最小のスケッチ ジオメトリを使用して、薄厚の部品を補強するリブ フィーチャーを作成します。 リブ フィーチャーを作成する各種オプションを理解する。 単純/複雑なスケッチを使用してリブ フィーチャーを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
シェル フィーチャーを使用して、ソリッド ボディを中空にします。 選択した面に異なる肉厚を適用する。 シェル操作で複数の除去する面を選択する。 シェル操作によりフィレット/ラウンド エッジにどのように影響するかを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
測定と質量特性ツールを使用して、モデルのサイズ、重量などを評価します。 部品の材料や座標系が質量特性にどのように影響するかを理解する。 点や円の間を測定して、部品サイズを判別する。
Lesson
7 月 前
ENG
部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して、部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
7 月 前
ENG
点、軸、および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し、測定ツールの使用に役立てます。 1 つ以上のモデル エンティティをもとに、基準点、軸、座標系を作成するオプションを学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
7 月 前
ENG
自動のスケッチ拘束を使用して、輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 自動スケッチ拘束を示すカーソルのアイコンを確認する。 スケッチの輪郭を作成して、スケッチしながら自動のスケッチ拘束を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ拘束を使用してスケッチを完全に定義し、設計意図を取り込みます。 自動のスケッチ拘束と手動で追加するスケッチ拘束について学ぶ。 2 つの直線間に拘束を追加して、共通のスケッチ拘束を理解する。 円と円弧の間に拘束を追加して、追加のスケッチ拘束を確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直、水平、または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
7 月 前
ENG
平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
押し出しフィーチャーのさまざまな押し出し状態のオプションについて学びます。 スケッチからの距離で定義される押し出し状態を確認する(ブラインド、全貫通、中間面)。 既存の 3D ジオメトリで定義される押し出し状態を確認する(次のサーフェスまで、頂点指定、端サーフェス指定、オフセット開始サーフェス指定、次のボディまで)。 選択した押し出し状態に基づくジオメトリの違いを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
部品の作成を始めるために適切なスケッチ平面を選ぶ重要性を理解する。 部品の開始フィーチャーと開始スケッチ平面を選択する。 開始スケッチ平面の選択が図面にどのように影響するかを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
フィレットまたは面取りを使用して、それぞれラウンドまたはベベル エッジを作成します。 モデリング手法を向上させる一般的なフィレット ルールを理解する。 固定半径フィレットを作成して、いくつかのオプションを理解する。 面取りフィーチャーを作成して、いくつかのオプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。 スケッチ拘束を使用して、部品の別のスケッチを基準にスケッチパスを作成する。 スイープ フィーチャーの基本オプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
軸まわりにスケッチの輪郭を回転して、材料を追加または除去します。 回転したフィーチャーを作るのに適したエンティティ、関係および寸法を含むスケッチを作成する。 回転フィーチャーのオプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチ駆動パターン、テーブル駆動パターン、カーブ駆動パターン、フィル パターンを作成します。 これらのパターンでは、非線形または非円形の方向にフィーチャーのパターンを作成できます。 スケッチ点を使用してスケッチ駆動パターンを定義する。 テーブル駆動パターンの座標を指定する。 エンティティを変換してカーブ駆動パターンのスケッチを作成する。 フィルパターンを使用して境界内にフィーチャーを分散させる。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の部品をアセンブリに追加し、方向を変えてアセンブリを作成します。 合致を追加して構成部品を接続します。 部品から新規アセンブリを作成する。 アセンブリの FeatureManager デザイン ツリーの概要。 アセンブリに構成部品を挿入する。 構成部品を移動/回転する。 構成部品の間に合致を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリの分解図を作成することで、構成部品を詳細に表示するのに役立ちます。 アセンブリで分解図を作成する方法を学ぶ。 分解図(Exploded View)コマンドのオプションを使用して、単一/複数の構成部品を分解する。 サブアセンブリの分解オプションを理解する。 チェーン ステップの分解で複数の構成部品の間隔を自動で設定する。 分解ステップをアニメーション表示する方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチに関する問題(異質なジオメトリ、宛先が不明な寸法や関係など)を診断して修復します。 部品の問題を診断する。 スケッチ ジオメトリの問題を修復する。 宛先が不明な関係や寸法を修復する。 エラー内容(What's Wrong)ダイアログを使用する。 スケッチで使用する平面を編集する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN