SOLIDWORKS PDM データ管理ソリューションの概要と、Microsoft SQL Server で使用するときの機能について学びます。 ボルトにログインする。 ボルトで見つかったファイルを表示する。 SOLIDWORKS 部品ファイルをチェックイン/チェックアウトする。 部品を変更する。 ボルトからログアウトする。
Lesson
1 年 前
ENG
Windows のエクスプローラー インターフェースと SOLIDWORKS PDM タスク バーのアイテム アイコンを使用して、ボルトにログインする方法を学びます。 同じログイン認証情報を使用して複数のボルトにログインする。 異なるログイン認証情報を使用して複数のボルトにログインする。 ボルトからログオフする。 Windows ユーザー プロファイルにサインインするときの自動ログイン機能をセットアップする。
Lesson
1 年 前
ENG
3 種類の SOLIDWORKS PDM クライアントについて検討し、それぞれの違いを確認します。 Editor すべてのファイル タイプで使用可能 CAD アドイン Contributor すべてのファイル タイプで使用可能 アドインは使用できません。 Viewer ボルトへの読み取り専用のアクセス ファイルの追加/修正は不可
Lesson
1 年 前
ENG
Windows エクスプローラーを使用してファイルを修正し、ファイルをチェックイン/チェックアウトします。 ボルトからファイルをチェックアウトする。 ボルトにファイルをチェックインする。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、Windows エクスプローラー インターフェースでのボルトのナビゲーション方法を紹介します。 SOLIDWORKS EPDM ツールを見つける。 ボルトからファイルを開く。
Lesson
1 年 前
ENG
ファイル履歴ツールについて学びます。 部品の初期バージョンにアクセスする。 部品の最新バージョンにアクセスする。
Lesson
1 年 前
ENG
特定のファイルにどのファイルが含まれ、どこで使用されているのかを知る方法を学びます。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、新しく作成した MS Word ファイルとアセンブリの間に参照を作成する方法を紹介します。 ユーザー定義参照機能を使用して、参照を除去する。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、完全検索ツールの使用方法を紹介します。 インターフェースのタブを使用してファイルを簡単に見つける。 コンテンツ索引を使用したコンテンツの検索機能を確認する。
Lesson
1 年 前
ENG
Windows エクスプローラーの統合検索には含まれないツールの検索機能について学びます。 お気に入り検索の修正 検査結果を MS Excel にエクスポート ボルト内のユーザーの検索
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、特定のユーザーがチェックアウトしているドキュメントを検索するためのお気に入り検索の作成方法を紹介します。 別のユーザーにお気に入り検索を表示する方法。 別のユーザーとしてログインしたときのお気に入り検索の使用。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、ドキュメントの承認のための提出方法を紹介します。 変更中から変更の承認待ちへとワークフローを進める。 コメントを含めた通知を特定の承認者に送る方法を学ぶ。 承認者としてボルトにログインし、ドキュメントを承認する方法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、個々のファイルおよびボルトのフォルダ全体のローカル キャッシュをクリアする方法を紹介しています。
Lesson
1 年 前
ENG
SOLIDWORKS PDM で Windows エクスプローラー インターフェースに BOM タイプを表示する方法を学びます。
Lesson
1 年 前
ENG
このレッスンでは、フォルダのすべての CAD ファイルと CAD 以外のファイルを新しいフォルダにコピーする方法を紹介しています。 コピーしたファイルとオリジナル ファイルを区別する。 参照を維持しながら、ファイルを別のファイルへ移動する方法。
Lesson
1 年 前
ENG
マスター BOM から派生した名前付きの BOM を作成します。 新しいアイテムを修正してテーブルに追加する。 新しい名前付き BOM をボルトにチェックインする。 オリジナルのマスター BOM と比較をする。
Lesson
1 年 前
ENG
構成部品の移動と回転のため、ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプション設定などのさまざまな方法を学びます。構成部品間の衝突を検出するオプションを見る。 構成部品間の最小のクリアランス距離を計算する。 ドラッグ、トライアドの使用、PropertyManager のオプションの使用により、構成部品を移動して回転する。 移動時の構成部品の間のクリアランスオプションを確認する。 移動する構成部品と別の構成部品との衝突を検出する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 他のスケッチ エンティティとの近傍や交差をもとに、スケッチ エンティティをトリムします。 パワー、コーナー、最近、内部、外部のトリム オプションを使用して、スケッチ エンティティをトリムする。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
グローバル変数により名前付きの値を宣言し、これに等しい寸法を設定することや、これを関係式で使用することができます。 関係式は、寸法値の定義や寸法の相互の関連付けができる数式です。 グローバル変数を作成する。 グローバル変数を使用して、フィレット フィーチャーの半径を等しく設定する。 関係式でグローバル変数を使用する。 関係式を使用して寸法値を制御する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加して、構成部品の 2 つのバージョンを表示します。 また、コンフィギュレーションのプロパティの拡張オプションについても学びます。 ConfigurationManager を使用してアセンブリにコンフィギュレーションを追加する。 コンフィギュレーション プロパティの拡張オプションを使用して、新しい構成部品と合致を制御する。 異なる構成部品を表すために 2 つのバージョンのアセンブリを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
スケッチ ツールの「エンティティ変換(Convert Entities)」と「エンティティ オフセット(Offset Entities)」を使用して、スケッチ エンティティとモデル ジオメトリを参照し、新しいスケッチ エンティティを作成します。 オリジナルのジオメトリを変更した場合は、変換/オフセットしたエンティティも変更されます。 変換したエンティティを新しいスケッチに作成する。 エンティティ オフセットを作成する。 エンティティ オフセットを使用してスロットを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
輪郭選択オプションを使用すると、スケッチ内の個々の輪郭を選択できます。 輪郭を選択する方法により、単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成できます。 輪郭選択ツールを使用してフィーチャーの輪郭を事前選択する。 フィーチャーに輪郭選択(Selected Contours)オプションを使用して、使用するスケッチの領域を定義する。 単一のスケッチを使用して複数のフィーチャーを作成する。 選択した輪郭を使用してスケッチを共有するときに表示されるアイコンを理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN