SOLIDWORKS Visualize には、静止画像に関する機能だけでなく、アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして、部品、モデル、カメラ、外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
1 月 前
SOLIDWORKS Visualize Professional に含まれる統合型のレンダー キューは、後で完了するようにレーダー ジョブを「積み重ねる」ことができるため、直ちに生産性を高めます。 レンダー キューを使用すると、日中は生産的な活動を行い、夜間にレンダーを完了させることができます。 統合型のレンダー キューに簡単にジョブを送信する方法を学ぶ。 レンダー キューのシンプルなインターフェースを確認する。 レンダー ジョブをローカル マシンに送信する場合と、専用の Visualize Boost マシン(ネットワーク レンダリング)に送信する場合の相違点を理解する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
VR とパノラマの 2 種類のインタラクティブ出力を作成する方法を学習します。 両方のレンダリング タイプでアニメーションなどの一連のイメージを作成しますが、イメージをムービーにまとめるのではなく、HTML リンクからアクセスできるインタラクティブなレンダリングを作成するようにイメージをまとめます。 Visualize のインタラクティブ出力の重要な使用事例を理解する。 VR/パノラマ出力を生成するためにシーンをセットアップする方法を学習する。 インタラクティブ出力を使用して、3D データでより多くの情報を伝える。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
SOLIDWORKS Visualize で使用できるプロフェッショナルなイメージおよびビデオ出力オプションで、写真画質のコンテンツを簡単に作成しましょう。 それぞれの出力設定を簡単に調整して必要な写真画質を達成する方法を理解する。 写真画質のコンテンツを作成するためのさまざまな出力オプションのタイプを学習する。 望ましい写真画質にするにはどのオプションを使用するかを理解する。 よく使用するレンダー設定をレンダー プロファイルとして保存する。
Lesson
2 月 前
CAD データでより多くの情報を伝え、SOLIDWORKS Visualize 内でカメラ アニメーションを簡単に作成する方法を学びます。 このレッスンでは、シーンでカメラがどのように移動するかを 3D で表現する独自のアニメーション リボンを使用して、キーフレームを作成および操作する方法を重点的に紹介します。 自動キーフレーム作成(Auto-Keyframing)を有効にして、シンプルなカメラ フライバイを作成する。 アニメーション リボンを直接操作して、アニメーションのスピードとキーフレームの位置を調整する。 2 つのビューポートを利用して、最終的なアニメーション パス全般を可能な限り制御する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
モデルまたは設計を表現する最も簡単な方法として、360 度のスピンを使用し 1 枚の静止画像よりもはるかに多くの情報を表現します。 このレッスンでは、1 回のボタン クリックで簡単に 360 度のスピンを作成する方法を示し、またリアル/レンダリングを問わず直線をさらにぼかすためのモーション ブラーなどの高度な機能を重点的に説明します。 プロジェクトにリアルタイム ターンテーブルを追加し、1 回のクリックでターンテーブルをレンダリングする。 1 クリックでモデルを中心に 360 度のスピンを行うカメラの回転の概要を説明する。 ホイール、プロペラ、ギアなどの部品を回転するために回転アニメーションを使用する方法を学習する。 イメージとアニメーションの現実感をさらに高めるための、インカメラ モーション ブラーの多くの利点を確認する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
2 月 前
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
2 月 前
テクスチャ マップは、外観をさらにリアルにする優れたツールです。 このレッスンでは、「テクスチャ マップは難しい」という誤解を解き、テクスチャ マップを正確に制御する方法を示し、誰もがテクスチャのマスターになれるようにします。 色、アルファ、反射、バンプという、Visualize で使用できる 4 種類のテクスチャ マッピングを使いこなす。 テクスチャ マップを追加する。複数のテクスチャ マッピング モードを使用してテクスチャ マップを操作する方法を学習する。 無料で使用できるプロ仕様の、事前にテクスチャが適用されている外観を、インターフェースと統合されている Visualize Cloud Library からダウンロードして、独自の Visualize プロジェクトに追加する。
Lesson
2 月 前
新しい外観の作成、調整、追加を、ゼロから、あるいは Visualize Cloud Library から取り出して簡単に行う方法を学習しましょう。 既存の外観を速く簡単に変更する。 新しい外観を作成して適用する。 Visualize Cloud Library を探索して、プロレベルのアセットをプロジェクトに追加する。 外観の適用をスピードアップする、Shift キーを押しながらのショートカットクリックを学習する。
Lesson
2 月 前
コンフィギュレーションにより、複数のさまざまな設計方向を、すべて単一の Visualize プロジェクト内で比較できます。 このレッスンでは、さまざまな外観、カメラ設定、シーン、または部品表示のコンフィギュレーションを簡単に作成し、複数の設計方向を確立して、最終的なソリューションの選択を大幅に簡単にする方法を確認します。 さまざまな設計方向に複数のコンフィギュレーションを作成する。 ベース コンフィギュレーションを使用して、既存のすべてのコンフィギュレーションに変更を加える。 1 回のボタン クリックですべてのコンフィギュレーションをレンダリングする。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
