トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験で、アセンブリにサブアセンブリを作成して挿入します。 構成部品をダウンロードしてサブアセンブリに挿入し、合致を作成する。 サブアセンブリをリジッドからフレキシブルに変更して、構成部品を移動する。
Lesson
6 月 前
ENG
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
6 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
ITA
CHS
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品を作成する方法を学びます。 設計意図を適用して、モデル作成の方法を決める。 寸法にリンクしたグローバル変数を使用する。
Lesson
6 月 前
ENG
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
Understand how export settings impact the quality of the 3D printed model. Learn about the different file types supported by todays 3D printers. Learn how to change file settings in SOLIDWORKS for better print results.
Lesson
6 月 前
ENG
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
7 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
7 月 前
ENG
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
線形/非線形のエッジの組み合わせに沿ってエッジ フランジを作成します。 カーブ エッジ沿いにエッジ フランジを作成する。 シャープ エッジを避けるために、ジオメトリ相互を基準にフランジ位置を選択する必要があることを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
このモジュールでは、要素のサイズによる応力、ひずみや変位への影響を確認して、メッシュ収束の概念を学びます。 グローバル要素サイズの変更が結果にどのように影響するかを学ぶ。 指定の位置にメッシュ コントロールを適用する方法を学ぶ。 シャープ コーナーが応力の集中を生むようすを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
設計を最適化し、モデル寸法を変更してモデル重量を減らす方法を学びます。 パラメーターと拘束を適用して、目標に合わせて設計を最適化する。 シミュレーションでのデザイン スタディの使用方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
薄厚構造のモデルにシェルを使用する方法を学びます。 シェル マネージャーを使用して、薄厚構造にシェルを作成する。 処理の負荷を軽減するため、対称拘束を適用する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
7 月 前
ENG
境界サーフェスを使用して、他のサーフェス間のギャップを埋めます。 境界サーフェス、ロフト、フィル サーフェスの類似点を理解する。 サーフェス モデルの不要なジオメトリを削除して、境界サーフェスでギャップを埋める。
Lesson
7 月 前
ENG
自由形状フィーチャーを使用して、面の外向き/内向きの形状を調整することでオーガニック フィーチャーを作成します。 制御カーブと制御点を使用して面を修正し、曲線的なデザインを作ります。 自由形状フィーチャーを使用して、オーガニック形状を作成する。 制御カーブと制御点を作成する。 制御カーブ、制御点、トライアドを使用して、面を変形する。 フリー フォームのグリッドが変形対象の面形状に従うようにスケッチを編集する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
いくつかの直接編集方法で、サーフェス ツールを使用してインポートしたジオメトリを操作します。 面削除ツール、穴の削除コマンド、サーフェスのトリムを戻すツールについて学ぶ。 面削除ツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを削除する。 穴の削除とサーフェスのトリムを戻すツールを使用して、インポートした不要なジオメトリ フィーチャーを作成する。 厚み付けコマンドを使用して、サーフェス ボディをソリッド ボディに変換する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリの問題を特定して診断します。 その上で、サーフェス ツールを使用して、損傷したジオメトリを修復します。 再構築の検証、インポート診断、チェック エンティティを使用して、モデルの問題を診断する。 インポート診断ツールを使用して不正面を修復する。 不正面を削除して、各種サーフェス ツールでジオメトリを再作成する。 曲率を表示して、曲率の最小半径をチェックする。 フィレットを削除して置き換え、より滑らかなブレンドにする。 サーフェスを延長、トリム、編みあわせする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
押し出し、回転、およびスイープ サーフェスを使用して、ジオメトリを作成します。 サーフェスをトリム、延長、編みあわせ、厚み付けすることで、薄厚のモデルを完成させます。 スケッチを押し出してサーフェスを作成する。 軸を中心にスケッチを回転してサーフェスを作成する。 スケッチまたは別のサーフェスをトリム ツールに使用して、サーフェスをトリムする。 パス方向に開いた輪郭をスイープしてサーフェスを作成する。 編みあわせサーフェスを使用して、複数のサーフェスを単一ボディに結合する。 サーフェス ボディを厚み付けしてソリッド ボディを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
サーフェス ツールを使用して、サーフェスが交わる部分に複合ブレンドを作成します。 このモジュールで使用するツールには、トリム サーフェス、ロフト サーフェス、フィル サーフェスが含まれます。 スケッチをトリム エンティティに使用してサーフェスをトリムする。 ロフト サーフェスを使用してサーフェス間にブレンドを作成する。 フィル サーフェス ツールを使用してサーフェスに完全に囲まれた領域を充填する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
いくつかのタイプの参照図面ビューを作成して、それぞれのビュー タイプ独自の特性を理解します。 参照図面ビューは、既存の図面ビューを参照して作成します。 既存の図面ビューを「フォールド オフ」して投影図を作成する。 選択したエッジに垂直にビューを投影して補助投影図を作成する。 部分拡大図を使用してビューの一部をスケールを拡大して表示する。 モデルの平面または平らな面を基準に図面ビューを作成する。 不要なエンティティをクロップするか非表示にして図面ビューの一部をフォーカスする。 分断したビューで既存の図面ビューを短縮する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
FloXpress で計算流体力学(CFD)を用いたファースト パス流体フロー解析を実行します。 FloXpress を使用するときの前提条件を理解する。 FloXpress のインターフェースを確認する。 ウォーク スルー
Lesson
7 月 前
ENG