SOLIDWORKS Treehouse にアセンブリをインポートして、変更を加える方法を学習します。 アセンブリの構成部品のユーザー定義の特性、数量、抑制状態を編集する。 SOLIDWORKS Treehouse でアセンブリにサブアセンブリと部品を追加する。 SOLIDWORKS でアセンブリを開き、SOLIDWORKS Treehouse で行った変更を確認する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験のアセンブリに構成部品を追加します。 構成部品をダウンロードして、アセンブリに挿入する。 合致を追加して構成部品を配置する。 干渉検出を使用して、構成部品を移動する。 2 つのエッジの間の角度を測定する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験のアセンブリで、構成部品を別の構成部品に置き換えます。 アセンブリの構成部品のインスタンスを新しい部品に置き換える。 置き換えられた構成部品に合致を再接続する。
Lesson
1 年 前
ENG
外部参照を使用して、アセンブリの部品間に参照を作成します。 コンテキスト内とコンテキスト外の外部参照の違いを理解する。 外部参照をロック、ロック解除、中断して、設計変更の伝播を止める。
Lesson
1 年 前
ENG
距離合致、角度合致、制限合致の値を変更する。 図面テーブルの仕様に従い、距離合致と角度合致を追加する。 作成した距離合致と角度合致の値を編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
マネージャーや設計者が利用できるアセンブリ構造計画ツールの SOLIDWORKS Treehouse のインターフェースを確認します。 ユーザー インターフェースを確認して、SOLIDWORKS Treehouse の使用法を学ぶ。 部品や図面を含む新規アセンブリの構造を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
Understand the characteristics of a large assembly, how SOLIDWORKS opens an assembly, and what can cause it to slow down. Also, a quick look at some possible solutions. Explore what makes a large assembly. Learn the sequence of steps SOLIDWORKS uses to open an assembly. Discover some common large assembly slowdowns.
Lesson
1 年 前
ENG
Compare opening an assembly using each of the three assembly modes: Resolved, Lightweight, and Large Design Review. Discover the differences between each mode. Examine the best use for each mode and how to use them. Understand the options when switching between modes.
Lesson
1 年 前
ENG
This is an introduction to some of the assembly techniques that can further reduce the time required to open and edit your large assembly. Learn the advantages of using assembly techniques. Examine some details about each technique. Understand how the testing tool Assembly Visualization can help you find components that need to be simplified.
Lesson
1 年 前
ENG
Take advantage of selected global and local settings, techniques, and tips that can lead to faster assemblies. Examine helpful settings in System Options and Document Properties. Understand how to work with large assembly FeatureManager design trees. Learn a few tips to speed up view manipulations.
Lesson
1 年 前
ENG
SOLIDWORKS におけるアニメーション作成の基本概念を学習します。 アニメーション ウィザードと MotionManager を使用して、アセンブリを回転、分解、分解解除するアニメーションを作成します。 アニメーションを作成します。 MotionManager パネルの詳細。 アニメーション ウィザードを使用して、アセンブリを回転、分解、分解解除する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
リールのケーブルを別のケーブルに巻き取る様子をアニメーションにします。らせん、参照平面、スイープを使用して、ケーブルのモデルを作成します。 関係式を定義して形状を修正し、ケーブルの巻き取りをシミュレートします。 アニメーションを作成します。 らせん、参照平面、スイープ フィーチャーを使用して、ケーブルのモデルを作成します。 関係式の定義による形状の修正。 MotionManager を使用して、時間とともに合致の値を変更する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
選択ツールを使用して、アセンブリの 1 つ以上の構成部品を選択します。 選択ツールにより、似たプロパティを持つ構成部品や、互いに類似する構成部品を簡単に選択できます。 ドラッグしてボックスを描いて構成部品を選択する。 ボリュームを使用して構成部品を選択する。 構成部品を隔離する。 非表示、合致、内部などの条件を使用して、構成部品を選択する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
表示状態を作成して、構成部品の非表示/表示と表示スタイルをコントロールします。表示状態は、アセンブリのコンフィギュレーションにリンクできます。 表示状態を使用して、構成部品の非表示/表示状態、表示モード、外観、透明度をコントロールできます。 アセンブリに表示状態を追加する。 表示状態を使用して、構成部品の表示特性を変更する。 構成部品の選択方法を学ぶ。 表示パネルを使用する。 特定のコンフィギュレーションと表示状態でアセンブリを開く。 表示状態をコンフィギュレーションにリンクする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
穴シリーズ フィーチャーにより、アセンブリの複数の構成部品に穴を追加します。 標準のアセンブリ フィーチャーと異なり、穴シリーズは個々の構成部品に部品レベルのフィーチャーを追加します。 アセンブリに穴シリーズ フィーチャーを作成する。 既存の穴フィーチャーから穴シリーズ フィーチャーを作成する。 穴シリーズ フィーチャーと標準的なアセンブリ フィーチャーの違いを理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ブロックによりスケッチ エンティティと寸法をグループにして、スケッチ内で一緒に移動できます。 レイアウト スケッチと一緒に、アセンブリ スケッチからフルアセンブリに直接移ることができます。 ブロックの作成、編集と保存 ブロックを使用してアセンブリのレイアウト スケッチを作成する。 既存のブロックをもとにアセンブリ構成部品を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スマート合致を使用することで、アセンブリに構成部品を追加するときや、既存の構成部品を合致するときに合致を自動で作成できます。 スマート合致に指定されたジオメトリをもとに、異なる合致関係を作成できます。 構成部品をアセンブリに追加するときに合致を自動で作成する。 スマート合致を使用して既存の構成部品を合致させる。 円形エッジのスマート合致を使用して、同時に複数の合致を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリの構成部品、部品フィーチャーまたは面に色、材料、テクスチャによる外観を追加します。これらの外観がどのようにモデルに伝播するかを制御します。アセンブリ構成部品のレベルに提供した外観は、個々の部品ファイルには影響しません。 アセンブリの複数の構成部品に外観を適用する。 材料の外観を適用して、表示を変える。 アセンブリに適用した外観の階層を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ベルト/チェーン アセンブリ フィーチャーにより、アイドラー、プーリー、スプロケットをリンクして、複数の高位性部品を同時に回転させます。 オプションとして、ベルトまたはチェーン構成部品を作成できます。 ベルト/チェーンのアセンブリ フィーチャーを作成するためにプーリーとアイドラーのエッジを選択する。 ベルト/チェーンアセンブリ フィーチャーのプロパティを設定する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドは、既存の構成部品を合致と一緒にコピーします。 新しい合致に新しい参照を選択して配置の修正が可能です。 合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドを使用して、合致と一緒に構成部品の新しいインスタンスを作成する。 コピーした合致の合致参照を繰り返し使用する状況を理解する。 コピーした合致で新しい合致参照が必要になる状況を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
よく使用する構成部品の合致エンティティと合致タイプを定義します。 アセンブリに構成部品を追加するときに、いくつかの合致が自動で追加されます。 よく使用する構成部品の合致エンティティと合致タイプを定義する。 合致参照を含む構成部品をアセンブリに追加する。 構成部品のコンフィギュレーションを選択してアセンブリにドラッグする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
制限合致を使用して、直線または角度値の指定の範囲内で構成部品の動きを制限します。 一致と制限合致を追加して、構成部品の自由度を制限する。 制限合致の開始、最小および最大値を設定する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
幅の合致を使用して、溝の 2 つの面を基準に構成部品の中央を合わせます。 幅の合致を追加して、別の構成部品の 2 つの面を基準に構成部品の中央を合わせる。 幅の合致により拘束される自由度について理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
2 つの類似のエンティティ(点、エッジ、面など)を平面または平らな面を中心に対称に拘束します。 対称合致は、構成部品でなく、選択したエンティティだけを対称にします。 対称合致で選択できる対象を理解する。 2 つの平らな面を拘束して、参照平面を中心に対称にする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN