穴ウィザード機能を使用して、ANSI、ISO、その他の国際標準に従って、標準サイズの穴を作成します。 穴のタイプ、サイズ、配置場所は、ユーザーが入力します。 穴ウィザードで穴を作成する。 ウィザードの穴のエレメントとオプションについて学ぶ。 同じフィーチャーに複数の穴を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存のスケッチ エンティティをミラーするには、エンティティのミラー ツールを使用するか、対称関係を追加して行います。 あるいは、スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーできます。 以前に作成したスケッチ エンティティをミラーする。 スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーする。 スケッチ エンティティに対称関係を追加してエンティティをミラーする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
グローバル変数により名前付きの値を宣言し、これに等しい寸法を設定することや、これを関係式で使用することができます。 関係式は、寸法値の定義や寸法の相互の関連付けができる数式です。 グローバル変数を作成する。 グローバル変数を使用して、フィレット フィーチャーの半径を等しく設定する。 関係式でグローバル変数を使用する。 関係式を使用して寸法値を制御する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 他のスケッチ エンティティとの近傍や交差をもとに、スケッチ エンティティをトリムします。 パワー、コーナー、最近、内部、外部のトリム オプションを使用して、スケッチ エンティティをトリムする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
フィレットと面取りを作成して、スケッチのジオメトリを修正します。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りのサイズとオプションを設定する。 スケッチにフィレットと面取りを作成する。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りの作成オプションを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。 部品の基本図面を作成する。 標準を挿入する。 モデルから図面に寸法をインポートする。 寸法を修正する。 モデルと図面の間の関連性を示す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動と回転のため、ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプション設定などのさまざまな方法を学びます。構成部品間の衝突を検出するオプションを見る。 構成部品間の最小のクリアランス距離を計算する。 ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプションの使用により、構成部品を移動して回転する。 移動時の構成部品の間のクリアランスオプションを確認する。 移動する構成部品と別の構成部品との衝突を検出する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
3D スケッチを使用してルートのジオメトリを変更します。スケッチのジオメトリを削除、トリム、追加して、ルートを編集します。既存の管継手を削除して、代わりを追加する。 既存のルートを編集する。 既存の管継手を削除する。 代わりの管継手を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
配管システムのルート、ライン、記述と接続をテキスト形式で記した配管計装図(P&ID)ファイルをインポートします。 インポートしたファイルから設備とルートを作成する。 P&ID ファイルの基本形式と内容を学ぶ。 インポートした P&ID ファイルから設備を挿入する。 配管システムのガイドラインのスプラインを作成し、スプラインに適合するルートを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
モデルのデフォルトの座標系を使用して 3D スケッチを作成し、スケッチ エンティティの向きを決めます。 関係と寸法を追加して、スケッチ エンティティのサイズを拘束します。 画面上のフィードバックを利用してスケッチする。 平面を使用して 3D スケッチ エンティティの向きを決める。 Tab キーを押すか、平面/平坦な面を使用して、スケッチ平面を変更する。 複数のビューポートを表示して、3D スケッチ エンティティを修正する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
板金部品に折り曲げたヘムを作成し、部品を強化するとともにシャープエッジを排除します。ヘム ツールを使用して、ヘムのサイズ、タイプ、方向、長さを編集します。 板金部品に折り曲げたヘムを追加する ヘムを作成して、タイプや寸法を編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品を SOLIDWORKS にインポートし、展開ラインフィーチャーを使用して、板金ジオメトリの隣接するフランジの間に薄いカットを作成します。 ベンドを追加してモデルを板金に変換し、部品をフラット化して編集をします。 他のファイルタイプを SOLIDWORKS にインポートする。 展開ラインフィーチャーを使用して薄いカットを作成する。 部品にベンドを追加して、部品を板金に変換する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
合致コマンドで複数合致モードを使用することで、1 つの共通の参照に対して複数の合致関係を簡単に作成できます。 複数合致モードを使用して、共通の参照に複数の合致を作成する。 合致の整列を切り替える。 合致フィーチャーを編集するさまざまな方法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
構成部品をミラーすることで、反対向きの同一の部品またはサブアセンブリを作成します。ミラーする構成部品とコピーするだけの構成部品(ミラーしないファスナー)を指定します。ミラーした構成部品のジオメトリが変わり、真のミラー バージョン(「反対側」バージョン)」ができます。 アセンブリの平面を中心に構成部品をミラーする。 アセンブリにミラー バージョンの部品を作成する。 部品の反対側バージョンを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
インデント コマンドにより、部品の選択したターゲットボディでツールボディを選択したように見せることができます。 インデント コマンドのオプションを使用して、ツール ボディ領域の周囲に単純なカット、厚み、クリアランスを設けます。 インデント コマンドのオプションを理解する。 インデント フィーチャーを作成して、選択したツール ボディの周囲に部品の面を作る。 ボディ削除コマンドを使用して、部品からツールボディを削除する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
結合コマンドは、部品内の別個のソリッド ボディを使用します。 このツールを使用すると、ソリッド ボディのボリュームの結合、除去、またはボディ間の共通のボリュームからのソリッドの作成ができます。 結合コマンドは、部品内の別個のソリッド ボディを使用します。このツールを使用すると、ソリッド ボディのボリュームの結合、除去、またはボディ間の共通のボリュームからのソリッドの作成ができます。 結合ツールの除去オプションを使用して、ソリッド ボディを除去する。 結合ツールの共通部オプションを使用して、ソリッド ボディの交差からソリッドを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN