SOLIDWORKS Treehouse にアセンブリをインポートして、変更を加える方法を学習します。 アセンブリの構成部品のユーザー定義の特性、数量、抑制状態を編集する。 SOLIDWORKS Treehouse でアセンブリにサブアセンブリと部品を追加する。 SOLIDWORKS でアセンブリを開き、SOLIDWORKS Treehouse で行った変更を確認する。
Lesson
1 年 前
ENG
モデルのデフォルトの座標系を使用して 3D スケッチを作成し、スケッチ エンティティの向きを決めます。 関係と寸法を追加して、スケッチ エンティティのサイズを拘束します。 画面上のフィードバックを利用してスケッチする。 平面を使用して 3D スケッチ エンティティの向きを決める。 Tab キーを押すか、平面/平坦な面を使用して、スケッチ平面を変更する。 複数のビューポートを表示して、3D スケッチ エンティティを修正する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
マルチボディ板金部品のカット リスト プロパティを使用します。 個々の板金部品にユーザー定義プロパティを割り当てる。 板金部品にユーザー定義のカット リスト テーブルを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
距離合致、角度合致、制限合致の値を変更する。 図面テーブルの仕様に従い、距離合致と角度合致を追加する。 作成した距離合致と角度合致の値を編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
押し出しフィーチャーのさまざまな押し出し状態のオプションについて学びます。 スケッチからの距離で定義される押し出し状態を確認する(ブラインド、全貫通、中間面)。 既存の 3D ジオメトリで定義される押し出し状態を確認する(次のサーフェスまで、頂点指定、端サーフェス指定、オフセット開始サーフェス指定、次のボディまで)。 選択した押し出し状態に基づくジオメトリの違いを確認する。
Lesson
7 月 前
ENG
バルーンを作成して、部品表テーブルのアイテムを図面ビューの対応するアイテムに関連付けます。 バルーン、自動バルーン、積重ねバルーン ツールを使用して、図面にバルーンを作成する。 マグネット ラインを使用してバルーンを整列する。
Lesson
1 年 前
ENG
合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドは、既存の構成部品を合致と一緒にコピーします。 新しい合致に新しい参照を選択して配置の修正が可能です。 合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドを使用して、合致と一緒に構成部品の新しいインスタンスを作成する。 コピーした合致の合致参照を繰り返し使用する状況を理解する。 コピーした合致で新しい合致参照が必要になる状況を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
参照ジオメトリの一種であるグリッド システムを使用して、構造レイアウトのスケルトンを表す方法を学びます。 グリッド システムを使用して構造レイアウトの中心線を表す。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリでグローバル変数と関係式を使用して、構成部品の寸法や合致の値を制御します。 寸法名を設定する。 グローバル変数を定義します。 関係式を追加して、構成部品の寸法値を別の構成部品の値にリンクする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
オリジナルのスケッチを何度か使用できるように、スケッチをコピーして参照します。 コピーしたスケッチはオリジナルと関係ありませんが、参照スケッチは、オリジナルのスケッチで変更があると更新されます。 オリジナルのスケッチと同じ形状を維持する参照スケッチを作成する。 スケッチをコピーする。 スケッチの位置と寸法を修正する。 3 つの輪郭スケッチを通るロフトを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マネージャーや設計者が利用できるアセンブリ構造計画ツールの SOLIDWORKS Treehouse のインターフェースを確認します。 ユーザー インターフェースを確認して、SOLIDWORKS Treehouse の使用法を学ぶ。 部品や図面を含む新規アセンブリの構造を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、Windows エクスプローラー インターフェースでのボルトのナビゲーション方法を紹介します。 SOLIDWORKS EPDM ツールを見つける。 ボルトからファイルを開く。
Lesson
7 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
ボディの移動/コピー ツールを使用して、部品ファイルのソリッド ボディを移動/回転します。 部品を別の部品にソリッド ボディとして挿入する。 ソリッド ボディを複数回コピーする。 コピーしたボディのインスタンスを移動する。 ソリッド ボディを単一のソリッド ボディに結合する。
Lesson
1 年 前
ENG
外部参照を使用して、アセンブリの部品間に参照を作成します。 コンテキスト内とコンテキスト外の外部参照の違いを理解する。 外部参照をロック、ロック解除、中断して、設計変更の伝播を止める。
Lesson
1 年 前
ENG
アセンブリの分解図を作成することで、構成部品を詳細に表示するのに役立ちます。 アセンブリで分解図を作成する方法を学ぶ。 分解図(Exploded View)コマンドのオプションを使用して、単一/複数の構成部品を分解する。 サブアセンブリの分解オプションを理解する。 チェーン ステップの分解で複数の構成部品の間隔を自動で設定する。 分解ステップをアニメーション表示する方法を学ぶ。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
関係式を使用して、部品表テーブルの値を計算します。 IF、AVERAGE、COUNT などの各種関数を使用してデータを計算する。 単価と数量をかけてコスト合計を計算する。 アセンブリのすべての構成部品のコスト合計を求める。
Lesson
1 年 前
ENG