トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
Product/Role:
並べ替え:
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
3D スケッチを使用してルートのジオメトリを変更します。スケッチのジオメトリを削除、トリム、追加して、ルートを編集します。既存の管継手を削除して、代わりを追加する。 既存のルートを編集する。 既存の管継手を削除する。 代わりの管継手を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
クリップを使用したルートの作成について学びます。 既存のクリップを使用してルートのガイドにし、新しいルートの作成時に新しいクリップを追加します。 アセンブリの既存のクリップを使用してルートのガイドにする。 新しいルートの作成時にデザイン ライブラリから新しいクリップを追加する。 キーボード ショートカットを使用して、クリップの位置と向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルートの展開や詳細設定機能により、3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成できます。注釈スタイルと製造スタイルの 2 とおりの方法があります。 このモジュール レッスンでは、製造スタイルについて説明します。 展開した配線ルートの曲率と向きを調整する。 配線ルートを展開する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
2D 図面で使用するための展開した注釈によるルートを作成します。 ルートに関連する情報を表示する各種テーブルを挿入して編集します。 注釈スタイルの図面と製造スタイルの図面の違いを区別する。 展開ルート ツールを使用して、展開ルートと図面を作成する。 図面の電気 BOM、カット リスト、コネクタ テーブル、自動バルーンを挿入、編集して調整する。 展開したルートを編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
2 つの電気コンセント ボックスを接続するリジッドな導管と配線ルートを作成します。 導管の中心線が電気導管のルートを定義することを理解する。 電気ルーティング構成部品は接続点を含むハイブリッド構成部品を必要とすることを理解する。 自動ルート機能を使用して分解ラインを作成する。 既存のルートを編集して目的の構成部品を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
電気ルーティング構成部品をアセンブリにドラッグ アンド ドロップして、電気配線を開始するプロセスを学習します。 自動ルート機能を使用して、構成部品を接続します。 「ドラッグ/ドロップして開始(Start By Drag/Drop)」コマンドを使用してワイヤールートを作図する。 「自動ルート」モードでスタブ線の終端の間にルートを作成する。 「ワイヤ編集(Edit Wires)」コマンドを使用して、ルートにエレクトリカル属性を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ライブラリから直交するチューブと標準の管継手を使用して、既存の構成部品を接続します。 自動ルート機能を使用して、ルートを自動作成します。 標準の管継手をアセンブリに追加する。 フィーチャー間に直交するルートを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリの既存の構成部品の間にフレキシブル チューブのルートを作成します。チューブ クリップと円筒のエンベロープに応じてチューブのルートを編集します。 エラーがある場合は、ルート修復(Repair Route)コマンドとスプラインの再ルート(Re-route Spline)オプションを使用して解決します フレキシブル チューブ ルートを作成する。 チューブ クリップとエンベロープを使用してルートを編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
配管図面と標準図面ツールを使用して、正投影図の配管図面、部品表、部分拡大図、およびアノテート アイテムを作成します。 アノテート アイテムと寸法を図面に追加する。 配管図面を作成する。 部品表を図面に追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
パイプのジオメトリを(中心線または外側のサーフェス)を基準に配管ルートを編集します。 カバーもパイプに追加できます。 既存のサーフェスを基準にルートを作成する。 パイプにカバーを追加する。 パイプ(中心線または外側のサーフェス)を基準に寸法の割り当て位置を変更する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加します。J ジョイントにジオメトリを作成して、インライン管継手の向きを決めます。 ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加する。 接触点に 3D ジオメトリを作成する。 3D ジオメトリを使用してインライン管継手の向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存のルートに径違いの T 字継手を追加し、キーボード ショートカットとトライアドを使用して向きを決めます。 自動ルート ツールを使用して、追加フィーチャーから作成したパイプを接続します。 既存のルートにインライン管継手を追加する。 キーボード ショートカットとトライアドを使用して、インライン管継手の向きを決めて配置する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
自動ルートが使用できない場合に、角度付きのガイド、直線、エルボ、マージ コマンドを使用して 3D スケッチのルートを手動で作成します。 角度付きのガイド、直線、エルボ、マージ コマンドを使用して 3D スケッチを作成する。 3D スケッチを使用してルートを手動で作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
接続間に自動で配管ルートを作成します。複数の可能なルートから 1 つを選びます。 モデル ジオメトリ周囲のルートや、参照ジオメトリを通過するルートを指定できます。 フランジのドラッグ アンド ドロップ。 新しい配管ルートの作成。 自動ルートを使用したルート ジオメトリの作成。 ルートの複数解の表示。 ルートの解の評価。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルート構成部品ウィザードを使用して、パイプの継手を作成します。 ルート構成部品ウィザードで管継手を作成する。 C 点/R 点を選択して作成する。 設計テーブルを使用して管継手を構成する。 作成した管継手をデザイン ライブラリに保存する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
Routing Library Manager を使用して、ユーザー定義のルート仕様テンプレートを作成、使用します。 配管セグメントのサイズとスケジュールを指定する。 配管と管材データベースからパイプとエルボを選択する。 ルート仕様テンプレートを使用してルート構成部品を挿入する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存のルーティング アセンブリ テンプレートを使用して、ユーザー定義のルーティング アセンブリ テンプレートを作成、編集して保存します。 ユーザー定義のルーティング アセンブリ テンプレートを作成して保存する。 異なるドラフト標準、単位、その他ドキュメント プロパティをデフォルトに指定して、ユーザー定義テンプレートで新規ルートを作成するときに使用できるようにする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN