大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
5 月 前
ENG
このモジュールでは、Simulation のユーザー インターフェースと、単純な部品のセットアップ プロセスを紹介します。それからシミュレーションを実行して、結果を解析します。 Simulation のユーザー インターフェースについて学ぶ。 拘束、材料、荷重を適用する。 シミュレーションを実行して、モデルの応力と変位を解析する。
Lesson
5 月 前
ENG
他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリの問題を特定して診断します。 その上で、サーフェス ツールを使用して、損傷したジオメトリを修復します。 再構築の検証、インポート診断、チェック エンティティを使用して、モデルの問題を診断する。 インポート診断ツールを使用して不正面を修復する。 不正面を削除して、各種サーフェス ツールでジオメトリを再作成する。 曲率を表示して、曲率の最小半径をチェックする。 フィレットを削除して置き換え、より滑らかなブレンドにする。 サーフェスを延長、トリム、編みあわせする。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
部品のエッジが近すぎてフィレットを正しく作成できないときは、別のソリッド ボディを利用すると解決できる場合があります。 フィーチャーを別々のソリッド ボディに分ける。 それぞれのボディにフィレットを適用する。 結合コマンドを使用して再びボディを結合する。 部品に追加のフィレットを適用してモデルを完成させる。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
干渉認識ツールを使用して、アセンブリの部品間のオーバーラップを検出します。 クリアランス検証ツールを使用して、部品間のクリアランスも検出できます。 干渉認識ツールを使用して、アセンブリ構成部品間の干渉を検出する。 干渉認識ツールで使用できるオプションを確認する。 クリアランス検証ツールを使用して、アセンブリ構成部品間のクリアランスを検出する。 クリアランス検証ツールで使用できるオプションを確認する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
SOLIDWORKS ユーザー インターフェース(UI)は、よく使うツールを表示することで、必要に応じてカスタマイズができます。 ツールバーや CommandManager の表示位置を変えることや、自分用のキーボード ショートカット/マウス ジェスチャーを追加することができます。 CommandManager のタブの表示/非表示を切り替える。 ツールバーとパネルのドッキングと解除方法を学ぶ。 ツールバーにコマンドを追加する。 キーボート ショートカットを追加する。 マウス ジェスチャーをカスタマイズする。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
グローバル変数により名前付きの値を宣言し、これに等しい寸法を設定することや、これを関係式で使用することができます。 関係式は、寸法値の定義や寸法の相互の関連付けができる数式です。 グローバル変数を作成する。 グローバル変数を使用して、フィレット フィーチャーの半径を等しく設定する。 関係式でグローバル変数を使用する。 関係式を使用して寸法値を制御する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
合致コマンドで複数合致モードを使用することで、1 つの共通の参照に対して複数の合致関係を簡単に作成できます。 複数合致モードを使用して、共通の参照に複数の合致を作成する。 合致の整列を切り替える。 合致フィーチャーを編集するさまざまな方法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品設計から完成したキャストの納品までを効率よく進めるモデリング手法を学びます。 部品の生産ツールを設計して、オートバイのギア ケースを作成する。 ギア ケースのコア(負のスペース)の設計から開始する。 別個のソリッド ボディとしてギア ケースのパターン(外側の面)を設計する。 ツール ボディを新しい部品ファイルに保存する。 ソリッド ボディを結合し、パターンからコアを除去する。 加工フィーチャーを適用してモデルを完成させる。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
モデルが対称であることを検証します。 シミュレーション解析のために部品を最小の対称ボディに分割するときに便利な機能です。 モデルの対称性を評価。 対称チェック ツールのオプションと結果について理解する。 シミュレーション解析で使用するために部品を最小の対称ボディに分割する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
SolidWorks のユーティリティで作成した既存レポートの検索、管理と表示。 レポートをブリーフケースにエクスポート/レポートの削除。 SolidWorks ユーティリティ レポートの検索、管理と表示。 レポートのエクスポートと削除。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
特定タイプのフィーチャーやエレメントを選択して、一度に操作できるようにします。 外観の変更、抑制の変更などの操作が行えます。 フィーチャー タイプによる一括選択。 パワー選択ツールのオプションと検索条件を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
シャープ エッジ、裂片面、非接続ジオメトリなどをチェックします。 これにより、最終的な設計を決める前に、これらの問題を修正することができます。 モデルの微小ジオメトリ、裂片面、シャープ エッジ、非連続ジオメトリのチェック。 検索条件を設定します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
選択条件に基づきフィーチャーを指定、識別して位置を特定することで、すべてのフィーチャーを変更できるようにします。フィーチャーを抑制してモデルを単純化することや、単純化したコンフィギュレーションを作成することができます。 指定の条件をもとにフィーチャーを特定、識別する。 選択したフィーチャーを一度の操作で変更する。 単純化したコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存の寸法やユーザー定義プロパティにリンクしたテキストを含む注記を作成します。 注記を寸法へリンクする。 図面のタイトル ブロックを編集して、モデルのプロパティにリンクした注記を追加する。 図面のプロパティ情報を追加して、タイトル ブロックに入力する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリ モデルの操作で使用する図面ビュー コマンドを使用します。部分断面、代替位置ビュー、分解図などのコマンドがあります。 アセンブリ構成を表す図面ビューのプロパティを使用する。 部分断面図を作成して、アセンブリの内部構成部品を表示する。 既存のコンフィギュレーションや新しいコンフィギュレーションを使用して、代替位置ビューを作成する。 分解したアセンブリ図面ビューを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリ エンベロープを基準にした位置をもとに構成部品を選択し、選択した構成部品を非表示、抑制または削除します。 アセンブリ エンベロープは、部品表や質量特性の計算で無視される基準構成部品として使用します。 構成部品をアセンブリ エンベロープに変換する。 アセンブリ エンベロープを基準にした位置をもとに構成部品を選択する。 アセンブリ エンベロープを使用して選択した構成部品を表示/非表示にする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
SpeedPak コンフィギュレーションを使用すると、ファイル参照を失うことなくアセンブリを簡略化して、大きなアセンブリのパフォーマンスを向上できます。 SpeedPak コンフィギュレーションを作成する。 上位レベルのアセンブリで SpeedPak コンフィギュレーションを使用する。 SpeedPak コンフィギュレーションを使用するメリットと制限を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
定義アセンブリの構成部品やフィーチャーを選択して、スマート構成部品を作成します。 アセンブリにスマート構成部品を挿入して構成部品を追加し、フィーチャーを作成します。 定義アセンブリにスマート構成部品を作成する。 アセンブリにスマート構成部品を挿入して構成部品とフィーチャーを作成する。 スマート構成部品のフィーチャーに対する基準面を選択する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
センサーを定義することで、モデルの特定のプロパティを監視し、値が指定範囲外の場合に警告をします。 センサーを追加してプロパティ値を監視する。 プロパティ値が許容される制限を超えたことを知らせる警告を設定する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドは、既存の構成部品を合致と一緒にコピーします。 新しい合致に新しい参照を選択して配置の修正が可能です。 合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドを使用して、合致と一緒に構成部品の新しいインスタンスを作成する。 コピーした合致の合致参照を繰り返し使用する状況を理解する。 コピーした合致で新しい合致参照が必要になる状況を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スマート合致を使用することで、アセンブリに構成部品を追加するときや、既存の構成部品を合致するときに合致を自動で作成できます。 スマート合致に指定されたジオメトリをもとに、異なる合致関係を作成できます。 構成部品をアセンブリに追加するときに合致を自動で作成する。 スマート合致を使用して既存の構成部品を合致させる。 円形エッジのスマート合致を使用して、同時に複数の合致を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN