スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチの輪郭を定義する。 押し出しフィーチャーのオプションを理解する。 押し出しボスで材料を追加し、押し出しカットで材料を除去する。
Lesson
3 月 前
ENG
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
3 月 前
ENG
SOLIDWORKS Visualize へのインポート プロセスを理解することは、作業を効率化するために不可欠です。このプロセスは、インポートの設定と、元の CAD ファイルの構成の両方から制御できます。 Visualize プロジェクトをさまざまなワークフロー用にセットアップするためによく使われる 2 つのインポート設定を学習します。1 つは、モデルを速く簡単に使用するための設定で、もう 1 つは、モデルのグループ化によりライブ アップデートと柔軟性向上を実現するための設定です。 CAD ファイルを必要な Visualize のエクスペリエンスに合わせて最適に準備する方法を学習する。 適切なインポート設定を選択することで効率よく Visualize にモデルをインポートする方法を理解する。 CAD Live-Update を利用してシームレスな設計プロセスを実現する。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
SOLIDWORKS 認定試験を受けるのに利用できるテスト ソフトウェアをインストールして使用します。 Tester Pro Client ソフトウェアをダウンロードする。 ユーザー インターフェースと受験の重要なポイントを確認する。
Lesson
5 月 前
ENG
機械的な合致の 6 つのタイプをそれぞれ追加して、メカニズム設計における構成部品の自由度を制御します。 カム フォロワー合致で円筒、平面、または点を接する面に合致させる。 ヒンジ合致で 2 つの構成部品間の回転移動を制限する。 ラック ピニオン合致による構成部品の線形移動で別の構成部品を回転させる。 スクリュー合致で構成部品の回転と別の構成部品の移動にピッチ関係を追加する。 ギア合致またはユニバーサル ジョイント合致で 2 つの構成部品を互いに相対的に回転させる。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
一連のレイアウト スケッチから溶接フレームを作成します。溶接環境では、標準の溶接輪郭を使用して、溶接における構造レイアウトのタイプを定義します。 同じタイプとサイズのレイアウトが 1 つのフィーチャーに作成されます。 溶接フレームの作成。 構造レイアウトの挿入。 輪郭スケッチの再配置。 コーナー トリートメントの変更。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
構造レイアウトの端部にエンド キャップを追加して開口部を閉じます。 溶接部品ファイルにエンド キャップを作成する。 エンド キャップのオフセット値と形状を設定する。
Lesson
5 月 前
ENG
新しい外観の作成、調整、追加を、ゼロから、あるいは Visualize Cloud Library から取り出して簡単に行う方法を学習しましょう。 既存の外観を速く簡単に変更する。 新しい外観を作成して適用する。 Visualize Cloud Library を探索して、プロレベルのアセットをプロジェクトに追加する。 外観の適用をスピードアップする、Shift キーを押しながらのショートカットクリックを学習する。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
板金ボディの平らな箇所にスケッチした直線を使用して、板金部品を折り曲げます。 別々のスケッチを使用して、2 つの箇所で板金部品を折り曲げる。 ベンド ラインをスケッチする。
Lesson
5 月 前
ENG
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
SimulationXpress を使用して荷重(力や圧力)のかかる状況で部品の変形を判別する、部品の応力解析について学習します。 SimulationXpress の前提条件と制約を理解する。 部品に行う応力解析を学ぶ。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
基本的な整列断面図、オフセット断面図、部分断面図、半断面図を作成します。これには、スコープと拡張プロパティが含まれます。 図面に複数のタイプの断面図を追加する。 断面図のプロパティを定義する。 断面図を修正する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
SOLIDWORKS Simulation 製品について、すべてのモジュールを学習します。 SOLIDWORKS Flow を使用して熱伝導と流体フローを解析する。 Sustainability を使用して設計の環境に与える影響を軽減する。 SOLIDWORKS Simulation を使用した応力/ひずみ解析を学ぶ。 SOLIDWORKS Motion を使用してリジッド ボディ ダイナミクスを解析する。 SOLIDWORKS Plastics を使用したプラスチック射出パーツのフィル パターンを見る。
Lesson
5 月 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験で、アセンブリにサブアセンブリを作成して挿入します。 構成部品をダウンロードしてサブアセンブリに挿入し、合致を作成する。 サブアセンブリをリジッドからフレキシブルに変更して、構成部品を移動する。
Lesson
5 月 前
ENG
分解図は SOLIDWORKS Composer で作成できます。アセンブリで使用されているすべての構成部品を表示しようとする場合や、アセンブリの組み立て、分解、修復方法を示す場合に非常に役立ちます。分解図は他の目的、たとえば設計をマーケティング チームが披露するような場合にも使用できます。 このレッスンでは、アセンブリの各部品にラベルを追加することによって、分解図と個々の構成部品の詳細設定について説明します。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
ITA
CHS
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品を作成する方法を学びます。 設計意図を適用して、モデル作成の方法を決める。 寸法にリンクしたグローバル変数を使用する。
Lesson
5 月 前
ENG
モデル内部のカット フィーチャーが設計で最も重要である場合のアプローチとして、部品の負のスペースを表すソリッド フィーチャーを作成する方法があります。 負のスペースができたら、結合コマンドを使用して、別のソリッド ボディからボリュームを除去します。 マニフォールドの内部スペースを表すソリッド ジオメトリを使用して、部品の負のスペースを作成する。 マニフォールドのメインボディとして、ジオメトリ周囲に別のソリッド ボディを作成する。 除去操作を行って、部品のソリッド ボディを結合する。
Lesson
5 月 前
ENG
JPN
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
5 月 前
ENG
グループの作成、部品の分割、プレビュー オプションの使用方法、および SOLIDWORKS Visualize Professional のユーザー向けに、プロジェクトに “Baked Lighting” を追加する方法を確認します。 シーン ツリーは、モデル(Models)タブにリストされ、3D データを保持し、プロジェクトの整理に役立ちます。 モデル(Models)タブで使用できるすべてのオプションと機能を確認する。 モデルを部品とグループに整理し、複雑なアニメーションの作成を大幅に簡単にする方法を学習する。 使いやすい部品分割(Part Splitter)ツールを使用して、Visualize 内で部品を直接抽出し、個別の外観を適用する。 リアルタイム プレゼンテーション用の Baked Lighting の利点を理解する。
Lesson
5 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT