スケッチ駆動パターン、テーブル駆動パターン、カーブ駆動パターン、フィル パターンを作成します。 これらのパターンでは、非線形または非円形の方向にフィーチャーのパターンを作成できます。 スケッチ点を使用してスケッチ駆動パターンを定義する。 テーブル駆動パターンの座標を指定する。 エンティティを変換してカーブ駆動パターンのスケッチを作成する。 フィルパターンを使用して境界内にフィーチャーを分散させる。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
1 つまたは複数のフィーチャー/ボディを参照平面または平坦な面に対してミラーして、インスタンスのコピーを作成します。 作成したコピーは、鏡の表示のように反転して、対称性が維持されます。 フィーチャーやボディのミラー パターンを作成する。 ジオメトリ パターン オプションで結果を制御する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の円形方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。円形方向は、シリンダー/円錐面、円/直線エッジ、中心線または軸に基づきます。 インスタンスの間隔は、さまざまな方法で制御できます。 既存のフィーチャーから円形パターンを作成する。 間隔と範囲を変える。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
1 つ以上の直線方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。 不要なインスタンスはパターンから除外できます。間隔とその他の寸法を変えることができます。 既存のフィーチャーから 2 方向の直線パターンを作成する。 パターンのインスタンスをスキップする。 パターン インスタンスのパラメーターを変える。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
穴ウィザード機能を使用して、ANSI、ISO、その他の国際標準に従って、標準サイズの穴を作成します。 穴のタイプ、サイズ、配置場所は、ユーザーが入力します。 穴ウィザードで穴を作成する。 ウィザードの穴のエレメントとオプションについて学ぶ。 同じフィーチャーに複数の穴を作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
既存のスケッチ エンティティをミラーするには、エンティティのミラー ツールを使用するか、対称関係を追加して行います。 あるいは、スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーできます。 以前に作成したスケッチ エンティティをミラーする。 スケッチの作成時にエンティティをダイナミックにミラーする。 スケッチ エンティティに対称関係を追加してエンティティをミラーする。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
グローバル変数により名前付きの値を宣言し、これに等しい寸法を設定することや、これを関係式で使用することができます。 関係式は、寸法値の定義や寸法の相互の関連付けができる数式です。 グローバル変数を作成する。 グローバル変数を使用して、フィレット フィーチャーの半径を等しく設定する。 関係式でグローバル変数を使用する。 関係式を使用して寸法値を制御する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 他のスケッチ エンティティとの近傍や交差をもとに、スケッチ エンティティをトリムします。 パワー、コーナー、最近、内部、外部のトリム オプションを使用して、スケッチ エンティティをトリムする。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
フィレットと面取りを作成して、スケッチのジオメトリを修正します。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りのサイズとオプションを設定する。 スケッチにフィレットと面取りを作成する。 スケッチ フィレットとスケッチ面取りの作成オプションを理解する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。 部品の基本図面を作成する。 標準を挿入する。 モデルから図面に寸法をインポートする。 寸法を修正する。 モデルと図面の間の関連性を示す。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
モデルのデフォルトの座標系を使用して 3D スケッチを作成し、スケッチ エンティティの向きを決めます。 関係と寸法を追加して、スケッチ エンティティのサイズを拘束します。 画面上のフィードバックを利用してスケッチする。 平面を使用して 3D スケッチ エンティティの向きを決める。 Tab キーを押すか、平面/平坦な面を使用して、スケッチ平面を変更する。 複数のビューポートを表示して、3D スケッチ エンティティを修正する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
構成部品をミラーすることで、反対向きの同一の部品またはサブアセンブリを作成します。ミラーする構成部品とコピーするだけの構成部品(ミラーしないファスナー)を指定します。ミラーした構成部品のジオメトリが変わり、真のミラー バージョン(「反対側」バージョン)」ができます。 アセンブリの平面を中心に構成部品をミラーする。 アセンブリにミラー バージョンの部品を作成する。 部品の反対側バージョンを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
モデルの面がスケッチ平面と交差するか、または相互に交差する 2D スケッチ/3D スケッチを作成します。 このスケッチを抜き勾配角度の決定に使用したり、曲率の評価やスイープのパスとして使用するなどできます。 選択した面がスケッチ平面と交差する 2D スケッチ エンティティを作成する。 選択した面が互いに交差する 3D スケッチ エンティティを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スケッチを別のスケッチに投影して、ウォーター ボトルのケージを表す曲線を作成します。 ウォーター ボトル全体の形状を表すスケッチを作成する。 スケッチを別のスケッチに投影して 3D 曲線を作成する。 3D 曲線をパスに使用してスイープ フィーチャーを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
徐変半径フィレットを作成して、選択した頂点とコントロール点に半径値を設定します。 また、半径をゼロに設定することで、フィレットを点に収束させることができます。 選択したエッジ沿いに半径が変わるフィレットを作成する。 頂点またはコントロール点で半径を変更する。 フィレットを点に収束させるゼロ半径フィレットを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを適用します。 オフセット フィレットにより、頂点できれいにブレンドするモデルを作成できます。 3 つ以上のエッジが合わさる頂点にオフセット フィレットを追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN