スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチの輪郭を定義する。 押し出しフィーチャーのオプションを理解する。 押し出しボスで材料を追加し、押し出しカットで材料を除去する。
Lesson
4 月 前
ENG
割引やクーポンを引きかえて認定試験を受験できます。 SOLIDWORKS 認定センターの割引を利用、またはテスト ソフトウェアで試験にアクセスする。 割引をチームの他のメンバーに適用する。
Lesson
6 月 前
ENG
SOLIDWORKS 認定試験を受けるのに利用できるテスト ソフトウェアをインストールして使用します。 Tester Pro Client ソフトウェアをダウンロードする。 ユーザー インターフェースと受験の重要なポイントを確認する。
Lesson
6 月 前
ENG
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
FloXpress で計算流体力学(CFD)を用いたファースト パス流体フロー解析を実行します。 FloXpress を使用するときの前提条件を理解する。 FloXpress のインターフェースを確認する。 ウォーク スルー
Lesson
7 月 前
ENG
CSWA 試験のアセンブリ モデリングのパートを確認します。 構成部品の挿入や合致の追加によりアセンブリを作成する方法をサンプルの CSWA 試験で復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
7 月 前
ENG
CSWA 試験の部品モデリングのパートを確認します。 サンプルの CSWA 試験で部品のモデリングに使用した方法を復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
7 月 前
ENG
平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
既存の部品をアセンブリに追加し、方向を変えてアセンブリを作成します。 合致を追加して構成部品を接続します。 部品から新規アセンブリを作成する。 アセンブリの FeatureManager デザイン ツリーの概要。 アセンブリに構成部品を挿入する。 構成部品を移動/回転する。 構成部品の間に合致を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
SOLIDWORKS ユーザー インターフェース(UI)は、よく使うツールを表示することで、必要に応じてカスタマイズができます。 ツールバーや CommandManager の表示位置を変えることや、自分用のキーボード ショートカット/マウス ジェスチャーを追加することができます。 CommandManager のタブの表示/非表示を切り替える。 ツールバーとパネルのドッキングと解除方法を学ぶ。 ツールバーにコマンドを追加する。 キーボート ショートカットを追加する。 マウス ジェスチャーをカスタマイズする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
穴ウィザード機能を使用して、ANSI、ISO、その他の国際標準に従って、標準サイズの穴を作成します。 穴のタイプ、サイズ、配置場所は、ユーザーが入力します。 穴ウィザードで穴を作成する。 ウィザードの穴のエレメントとオプションについて学ぶ。 同じフィーチャーに複数の穴を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の参照とソリッド ジオメトリを使用して、任意の方向に参照平面を作成します。 参照平面をスケッチに使用することや、他のフィーチャーの参照として使用することができます。 異なる参照を選択して、さまざまな方向に参照平面を作成する。 1 つ以上のジオメトリ参照から参照平面を作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 他のスケッチ エンティティとの近傍や交差をもとに、スケッチ エンティティをトリムします。 パワー、コーナー、最近、内部、外部のトリム オプションを使用して、スケッチ エンティティをトリムする。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。 部品の基本図面を作成する。 標準を挿入する。 モデルから図面に寸法をインポートする。 寸法を修正する。 モデルと図面の間の関連性を示す。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
Automate the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based, parametric model. Open an imported data file in SOLIDWORKS. Use the Import Diagnostics tool to repair imported geometry. View the FeatureWorks options. Use the Automatic feature Recognition Mode. Map the features to the part model. Guide the Automatic Recognition Mode for the best results.
Lesson
7 月 前
ENG
解析結果をもとに、安全率、最大応力または最大変位の値を許容できる値に最適化します。要件に対応するように、範囲内で寸法を変更して試します。 安全率に適合するか、超過するかによって、設計の無駄をなくすか、材料コストを減らします。 デザインの最適化により安全率を達成する。 内蔵の自動化機能を使用して、モデルを最適化する。 シミュレーションを実行する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
メッシュ密度を調整して、シミュレーションの精度を調整します。シミュレーションを実行する。SimulationXpress ウィザードを使用して、シミュレーションにおける応力、変位、変形、および安全率などの結果を表示します。 eDrawings ファイルまたは Word 文書を作成して保存します。ともに、シミュレーションの結果が表示されます。 シミュレーションのメッシュを調整する。 シミュレーションを実行する。 シミュレーションの結果を解釈する。 結果を含む eDrawings ファイルまたは Microsoft Word 文書を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN