SOLIDWORKS Treehouse にアセンブリをインポートして、変更を加える方法を学習します。 アセンブリの構成部品のユーザー定義の特性、数量、抑制状態を編集する。 SOLIDWORKS Treehouse でアセンブリにサブアセンブリと部品を追加する。 SOLIDWORKS でアセンブリを開き、SOLIDWORKS Treehouse で行った変更を確認する。
Lesson
2 年 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験のアセンブリで、構成部品を別の構成部品に置き換えます。 アセンブリの構成部品のインスタンスを新しい部品に置き換える。 置き換えられた構成部品に合致を再接続する。
Lesson
2 年 前
ENG
ライブラリから直交するチューブと標準の管継手を使用して、既存の構成部品を接続します。 自動ルート機能を使用して、ルートを自動作成します。 標準の管継手をアセンブリに追加する。 フィーチャー間に直交するルートを作成する。
Lesson
2 年 前
ENG
JPN
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験のアセンブリで、干渉する構成部品を見つけ、合致を調整してアセンブリを修復します。 基準座標系に対するアセンブリの重心を探す。 新しい構成部品を挿入して合致を作成する。 干渉検出ツールを使用して、構成部品間の干渉を見つける。
Lesson
1 年 前
ENG
アセンブリの構成部品を示すために、部品表(BOM)テーブルを使用します。部品表はさまざまな方法で変更でき、新しいテーブル テンプレートを作成してカスタマイズした内容を保存できます。 表形式の部品表には、同じテーブル内の複数のコンフィギュレーションに関する情報をリストできます。 アセンブリの部品表を作成する。 部品表テーブルを編集し、列を追加して順序変更する。 部品表をテンプレートとして保存する。 表形式の部品表を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
配管を開始し、ルート サブアセンブリを構成して、ルートの構成部品を保存する方法を学習します。 Routing アドインの有効化。 配管、チューブ、および電気メニューを見つける。 ルート サブアセンブリを理解する。 Routing Library の構成部品を確認する。 Routing Library Manager を使用して設定を読み込む。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験で、アセンブリにサブアセンブリを作成して挿入します。 構成部品をダウンロードしてサブアセンブリに挿入し、合致を作成する。 サブアセンブリをリジッドからフレキシブルに変更して、構成部品を移動する。
Lesson
1 年 前
ENG
アセンブリのコンテキストで定義されたスイープ フィーチャーを使用してスプリングを作成します。 それから、MotionManager でリニア モーターを追加して、スプリングをアニメーション表示します。 アニメーションを作成します。 コンテキスト内のスイープを使用したスプリングのモデル。 リニア モーターを追加してスプリングを伸び縮み。 アニメーションへのリビルド エラーの影響を理解する。 データをダウンロードする場合は、言語を英語(English)に変更してダウンロードしてください。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ブロックによりスケッチ エンティティと寸法をグループにして、スケッチ内で一緒に移動できます。 レイアウト スケッチと一緒に、アセンブリ スケッチからフルアセンブリに直接移ることができます。 ブロックの作成、編集と保存 ブロックを使用してアセンブリのレイアウト スケッチを作成する。 既存のブロックをもとにアセンブリ構成部品を作成する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
構成部品をミラーすることで、反対向きの同一の部品またはサブアセンブリを作成します。ミラーする構成部品とコピーするだけの構成部品(ミラーしないファスナー)を指定します。ミラーした構成部品のジオメトリが変わり、真のミラー バージョン(「反対側」バージョン)」ができます。 アセンブリの平面を中心に構成部品をミラーする。 アセンブリにミラー バージョンの部品を作成する。 部品の反対側バージョンを作成する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。他の構成部品への参照を使用し、デザインを完成させます。 新しい部品の設計意図(アセンブリ内のフィーチャーのサイズ、構成部品の配置など)は、アセンブリの別の構成部品のものを使用します。 トップダウンのアセンブリ モデリング手法により、アセンブリのコンテキストで仮想パーツを作成する。 合致部品のジオメトリを参照して、アセンブリのコンテキストでフィーチャーを作成する。 相対固定と外部参照について理解する。 FeatureManager デザイン ツリーで外部参照を見つける。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
接続間に自動で配管ルートを作成します。複数の可能なルートから 1 つを選びます。 モデル ジオメトリ周囲のルートや、参照ジオメトリを通過するルートを指定できます。 フランジのドラッグ アンド ドロップ。 新しい配管ルートの作成。 自動ルートを使用したルート ジオメトリの作成。 ルートの複数解の表示。 ルートの解の評価。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
パイプのジオメトリを(中心線または外側のサーフェス)を基準に配管ルートを編集します。 カバーもパイプに追加できます。 既存のサーフェスを基準にルートを作成する。 パイプにカバーを追加する。 パイプ(中心線または外側のサーフェス)を基準に寸法の割り当て位置を変更する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
3D スケッチを使用してルートのジオメトリを変更します。スケッチのジオメトリを削除、トリム、追加して、ルートを編集します。既存の管継手を削除して、代わりを追加する。 既存のルートを編集する。 既存の管継手を削除する。 代わりの管継手を追加する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
アセンブリの既存の構成部品の間にフレキシブル チューブのルートを作成します。チューブ クリップと円筒のエンベロープに応じてチューブのルートを編集します。 エラーがある場合は、ルート修復(Repair Route)コマンドとスプラインの再ルート(Re-route Spline)オプションを使用して解決します フレキシブル チューブ ルートを作成する。 チューブ クリップとエンベロープを使用してルートを編集する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
マネージャーや設計者が利用できるアセンブリ構造計画ツールの SOLIDWORKS Treehouse のインターフェースを確認します。 ユーザー インターフェースを確認して、SOLIDWORKS Treehouse の使用法を学ぶ。 部品や図面を含む新規アセンブリの構造を作成する。
Lesson
10 月 前
ENG
SOLIDWORKS におけるアニメーション作成の基本概念を学習します。 アニメーション ウィザードと MotionManager を使用して、アセンブリを回転、分解、分解解除するアニメーションを作成します。 アニメーションを作成します。 MotionManager パネルの詳細。 アニメーション ウィザードを使用して、アセンブリを回転、分解、分解解除する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
リールのケーブルを別のケーブルに巻き取る様子をアニメーションにします。らせん、参照平面、スイープを使用して、ケーブルのモデルを作成します。 関係式を定義して形状を修正し、ケーブルの巻き取りをシミュレートします。 アニメーションを作成します。 らせん、参照平面、スイープ フィーチャーを使用して、ケーブルのモデルを作成します。 関係式の定義による形状の修正。 MotionManager を使用して、時間とともに合致の値を変更する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
選択ツールを使用して、アセンブリの 1 つ以上の構成部品を選択します。 選択ツールにより、似たプロパティを持つ構成部品や、互いに類似する構成部品を簡単に選択できます。 ドラッグしてボックスを描いて構成部品を選択する。 ボリュームを使用して構成部品を選択する。 構成部品を隔離する。 非表示、合致、内部などの条件を使用して、構成部品を選択する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
穴シリーズ フィーチャーにより、アセンブリの複数の構成部品に穴を追加します。 標準のアセンブリ フィーチャーと異なり、穴シリーズは個々の構成部品に部品レベルのフィーチャーを追加します。 アセンブリに穴シリーズ フィーチャーを作成する。 既存の穴フィーチャーから穴シリーズ フィーチャーを作成する。 穴シリーズ フィーチャーと標準的なアセンブリ フィーチャーの違いを理解する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
スマート合致を使用することで、アセンブリに構成部品を追加するときや、既存の構成部品を合致するときに合致を自動で作成できます。 スマート合致に指定されたジオメトリをもとに、異なる合致関係を作成できます。 構成部品をアセンブリに追加するときに合致を自動で作成する。 スマート合致を使用して既存の構成部品を合致させる。 円形エッジのスマート合致を使用して、同時に複数の合致を作成する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
アセンブリの構成部品、部品フィーチャーまたは面に色、材料、テクスチャによる外観を追加します。これらの外観がどのようにモデルに伝播するかを制御します。アセンブリ構成部品のレベルに提供した外観は、個々の部品ファイルには影響しません。 アセンブリの複数の構成部品に外観を適用する。 材料の外観を適用して、表示を変える。 アセンブリに適用した外観の階層を理解する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN