これらの学習モジュールをレビューして、SOLIDWORKS Professional 認定試験の準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 スケッチ、フィーチャー、方程式、質量特性、アセンブリ、合致、および CSWP 試験の他のトピックについて学習します。
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS でのアニメーションの作成方法の基礎について学習します。 アニメーションでの作業の概念について確認します。 ばねを作成してアニメーション表示します。 ケーブルを巻き戻すリールを作成してアニメーション表示します。 アセンブリを自分の目で見るようにアニメーション表示します。
Learning Path
3 年 前
アセンブリの合致ツールにより、インテリジェントな仮定と反復オプションを使って構成部品を簡単かつ直感的にアセンブリできます。 構成部品をアセンブリに追加するときに合致を自動化します スマート合致を使用して、既存の構成部品を合致させます 円形エッジにようスマート合致を使用して、複数合致を同時に生成します 合致(Mate)コマンドで複数合致モードを使用して、共通参照への複数合致を作成します 合致フィーチャーを編集するためのさまざまな手法を確認します 合致と一緒にコピー(Copy with Mates)コマンドを使用して、合致とともに構成部品の新規インスタンスを作成します コピーした合致の一部の合致参照を繰り返します 一部のコピーした合致は新しい合致参照を必要とします
Learning Path
3 年 前
アセンブリの図面に関連する図面のアスペクトを確認します。 アセンブリの図面ビューを作成します。 アセンブリ図面に BOM テーブルを作成して修正します。 注記を寸法とユーザー定義プロパティにリンクします。 システムや図面のグラフィック パフォーマンスを改善します。
Learning Path
3 年 前
構成部品の移動、分解、およびアセンブリの構築に役立つツールについて学習します。 構成部品を移動および回転させ、衝突を検出し、クリアランスをチェックします。 ツールを使用して、アセンブリ内の潜在的な問題を検出します。 アセンブリ モデルで分解図(Exploded View)コマンドを使用します。 フィジカル ダイナミックスを使用すると、構成部品が動いているときの干渉を検出できます。 アセンブリに自動的にファスナーを追加します。 センサーを使用してモデルの特定のプロパティを監視します。 グローバル変数と方程式を使用してアセンブリの寸法をコントロールします。
Learning Path
3 年 前
外観のコントロールやコンフィギュレーションの使用など、アセンブリで作業を行うために役立つツールについて学習します。 平面または平坦な面に対してアセンブリ構成部品をミラーリングします。 表示状態で表示プロパティをコントロールします。 構成部品、面、フィーチャー、ボディ、または部品に色やテクスチャなどを適用します。 アセンブリ構成部品をプロパティ別に表示、並べ替え、および選択します。 コンフィギュレーションを使用して、アセンブリの複数のバージョンを表します。 設計テーブルを使用して、構成部品と合致を設定します。 SpeedPak コンフィギュレーションを使用して、パフォーマンスを改善します。 アセンブリ エンベロープを参照構成部品および選択ツールとして使用します。 レイアウトベースのアセンブリ設計を使用して、スケッチ ブロックをベースにアセンブリ全体を作成します。
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS アセンブリの基礎について学習します。 既存の構成部品を追加および合致させてアセンブリを構築します。 一致合致や同心合致などの標準合致を使用して、アセンブリ内の構成部品を拘束します。 アセンブリのコンテキストで部品のモデルを作成します。
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS の部品で使用されているベーシック フィーチャーについて学習します。 スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 軸まわりにスケッチの輪郭を回転して、材料を追加または除去します。 フィレットまたは面取りを使用して、それぞれラウンドまたはベベル エッジを作成します。 穴ウィザード フィーチャーを使用して、標準サイズの穴を作成します。 パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、SOLIDWORKS Expert 認定試験の準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 高度なフィーチャー、トップダウン アセンブリ設計、インポートした部品の変更、マルチボディ部品など、CSWE 試験の他のトピックについて学習します。
Learning Path
3 年 前
サンプル演習の問題をレビューして、SOLIDWORKS Professional 認定試験の準備を行います。 CSWP サンプル試験の一部について部品をモデリングします。 CSWP サンプル試験の別の部分の部品を変更します。 CSWP サンプル試験の最終部分のアセンブリを作成します。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、CSWPA - 図面ツール試験の準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 図面ビュー、寸法、注釈、部品表や他のテーブルなど、CSWPA - 図面ツール試験のトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、CSWPA - モールド ツール試験の準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 抜き勾配、コア、キャビティ、シャットオフ サーフェス、パーティング ラインなど、CSWPA – モールド ツールの試験のトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、CSWPA - 板金試験準備コースの準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 ベース フランジ、エッジ フランジ、スケッチ ベンド、閉じたコーナーなど、CSWPA - 板金試験準備コースのトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、CSWPA - サーフェス試験準備コースの準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 ブレンディング、延長、トリム、面の削除、境界サーフェスなど、CSWPA - サーフェス試験のトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
3 年 前
これらの学習モジュールをレビューして、CSWPA - 溶接試験準備コースの準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 鋼材レイアウト、溶接リブ、エンド キャップ、フィレットと溶接ビードなど、CSWPA - 溶接試験準備コースのトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
3 年 前
エッジやコーナーを丸めるために使用することができる、さまざまなフレット フィーチャーについて学習します。 選択したエッジに沿って固定半径フィレットを作成します。 可変半径フィレットを使用して、選択したエッジに沿って半径を変化させます。 面フィレットを作成し、オプションを確認します。 セットバック フィレットを作成して、エッジが交差する頂点をブレンドします。 フィーチャーを個別のボディに分割して、目的のフィレットを作成します。 サーフェス フィーチャーを使用して、モデルの面の間をブレンドします。 オプションを使用して、固定半径フィレットのジオメトリを制御する。
Learning Path
3 年 前
パターンでは、選択された一連のフィーチャー、面、またはボディを繰り返します。 1 つまたは 2 つの直線上にフィーチャーのコピーを作成します。 1 つまたは 2 つの円上にフィーチャーのコピーを作成します。 平面または平坦な面に対してフィーチャーまたはボディをミラーリングします。 スケッチ駆動、テーブル駆動、カーブ駆動、およびフィル パターンを確認します。
Learning Path
3 年 前
スイープ フィーチャーとこれらのフィーチャーをコントロールするさまざまなオプションについて学習します。 パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。 スイープの輪郭スケッチを作成するための最善の方法を学びます。 パスに沿ってスイープのプロフィールの表示方向とねじれをコントロールします。 スイープのパスに沿った輪郭のねじれを制御する。 スイープのパスとして可変ピッチのらせんを使用して、ばねをモデリングします。
Learning Path
3 年 前
Learn how to convert non-SOLIDWORKS data to “intelligent” native SOLIDWORKS features using FeatureWorks.
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS のモールド設計ツールについて学習します。 溶接部品の設計の概要について確認します。 カット リストを作成して、ボディを溶接部品にまとめます。 部品の厚さを分析して欠陥がないかどうか確認します。 モールド部品のアンダーカット領域を特定します。 部品にパーティング ライン フィーチャーを作成します。 シャットオフ サーフェスを使用して、開いているモールド領域を閉じます。 パーティング ラインを使用して、パーティング サーフェスを作成します。 モールドおよびモールドのアセンブリにインターロック サーフェスを作成します。 コア コマンドを使用して、分離の妨げとなる領域のあるモールドのサイド コアを作成します。
Learning Path
3 年 前
マルチボディ ツールを使用して、SOLIDWORKS での部品設計を容易にします。 結合ツールを使用して、ソリッド ボディのボリュームを結合します。 コアをモデリングし、パターン ツールによって部品を設計します。 フィーチャーを個別のボディに分割して、目的のフィレットを作成します。 マルチボディ部品の分解図を作成します。 内部カットをソリッド フィーチャーとしてモデリングして、除去します。 マルチボディ板金部品設計により、潜在的に異なる材料の複数の板金ボディを 1 つの部品ファイル内に作成できます。
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS での部品のモデリングの基礎について学習します。 部品の作成を始めるために適切なスケッチ平面を選ぶ重要性を理解する。 押し出しフィーチャーのさまざまな押し出し状態のオプションについて学びます。 グローバル変数と方程式を作成して寸法値をコントロールします。 コンフィギュレーションを使用して、部品の複数のバージョンを表します。 設計テーブルを使用して、寸法とフィーチャーを設定します。 フィーチャーの順序を変更し、スケッチを編集して、部品を編集します。 スケッチ関連のエラーを分析して修復します。 部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 測定と質量特性ツールを使用して、モデルのサイズ、重量などを評価します。
Learning Path
3 年 前
平面、点、カーブなどの参照ジオメトリについて学習します。 既存の平面またはモデル ジオメトリに基づいて平面を作成します。 点、軸、および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し、測定ツールの使用に役立てます。 スケッチをスケッチまたは面に投影して、3D カーブを作成します。 モデルの面の交差箇所に 2D または 3D スケッチを作成します。 原点に相対的な一連の X、Y、Z 位置を通るカーブを作成します。 関係式によって定義されたカーブを作成します。 スイープのパスとして可変ピッチのらせんを使用して、ばねをモデリングします。
Learning Path
3 年 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して、構成部品間の電気ケーブルの経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 電気ルートを開始するプロセスについて学習します。 クリップを挿入して使用し、ルート作成のガイドにします。 3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成します。 ルートを展開すると、3D アセンブリから 2D ルート図面が作成されます。 始点-終点リストを使用して、データを電気ルート サブアセンブリにインポートします。 リジッドな導管と配線経路の作成方法を学習します。
Learning Path
3 年 前