トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
Product/Role:
並べ替え:
バージョン:
並べ替え:
カテゴリ:
並べ替え:
クリップを使用したルートの作成について学びます。 既存のクリップを使用してルートのガイドにし、新しいルートの作成時に新しいクリップを追加します。 アセンブリの既存のクリップを使用してルートのガイドにする。 新しいルートの作成時にデザイン ライブラリから新しいクリップを追加する。 キーボード ショートカットを使用して、クリップの位置と向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加します。J ジョイントにジオメトリを作成して、インライン管継手の向きを決めます。 ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加する。 接触点に 3D ジオメトリを作成する。 3D ジオメトリを使用してインライン管継手の向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存のルートに径違いの T 字継手を追加し、キーボード ショートカットとトライアドを使用して向きを決めます。 自動ルート ツールを使用して、追加フィーチャーから作成したパイプを接続します。 既存のルートにインライン管継手を追加する。 キーボード ショートカットとトライアドを使用して、インライン管継手の向きを決めて配置する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
自動ルートが使用できない場合に、角度付きのガイド、直線、エルボ、マージ コマンドを使用して 3D スケッチのルートを手動で作成します。 角度付きのガイド、直線、エルボ、マージ コマンドを使用して 3D スケッチを作成する。 3D スケッチを使用してルートを手動で作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルート構成部品ウィザードを使用して、パイプの継手を作成します。 ルート構成部品ウィザードで管継手を作成する。 C 点/R 点を選択して作成する。 設計テーブルを使用して管継手を構成する。 作成した管継手をデザイン ライブラリに保存する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
Routing Library Manager を使用して、ユーザー定義のルート仕様テンプレートを作成、使用します。 配管セグメントのサイズとスケジュールを指定する。 配管と管材データベースからパイプとエルボを選択する。 ルート仕様テンプレートを使用してルート構成部品を挿入する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN