アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
アセンブリ モデルの操作で使用する図面ビュー コマンドを使用します。部分断面、代替位置ビュー、分解図などのコマンドがあります。 アセンブリ構成を表す図面ビューのプロパティを使用する。 部分断面図を作成して、アセンブリの内部構成部品を表示する。 既存のコンフィギュレーションや新しいコンフィギュレーションを使用して、代替位置ビューを作成する。 分解したアセンブリ図面ビューを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
よく使用する構成部品の合致エンティティと合致タイプを定義します。 アセンブリに構成部品を追加するときに、いくつかの合致が自動で追加されます。 よく使用する構成部品の合致エンティティと合致タイプを定義する。 合致参照を含む構成部品をアセンブリに追加する。 構成部品のコンフィギュレーションを選択してアセンブリにドラッグする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ボトルの中の液体を表す交差フィーチャーを作成します。 それから、質量特性ツールを使用して、作成したフィーチャーの体積を求めます。 ボトルの液体を表すコンフィギュレーションを作成する。 ボトルの充填レベルを表す参照平面を作成します。 交差フィーチャーを使用してボトルの中の液体をモデル化する。 質量特性を使用してソリッド ボディの体積を求める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品でコンフィギュレーションを修正します。 フィーチャーの抑制状態を変更して、特定のコンフィギュレーションで寸法を調整する。 部品の質量特性を取得する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品でコンフィギュレーションを確認、追加して修正します。 サンプル試験に含まれるコンフィギュレーションを修正する。 部品の質量特性を取得する。
Lesson
1 年 前
ENG