図面のモデルからユーザー定義プロパティを使用して、BOM テーブルのセルに自動で入力します。 ベンダーや部品番号などのユーザー定義プロパティをセルに入力する。 BOM テーブルを修正して、後で使えるようにテンプレートに保存する。
Lesson
2 年 前
ENG
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の図面ツールの試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
2 年 前
ENG
配管図面と標準図面ツールを使用して、正投影図の配管図面、部品表、部分拡大図、およびアノテート アイテムを作成します。 アノテート アイテムと寸法を図面に追加する。 配管図面を作成する。 部品表を図面に追加する。
Lesson
2 年 前
ENG
JPN
適切な寸法、部品表、複数の正投影図と投影を使用してチューブ図面を作成する方法を学びます。 既存の部品からチューブ図面を作成する。 追加のビューと部品表を図面に追加する。 部品の追加ビューに中心線と駆動寸法を作成する。
Lesson
2 年 前
ENG
JPN
アセンブリの構成部品を示すために、部品表(BOM)テーブルを使用します。部品表はさまざまな方法で変更でき、新しいテーブル テンプレートを作成してカスタマイズした内容を保存できます。 表形式の部品表には、同じテーブル内の複数のコンフィギュレーションに関する情報をリストできます。 アセンブリの部品表を作成する。 部品表テーブルを編集し、列を追加して順序変更する。 部品表をテンプレートとして保存する。 表形式の部品表を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の図面ツールの試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
8 月 前
ENG
ルートの展開や詳細設定機能により、3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成できます。注釈スタイルと製造スタイルの 2 とおりの方法があります。 このモジュール レッスンでは、製造スタイルについて説明します。 展開した配線ルートの曲率と向きを調整する。 配線ルートを展開する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
Learn how to add components and symbols to your schematics and associate them with manufacturer parts. Add individual components manually and import them all at once from a spreadsheet. Insert component symbols and associate manufacturer parts. Use the options available in the Symbol Insertion panel and the Symbol Selector for classification and filtering.
Lesson
8 月 前
ENG
既存のビューに、ユーザー定義の注記、幾何公差、ブロックなどのアノテート アイテムを追加します。 アノテート アイテムとシンボルを作成する。 ジオメトリと注記からブロックを作成する。 ブロックをファイルに保存する。 ブロックを図面に挿入する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
いくつかのタイプの参照図面ビューを作成して、それぞれのビュー タイプ独自の特性を理解します。 参照図面ビューは、既存の図面ビューを参照して作成します。 既存の図面ビューを「フォールド オフ」して投影図を作成する。 選択したエッジに垂直にビューを投影して補助投影図を作成する。 部分拡大図を使用してビューの一部をスケールを拡大して表示する。 モデルの平面または平らな面を基準に図面ビューを作成する。 不要なエンティティをクロップするか非表示にして図面ビューの一部をフォーカスする。 分断したビューで既存の図面ビューを短縮する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
基本的な整列断面図、オフセット断面図、部分断面図、半断面図を作成します。これには、スコープと拡張プロパティが含まれます。 図面に複数のタイプの断面図を追加する。 断面図のプロパティを定義する。 断面図を修正する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
シート フォーマットとテンプレートを作成します。シート フォーマットにより、シート サイズ、タイトル ブロックなど、図面シートの外観を指定します。 図面テンプレートは、図面プロパティ、定義済みビューなどが含まれ、すべての図面の作成を始めるのに使用します。 シート フォーマットと図面テンプレートの違いを理解する。 ユーザー定義図面テンプレートを作成する。 標準シート フォーマットをカスタマイズして保存する。 ロゴなどの OLE オブジェクトをシート フォーマットに挿入する。 図面や図面が参照するモデルのユーザー定義プロパティにアノテート アイテムをリンクする。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
既存の寸法やユーザー定義プロパティにリンクしたテキストを含む注記を作成します。 注記を寸法へリンクする。 図面のタイトル ブロックを編集して、モデルのプロパティにリンクした注記を追加する。 図面のプロパティ情報を追加して、タイトル ブロックに入力する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
システムや図面のグラフィック パフォーマンスを改善します。 ライトウェイト モデル、大規模アセンブリ モード、更新されていない図面などを使用して、必要なシステム リソースを減らします。 ライトウェイ モデルと大規模アセンブリ モードを使用してパフォーマンスを改善する。 更新されていない図面を使用して、モデル ファイルをメモリに置かずに図面を開く。 アセンブリ干渉の問題を訂正して、表示の問題を修正する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
穴テーブルとカスタム テーブルを作成して使用し、図面に代替パーツ コンフィギュレーションなどの各種データを表示します。 穴テーブルを作成して、図面に穴のサイズと位置を表示する。 カスタム テーブルを使用してユーザー定義データを表示する。 既存のテーブルのサイズを変更して編集する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
図面ビューのフォーカスをロックして、ビュー内で操作するときにアクティブな状態を維持します。 フォーカスがロックされたビューにスケッチ エンティティとアノテート アイテムを追加する。
Lesson
6 月 前
ENG
関係式を使用して、部品表テーブルの値を計算します。 IF、AVERAGE、COUNT などの各種関数を使用してデータを計算する。 単価と数量をかけてコスト合計を計算する。 アセンブリのすべての構成部品のコスト合計を求める。
Lesson
6 月 前
ENG
バルーンを作成して、部品表テーブルのアイテムを図面ビューの対応するアイテムに関連付けます。 バルーン、自動バルーン、積重ねバルーン ツールを使用して、図面にバルーンを作成する。 マグネット ラインを使用してバルーンを整列する。
Lesson
6 月 前
ENG
カット リスト テーブルを使用して溶接モデルを詳細化し、モデルから図面ビューに溶接情報をインポートします。 カット リスト テーブルを追加して編集する。 モデルから図面ビューに溶接情報をインポートする。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
Use the Property Tab Builder stand-alone utility to build a customized user interface, or ‘tab’, and add file properties. Create Custom or Configuration Properties. Choose from seven different types of controls. Take data from external sources such as text or Excel files.
Lesson
3 月 前
ENG