トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
Structure System is an advanced weldment environment that lets you create and modify structural members of different profiles in a single feature. Add primary members using sketches, points, edges, reference planes, and surfaces. Add secondary members using primary members and reference planes. Trim the structural members at their intersections.
Lesson
10 日間 前
ENG
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
構造レイアウトの端部にエンド キャップを追加して開口部を閉じます。 溶接部品ファイルにエンド キャップを作成する。 エンド キャップのオフセット値と形状を設定する。
Lesson
5 月 前
ENG
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
SOLIDWORKS PDM で Windows エクスプローラー インターフェースに BOM タイプを表示する方法を学びます。
Lesson
6 月 前
ENG
参照ジオメトリの一種であるグリッド システムを使用して、構造レイアウトのスケルトンを表す方法を学びます。 グリッド システムを使用して構造レイアウトの中心線を表す。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
カット リスト テーブルを使用して溶接モデルを詳細化し、モデルから図面ビューに溶接情報をインポートします。 カット リスト テーブルを追加して編集する。 モデルから図面ビューに溶接情報をインポートする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
構造レイアウトを作成して、既存のスケッチから溶接モデルのパイプを作成します。 隣接するレイアウトを正しくトリムして、曲げや溶接エルボを作成する方法を学びます。 既存のスケッチから溶接パイプを作成する。 パイプを正しくグループ化して、コーナーに適切なトリムを作成する。 特定のパイプのカット リスト プロパティを表示する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
トリム/延長(Trim/Extend)コマンドを使用して、溶接の短縮、延長、コーナー タイプの追加の方法を学びます。 溶接モデルの構造レイアウトをトリム/延長する。 トリムの選択を最適化して、再構築時間と干渉の問題を最小に抑える。 溶接モデルの 2 つのレイアウトが合わさる箇所にコーナー タイプを追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品にフィレット ビードと溶接ビードを作成します。両機能のメリットと違いについて学びます。 それぞれの溶接を使用する状況を理解します。 フィレット ビードと溶接ビードを作成する。 それぞれの機能のメリットとデメリット、使用する状況を理解する。 断続または千鳥形配列の溶接を使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
カット リストを作成して、ボディを溶接部品にまとめます。溶接構造の構成部品にユーザー定義プロパティを追加すると、プロパティがカット リストに表示されます。 アセンブリの BOM と同じように、カット リストにより溶接レイアウトの詳細を示します。 カット リストの作成と編集。 ユーザー定義プロパティの編集。 溶接部品のボディ材料の編集。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ部品を使用して、1 つの部品で板金と溶接フィーチャーを使用します。 板金部品にフィレットと溶接ビードを使用します。 溶接部品に板金拘束を作成する。 板金部品でフィレット ビードと溶接ビードを使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の溶接の試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の溶接の試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
1 年 前
ENG
マルチボディ板金部品のカット リスト プロパティを使用します。 個々の板金部品にユーザー定義プロパティを割り当てる。 板金部品にユーザー定義のカット リスト テーブルを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
溶接リブを追加することで、溶接モデルの強度と安定性を増します。 輪郭形状、厚みなど、溶接リブのオプションを理解する。 2 つの構造レイアウトの間に溶接リブを追加する。
Lesson
1 年 前
ENG