部品の異なる領域を分析して、目標の厚みを達成している部分を確認し、モールドを作成したときに問題が生じる可能性のある領域を評価します。 厚み分析を行い、部品の目標の厚みに達していない領域を表示する。 厚み分析レポートを保存して表示する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
SOLIDWORKSには、部品のジオメトリを評価するための多くのツールが含まれています。 部品の曲線やサーフェスの曲率を解析することで、フィーチャーとサーフェスとの間のトランジションの品質を評価できます。 曲率について理解する。 色を使用して曲率を表示し、モデルのサーフェスを評価する。 曲率法線ベクトルを使用して、スケッチ曲線を評価する。 曲線の最小半径と変曲点の表示方法を知る。 ゼブラ ストライプを使用してモデルの面の反射をシミュレートする。 評価ツールで接線と曲率保持の条件を認識する方法を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
始点-終点リストは、ケーブル アセンブリと構成部品に配線された各ワイヤの電気接続データを定義した Excel スプレッド シートで、ワイヤを接続するコネクタ、ターミナル ブロック、リング ターミナルなどが含まれます。 始点-終点リストを使用して、ルート アセンブリに接続と構成部品データをインポートできます。 構成部品ライブラリ ウィザードを使用して、構成部品ライブラリを作成する。 ケーブル/ワイヤ ライブラリ ウィザードを使用して、ケーブル/ワイヤ ライブラリを作成する。 構成部品ライブラリとケーブル/ワイヤ ライブラリを使用して、始点-終点リスト ウィザードで始点-終点リストを作成する。 コネクタを配置して配線を開始する。 「ガイドライン」配線モードを使用して、ルートのジオメトリを作成する。 「スプラインの再ルート」モードを使用して、定義済みのクリップを通るルートを修正する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
2 つの電気コンセント ボックスを接続するリジッドな導管と配線ルートを作成します。 導管の中心線が電気導管のルートを定義することを理解する。 電気ルーティング構成部品は接続点を含むハイブリッド構成部品を必要とすることを理解する。 自動ルート機能を使用して分解ラインを作成する。 既存のルートを編集して目的の構成部品を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
面の押し出し/トリムにより、板金のコーナーを閉じます。 各種の閉じたコーナーについて理解する。 フランジの面を延長して、別のフランジの角度付きの面に合わせる。
Lesson
1 年 前
ENG
トラップ領域のあるモールド上でスケッチから抜き勾配付きのサイドコアを作成します。フィーチャー フリーズ バーを使用して、フィーチャーを再構築の対象から除外します。 モールドにサイド コアを作成する。 フィーチャーを再構築から除外する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加します。J ジョイントにジオメトリを作成して、インライン管継手の向きを決めます。 ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加する。 接触点に 3D ジオメトリを作成する。 3D ジオメトリを使用してインライン管継手の向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ板金部品のカット リスト プロパティを使用します。 個々の板金部品にユーザー定義プロパティを割り当てる。 板金部品にユーザー定義のカット リスト テーブルを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
SOLIDWORKS Visualize には、静止画像に関する機能だけでなく、アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして、部品、モデル、カメラ、外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
1 年 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
ルートの展開や詳細設定機能により、3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成できます。注釈スタイルと製造スタイルの 2 とおりの方法があります。 このモジュール レッスンでは、製造スタイルについて説明します。 展開した配線ルートの曲率と向きを調整する。 配線ルートを展開する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
いくつかのタイプの参照図面ビューを作成して、それぞれのビュー タイプ独自の特性を理解します。 参照図面ビューは、既存の図面ビューを参照して作成します。 既存の図面ビューを「フォールド オフ」して投影図を作成する。 選択したエッジに垂直にビューを投影して補助投影図を作成する。 部分拡大図を使用してビューの一部をスケールを拡大して表示する。 モデルの平面または平らな面を基準に図面ビューを作成する。 不要なエンティティをクロップするか非表示にして図面ビューの一部をフォーカスする。 分断したビューで既存の図面ビューを短縮する。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
測定と質量特性ツールを使用して、モデルのサイズ、重量などを評価します。 部品の材料や座標系が質量特性にどのように影響するかを理解する。 点や円の間を測定して、部品サイズを判別する。
Lesson
11 月 前
ENG
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
11 月 前
ENG
許容 & アンダーカット混在面をパーティング ライン沿いに 2 つの面に分割します。 モールドの抜き方向を基準に部品を解析し、パーティング ラインの最適な位置を決める。 分割ライン ツールを使用してパーティング ラインを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
参照ジオメトリの一種であるグリッド システムを使用して、構造レイアウトのスケルトンを表す方法を学びます。 グリッド システムを使用して構造レイアウトの中心線を表す。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
シェル フィーチャーを使用して、ソリッド ボディを中空にします。 選択した面に異なる肉厚を適用する。 シェル操作で複数の除去する面を選択する。 シェル操作によりフィレット/ラウンド エッジにどのように影響するかを理解する。
Lesson
11 月 前
ENG
1 つ以上の円形方向に 1 つまたは複数のフィーチャーやボディのパターンを作成します。円形方向は、シリンダー/円錐面、円/直線エッジ、中心線または軸に基づきます。 インスタンスの間隔は、さまざまな方法で制御できます。 既存のフィーチャーから円形パターンを作成する。 間隔と範囲を変える。
Lesson
11 月 前
ENG
JPN
自動のスケッチ拘束を使用して、輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 自動スケッチ拘束を示すカーソルのアイコンを確認する。 スケッチの輪郭を作成して、スケッチしながら自動のスケッチ拘束を追加する。
Lesson
11 月 前
ENG
ファイル履歴ツールについて学びます。 部品の初期バージョンにアクセスする。 部品の最新バージョンにアクセスする。
Lesson
11 月 前
ENG
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
10 月 前
ENG
JPN
既存のフランジにジョグを追加します。ジョグにより、スケッチ線から 2 つのベンドを作成してフラット化して、板金部品に材料を追加します。 ミラー フィーチャーにより、板金設計に対称を追加します。 既存のフランジにジョグを追加します。 板金設計に対称を含める。 ジョグの配置。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
アセンブリを自分の目で見るようにアニメーション表示します。 ウォークスルー アニメーションを作成する。 アニメーション シーケンスでカメラを配置する。 アニメーション シーケンスでスケッチ パスに合わせてカメラを配置する。 アニメーションを AVI ファイルとして保存する。
Lesson
1 年 前
ENG
クリップを使用したルートの作成について学びます。 既存のクリップを使用してルートのガイドにし、新しいルートの作成時に新しいクリップを追加します。 アセンブリの既存のクリップを使用してルートのガイドにする。 新しいルートの作成時にデザイン ライブラリから新しいクリップを追加する。 キーボード ショートカットを使用して、クリップの位置と向きを決める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
シャープ エッジ、裂片面、非接続ジオメトリなどをチェックします。 これにより、最終的な設計を決める前に、これらの問題を修正することができます。 モデルの微小ジオメトリ、裂片面、シャープ エッジ、非連続ジオメトリのチェック。 検索条件を設定します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN