結合コマンドは、部品内の別個のソリッド ボディを使用します。 このツールを使用すると、ソリッド ボディのボリュームの結合、除去、またはボディ間の共通のボリュームからのソリッドの作成ができます。 結合コマンドは、部品内の別個のソリッド ボディを使用します。このツールを使用すると、ソリッド ボディのボリュームの結合、除去、またはボディ間の共通のボリュームからのソリッドの作成ができます。 結合ツールの除去オプションを使用して、ソリッド ボディを除去する。 結合ツールの共通部オプションを使用して、ソリッド ボディの交差からソリッドを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
モデルの面がスケッチ平面と交差するか、または相互に交差する 2D スケッチ/3D スケッチを作成します。 このスケッチを抜き勾配角度の決定に使用したり、曲率の評価やスイープのパスとして使用するなどできます。 選択した面がスケッチ平面と交差する 2D スケッチ エンティティを作成する。 選択した面が互いに交差する 3D スケッチ エンティティを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スケッチを別のスケッチに投影して、ウォーター ボトルのケージを表す曲線を作成します。 ウォーター ボトル全体の形状を表すスケッチを作成する。 スケッチを別のスケッチに投影して 3D 曲線を作成する。 3D 曲線をパスに使用してスイープ フィーチャーを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
徐変半径フィレットを作成して、選択した頂点とコントロール点に半径値を設定します。 また、半径をゼロに設定することで、フィレットを点に収束させることができます。 選択したエッジ沿いに半径が変わるフィレットを作成する。 頂点またはコントロール点で半径を変更する。 フィレットを点に収束させるゼロ半径フィレットを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを適用します。 オフセット フィレットにより、頂点できれいにブレンドするモデルを作成できます。 3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品設計から完成したキャストの納品までを効率よく進めるモデリング手法を学びます。 部品の生産ツールを設計して、オートバイのギア ケースを作成する。 ギア ケースのコア(負のスペース)の設計から開始する。 別個のソリッド ボディとしてギア ケースのパターン(外側の面)を設計する。 ツール ボディを新しい部品ファイルに保存する。 ソリッド ボディを結合し、パターンからコアを除去する。 加工フィーチャーを適用してモデルを完成させる。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
参照ジオメトリの一種であるグリッド システムを使用して、構造レイアウトのスケルトンを表す方法を学びます。 グリッド システムを使用して構造レイアウトの中心線を表す。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
カット リスト テーブルを使用して溶接モデルを詳細化し、モデルから図面ビューに溶接情報をインポートします。 カット リスト テーブルを追加して編集する。 モデルから図面ビューに溶接情報をインポートする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
構造レイアウトを作成して、既存のスケッチから溶接モデルのパイプを作成します。 隣接するレイアウトを正しくトリムして、曲げや溶接エルボを作成する方法を学びます。 既存のスケッチから溶接パイプを作成する。 パイプを正しくグループ化して、コーナーに適切なトリムを作成する。 特定のパイプのカット リスト プロパティを表示する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
トリム/延長(Trim/Extend)コマンドを使用して、溶接の短縮、延長、コーナー タイプの追加の方法を学びます。 溶接モデルの構造レイアウトをトリム/延長する。 トリムの選択を最適化して、再構築時間と干渉の問題を最小に抑える。 溶接モデルの 2 つのレイアウトが合わさる箇所にコーナー タイプを追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品にフィレット ビードと溶接ビードを作成します。両機能のメリットと違いについて学びます。 それぞれの溶接を使用する状況を理解します。 フィレット ビードと溶接ビードを作成する。 それぞれの機能のメリットとデメリット、使用する状況を理解する。 断続または千鳥形配列の溶接を使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
カット リストを作成して、ボディを溶接部品にまとめます。溶接構造の構成部品にユーザー定義プロパティを追加すると、プロパティがカット リストに表示されます。 アセンブリの BOM と同じように、カット リストにより溶接レイアウトの詳細を示します。 カット リストの作成と編集。 ユーザー定義プロパティの編集。 溶接部品のボディ材料の編集。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
特定の部品のデフォルト値を格納するゲージ テーブルとベンド テーブルについて学びます。インストール時に用意されるサンプル テーブルに入力をして使用します。 必要に応じてサンプル テーブルを作成してカスタマイズします。 ベンド テーブルの作成とカスタマイズ。 ゲージ テーブルとベンド テーブルの使用方法を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ部品を使用して、1 つの部品で板金と溶接フィーチャーを使用します。 板金部品にフィレットと溶接ビードを使用します。 溶接部品に板金拘束を作成する。 板金部品でフィレット ビードと溶接ビードを使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存のフランジにジョグを追加します。ジョグにより、スケッチ線から 2 つのベンドを作成してフラット化して、板金部品に材料を追加します。 ミラー フィーチャーにより、板金設計に対称を追加します。 既存のフランジにジョグを追加します。 板金設計に対称を含める。 ジョグの配置。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ板金部品は、同じフィーチャー ツリーに特定の板金フィーチャーが複数含まれます。フラット パターン フィーチャーも複数存在します。カット リストには、個々のボディが表示されます。 マルチボディ板金部品の作成プロセスと、これら部品の使用方法もいくつか学習します。 板金ツールを使用して新しい板金ボディを作成する。 線形/円形パターン、ミラー、移動/コピーを使用して、ボディを複製する。 部品を挿入して、既存の板金部品にボディを追加する。 板金ボディを複数のボディに分割する。 マルチボディ板金設計の基本的な使用法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
デザイン ライブラリには、エンボス、押し出しフランジ、ランス、ルーバー、リブなど、多くのサンプル フォーム ツールが含まれています。 これらの標準ツールの使用方法と、設計ニーズに応じてシンプルなユーザー定義ツールを作成する方法を学びます。 デザイン ライブラリから標準のフォーム ツールをドラッグ アンド ドロップして、板金部品を作成する。 標準フォーム ツールを編集して、個々の設計ニーズに応じてカスタマイズする。 部品に停止面と削除する面を設定して、ユーザー定義のフォーム ツールとして使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
折り曲げた板金部品とフラットにした板金部品の両方にカットを作成します。「厚みの値へリンク(Link to thickness)」と「法線のカット(Normal Cut)」オプションを使用します。 部品を板金に変換して、カーブ パターンを使用して円錐に複数のカットを作成します。 折り曲げた板金部品とフラットにした板金部品の両方にカットを作成します。 部品を板金に変換。 カーブ パターンを使用して円錐に複数のカットを作成します。 「厚みの値へリンク(Link to thickness)」と「法線のカット(Normal Cut)」オプションを使用します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
輪郭とパス スケッチを使用してスイープ フランジを作成します。 スイープ フランジの輪郭とパス スケッチを作成する。 スイープ フランジ フィーチャーを使用してスイープ フランジを作成する。 スイープ フランジ(Swept Flange)タブで板金パラメーターを定義する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
フラット パターン フィーチャーのオプションについて、パラメーター、コーナー オプション、順目方向、除外する面などを学びます。フラット パターンから図面を作成して、寸法およびその他のアノテート アイテムを追加します。 フラット パターン オプションを確認する。 フラット パターンから図面を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
板金に固有のプロパティについて学びます。 板金フィーチャーを使用して、板金ゲージ、曲げ許容範囲、自動リリーフオプションを制御します。 板金フィーチャーを使用して板金プロパティを制御する。 ゲージテーブルを使用して板金ゲージを制御する。 曲げ許容範囲を制御する 5 つのオプションを理解して使用する。 自動リリーフ機能を使用して、リリーフ カットのタイプと位置を制御する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
解析結果をもとに、安全率、最大応力または最大変位の値を許容できる値に最適化します。要件に対応するように、範囲内で寸法を変更して試します。 安全率に適合するか、超過するかによって、設計の無駄をなくすか、材料コストを減らします。 デザインの最適化により安全率を達成する。 内蔵の自動化機能を使用して、モデルを最適化する。 シミュレーションを実行する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN