SOLIDWORKS ユーザー インターフェース(UI)は、よく使うツールを表示することで、必要に応じてカスタマイズができます。 ツールバーや CommandManager の表示位置を変えることや、自分用のキーボード ショートカット/マウス ジェスチャーを追加することができます。 CommandManager のタブの表示/非表示を切り替える。 ツールバーとパネルのドッキングと解除方法を学ぶ。 ツールバーにコマンドを追加する。 キーボート ショートカットを追加する。 マウス ジェスチャーをカスタマイズする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つまたは複数のフィーチャー/ボディを参照平面または平坦な面に対してミラーして、インスタンスのコピーを作成します。 作成したコピーは、鏡の表示のように反転して、対称性が維持されます。 フィーチャーやボディのミラー パターンを作成する。 ジオメトリ パターン オプションで結果を制御する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の円形方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。円形方向は、シリンダー/円錐面、円/直線エッジ、中心線または軸に基づきます。 インスタンスの間隔は、さまざまな方法で制御できます。 既存のフィーチャーから円形パターンを作成する。 間隔と範囲を変える。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の直線方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。 不要なインスタンスはパターンから除外できます。間隔とその他の寸法を変えることができます。 既存のフィーチャーから 2 方向の直線パターンを作成する。 パターンのインスタンスをスキップする。 パターン インスタンスのパラメーターを変える。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
穴ウィザード機能を使用して、ANSI、ISO、その他の国際標準に従って、標準サイズの穴を作成します。 穴のタイプ、サイズ、配置場所は、ユーザーが入力します。 穴ウィザードで穴を作成する。 ウィザードの穴のエレメントとオプションについて学ぶ。 同じフィーチャーに複数の穴を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存のスケッチ エンティティをミラーするには、エンティティのミラー ツールを使用するか、対称関係を追加して行います。 あるいは、スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーできます。 以前に作成したスケッチ エンティティをミラーする。 スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーする。 スケッチ エンティティに対称関係を追加してエンティティをミラーする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
グローバル変数により名前付きの値を宣言し、これに等しい寸法を設定することや、これを関係式で使用することができます。 関係式は、寸法値の定義や寸法の相互の関連付けができる数式です。 グローバル変数を作成する。 グローバル変数を使用して、フィレット フィーチャーの半径を等しく設定する。 関係式でグローバル変数を使用する。 関係式を使用して寸法値を制御する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 他のスケッチ エンティティとの近傍や交差をもとに、スケッチ エンティティをトリムします。 パワー、コーナー、最近、内部、外部のトリム オプションを使用して、スケッチ エンティティをトリムする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
フィレットと面取りを作成して、スケッチのジオメトリを修正します。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りのサイズとオプションを設定する。 スケッチにフィレットと面取りを作成する。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りの作成オプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。 部品の基本図面を作成する。 標準を挿入する。 モデルから図面に寸法をインポートする。 寸法を修正する。 モデルと図面の間の関連性を示す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動と回転のため、ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプション設定などのさまざまな方法を学びます。構成部品間の衝突を検出するオプションを見る。 構成部品間の最小のクリアランス距離を計算する。 ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプションの使用により、構成部品を移動して回転する。 移動時の構成部品の間のクリアランスオプションを確認する。 移動する構成部品と別の構成部品との衝突を検出する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
Convert imported assembly and multibody geometry into SOLIDWORKS feature-based, parametric models. Recognize imported assembly geometry as multiple parts. Use Edit Feature to recognize only selected features from the part. Use child features to recognize multiple features with a single selection.
Lesson
7 月 前
ENG
Convert imported sheet metal part geometry into SOLIDWORKS feature-based, sheet metal, parametric models. Recognize common sheet metal features such as Base Flanges and Sketched Bends. Flatten the result to view the flat pattern. Use a hybrid approach combining the automatic and interactive methods.
Lesson
7 月 前
ENG
Use Volume features to recognize geometry that does not match any other feature type. The volume feature can be replaced with a standard SOLIDWORKS feature. Recognize volume features. Recognize boss and cut revolve features. Use the Up To Face option with cut extrudes. Replace volume features with standard cut features. Edit the mapped features.
Lesson
7 月 前
ENG
Control the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based parametric model by converting specific features interactively. Interactively convert feature types. Convert features types that cannot be used with automated methods. Recognize multiple similar features at the same time. Re-recognize geometry and change it to a different type. Add patterns from the list of recognized features.
Lesson
7 月 前
ENG
Automate the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based, parametric model. Open an imported data file in SOLIDWORKS. Use the Import Diagnostics tool to repair imported geometry. View the FeatureWorks options. Use the Automatic feature Recognition Mode. Map the features to the part model. Guide the Automatic Recognition Mode for the best results.
Lesson
7 月 前
ENG