 月 前
Mesh the Flow Simulation geometry using manual meshing approach. Control Basic mesh settings. Apply manual mesh setting and options. Define control planes. Define and apply local mesh controls. Plot mesh on cut plots.
Lesson
5 月 前
Mesh the Flow Simulation geometry using automated meshing approach. Understand the Basic mesh, and Initial mesh concepts. Control the Global Initial mesh refinement level. Analyze the Minimum Gap Size feature value as the project settings change. Plot mesh on cut plots.
Lesson
5 月 前
Structure System is an advanced weldment environment that lets you create and modify structural members of different profiles in a single feature. Add primary members using sketches, points, edges, reference planes, and surfaces. Add secondary members using primary members and reference planes. Trim the structural members at their intersections.
Lesson
5 月 前
Learn how to define cables, create reusable macros, indicate the continuity of wires across multiple drawings, and depict custom components as simple black boxes. Define the cables to be used within a project and assign cable cores to specific component pins. Create macros for reusing specific parts of circuits or entire drawings. Depict the continuation of wires and equipotentials across drawings. Create black boxes for showing custom components with logical connectivity.
Lesson
7 月 前
Learn how to draw wires to connect symbols and make changes on-the-fly to meet connection requirements. Draw single or multiple wires and modify them as needed. Use the Properties panel to instantaneously view and edit information. Use the Wire Style Manager to define and customize the wires for a project. Number newly drawn wires or selectively renumber existing wires.
Lesson
7 月 前
Learn how to add components and symbols to your schematics and associate them with manufacturer parts. Add individual components manually and import them all at once from a spreadsheet. Insert component symbols and associate manufacturer parts. Use the options available in the Symbol Insertion panel and the Symbol Selector for classification and filtering.
Lesson
7 月 前
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
9 月 前
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
11 月 前
構造レイアウトの端部にエンド キャップを追加して開口部を閉じます。 溶接部品ファイルにエンド キャップを作成する。 エンド キャップのオフセット値と形状を設定する。
Lesson
11 月 前
板金ボディの平らな箇所にスケッチした直線を使用して、板金部品を折り曲げます。 別々のスケッチを使用して、2 つの箇所で板金部品を折り曲げる。 ベンド ラインをスケッチする。
Lesson
11 月 前
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
11 月 前
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
11 月 前
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
11 月 前
基本的な整列断面図、オフセット断面図、部分断面図、半断面図を作成します。これには、スコープと拡張プロパティが含まれます。 図面に複数のタイプの断面図を追加する。 断面図のプロパティを定義する。 断面図を修正する。
Lesson
11 月 前
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験で、アセンブリにサブアセンブリを作成して挿入します。 構成部品をダウンロードしてサブアセンブリに挿入し、合致を作成する。 サブアセンブリをリジッドからフレキシブルに変更して、構成部品を移動する。
Lesson
11 月 前
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品を作成する方法を学びます。 設計意図を適用して、モデル作成の方法を決める。 寸法にリンクしたグローバル変数を使用する。
Lesson
11 月 前
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
11 月 前
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
11 月 前
線形/非線形のエッジの組み合わせに沿ってエッジ フランジを作成します。 カーブ エッジ沿いにエッジ フランジを作成する。 シャープ エッジを避けるために、ジオメトリ相互を基準にフランジ位置を選択する必要があることを理解する。
Lesson
11 月 前
境界サーフェスを使用して、他のサーフェス間のギャップを埋めます。 境界サーフェス、ロフト、フィル サーフェスの類似点を理解する。 サーフェス モデルの不要なジオメトリを削除して、境界サーフェスでギャップを埋める。
Lesson
11 月 前