SOLIDWORKS Visualize のプロになるために、インターフェースとよく使う機能をマスターしましょう。 インターフェ-スの 4 つの主要セクションを理解して、写真画質のレイトレーシングを最大限に活用する方法を学習します。 インターフェ-スの 4 つの主要なセクションを理解する。 Visualize 内のレイトレーシング モードを理解する。 カメラ操作のホットキーを使いこなす。 統合型の Visualize Cloud Library の使用法を学習する。
Lesson
2 月 前
あらかじめセットされたカメラ フィルタを使用したり、カスタムのカメラ後処理設定を作成して、ポップなイメージとアニメーションを作成しましょう。 ブルームや被写界深度などのフォトパーフェクトなカメラ エフェクトを使用して、イメージのリアリズムをより高めましょう。 あらかじめセットされたカメラ フィルタをすばやく追加して、コンテンツをポップにする。 カメラ後処理設定を通してカスタムのカメラ フィルタを作成して、操作性を高める。 ブルームや被写界深度などの高度なカメラ エフェクトを追加する。 Region Render を使用して、レンダリングするビューポートのセクションのみを選択する。
Lesson
1 年 前
SOLIDWORKS Visualize を初めて使用する場合、下に示すビューポートと 5 つのステップのみが含まれる必要最低限の UI を備える統合簡易モードを使用すると、新しいインポートによって最終的なイメージの作成方法がガイドされます。 Visualize で迅速かつ簡単にイメージを設定および作成する方法を学ぶ。 簡単な 5 ステップのプロセスを利用して、3D データのインポート、色塗り、ライティング、調整、および写真撮影を行う。 直感的に使えるフローティング ウィンドウをナビゲートし、モデルを最終的なレンダー用に準備する。 ワンクリックでレンダリングできるように、定義済みのレンダー プロファイルを読み込む。
Lesson
1 年 前
SOLIDWORKS Visualize へのインポート プロセスを理解することは、作業を効率化するために不可欠です。このプロセスは、インポートの設定と、元の CAD ファイルの構成の両方から制御できます。 Visualize プロジェクトをさまざまなワークフロー用にセットアップするためによく使われる 2 つのインポート設定を学習します。1 つは、モデルを速く簡単に使用するための設定で、もう 1 つは、モデルのグループ化によりライブ アップデートと柔軟性向上を実現するための設定です。 CAD ファイルを必要な Visualize のエクスペリエンスに合わせて最適に準備する方法を学習する。 適切なインポート設定を選択することで効率よく Visualize にモデルをインポートする方法を理解する。 CAD Live-Update を利用してシームレスな設計プロセスを実現する。
Lesson
1 年 前
SOLIDWORKS Composer ファイルを Word ドキュメントや PDF に組み込むことができるため、メーカーや組立作業者と情報を共有する際の柔軟性が高まります。ユーザーが SOLIDWORKS Composer をマシンにダウンロードしていない場合でも、SMG ファイルを Word ドキュメントや PDF に組み込むことで Composer ファイルを使用した効率的なコミュニケーションが可能になります。 このレッスンでは、SOLIDWORKS Composer ファイルを Word ドキュメントや PDF にリンクする方法、および異なるコンフィギュレーションを同じドキュメントにロードする方法を説明します。
Lesson
1 年 前
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
1 年 前
部品やアセンブリを更新するのはよくあることです。ところが、SOLIDWORKS Composer はネイティブの SOLIDWORKS CAD ソフトウェアではないため、SOLIDWORKS Composer ファイルでは大幅な設計変更を行うのは困難です。しかし、SOLIDWORKS Composer のアクターとアセンブリを更新するのは簡単です。構成部品を選択してから、更新(Update)を選択するだけです。これにより、SOLIDWORKS ですべてを外部から更新する必要はなくなります。 このレッスンでは、個々のアクターおよびアセンブリ全体を更新することで、SOLIDWORKS Composer の更新方法について説明します。
Lesson
2 年 前
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
3 年 前
アニメーションは、アセンブリがどのように組み立てられ、分解されるかを視覚的に表現したもので、部品が追加される順序を示します。アニメーションは非常に優れた分解図の補完機能です。構成部品がいかにして組み立てられるかをメーカーや組立作業者が正確に理解するのに役立ちます。アニメーションは優れたマーケティング ツールとしても役立ちます。デザインの複雑さや最終製品の洗練度を示すことができます。 このレッスンでは、アニメーションを SOLIDWORKS Composer で作成するために、追加構成部品をこのアセンブリで展開します。
Lesson
3 年 前
ベクター グラフィックは画像を歪めずにスケーリングできるため、画像を他のドキュメント(PDF や Word ドキュメントなど)に挿入しようとするときに非常に便利です。ベクター画像では綺麗でプロフェッショナルな外観が可能なので、マーケティングの目的にも適しています。 このレッスンでは、この分解図に追加された部分拡大図を確認し、両方のベクター画像を作成します。
Lesson
4 年 前
Digger ツールは、SOLIDWORKS Composer の特許技術です。内部構成部品やメカニズムを確認するために、部品を拡大表示したり、部分拡大図を作成したり、アクターをフェードアウトしたりできます。Digger ツールを使用すると、アセンブリの内部構成部品の部分拡大図を簡単に作成できます。アセンブリ内のアクターを手動で非表示にする必要がありません。さらに、このツールは部品やアセンブリの特定の部分を拡大表示できるため、アクターとアセンブリについてより理解できるようになります。 このレッスンでは、Digger ツールを使用して、アセンブリの外部領域と一部の内部領域の両方の部分拡大図を複数作成する方法を説明します。
Lesson
4 年 前