トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
SOLIDWORKS Visualize には、静止画像に関する機能だけでなく、アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして、部品、モデル、カメラ、外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
1 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
SOLIDWORKS Visualize Professional に含まれる統合型のレンダー キューは、後で完了するようにレーダー ジョブを「積み重ねる」ことができるため、直ちに生産性を高めます。 レンダー キューを使用すると、日中は生産的な活動を行い、夜間にレンダーを完了させることができます。 統合型のレンダー キューに簡単にジョブを送信する方法を学ぶ。 レンダー キューのシンプルなインターフェースを確認する。 レンダー ジョブをローカル マシンに送信する場合と、専用の Visualize Boost マシン(ネットワーク レンダリング)に送信する場合の相違点を理解する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し、サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。 親スタディからサブモデル スタディを作成する。 負荷が自動的にサブモデル スタディに伝わるようすを確認する。 時間と処理リソースを節約しながら、正確な結果を得る。 eDrawings を使用して結果を保存する。
Lesson
2 月 前
ENG
FloXpress を使用した CFD 解析の結果を出力して解釈します。 モデルの異なるコンフィギュレーションに同じセットアップを使用する。 モデルの閉じたボリューム内の流体動作を示すフロー パスの解釈。
Lesson
2 月 前
ENG
設計テーブルを使用すると、構成部品、合致やアセンブリ フィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 また、合致やアセンブリ フィーチャーの寸法も設定できます。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 データ検証を使用して、設計テーブルに入力する値を制限する。 新しい合致や構成部品を制御するコンフィギュレーション プロパティを設定する。 アセンブリ設計テーブルの構成部品のコンフィギュレーションを変更する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
キャスト/モールド部品に抜き勾配を追加します。 作成できる各種の抜き勾配フィーチャーを理解する。 ドラフト解析を行って、抜き勾配を追加する必要のある面を判別する。
Lesson
2 月 前
ENG
部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して、部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直、水平、または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
部品の作成を始めるために適切なスケッチ平面を選ぶ重要性を理解する。 部品の開始フィーチャーと開始スケッチ平面を選択する。 開始スケッチ平面の選択が図面にどのように影響するかを理解する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
構成部品の移動でフィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用することで、アセンブリ構成部品間の動作をリアルに表現できます。 面の間の衝突を認識して、構成部品が接触したときの互いに押し合うようすを表すことができます。 構成部品の移動(Move Component)コマンドのオプションを理解する。 フィジカル ダイナミクス(Physical Dynamics)オプションを使用して、移動する構成部品の動作をシミュレートする。 モーション スタディと比べたフィジカル ダイナミクスの制限事項を理解する。 フィジカル ダイナミクス オプションを使うときの問題解決方法を学ぶ。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
アセンブリの分解図を作成することで、構成部品を詳細に表示するのに役立ちます。 アセンブリで分解図を作成する方法を学ぶ。 分解図(Exploded View)コマンドのオプションを使用して、単一/複数の構成部品を分解する。 サブアセンブリの分解オプションを理解する。 チェーン ステップの分解で複数の構成部品の間隔を自動で設定する。 分解ステップをアニメーション表示する方法を学ぶ。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
SOLIDWORKS ユーザー インターフェース(UI)は、よく使うツールを表示することで、必要に応じてカスタマイズができます。 ツールバーや CommandManager の表示位置を変えることや、自分用のキーボード ショートカット/マウス ジェスチャーを追加することができます。 CommandManager のタブの表示/非表示を切り替える。 ツールバーとパネルのドッキングと解除方法を学ぶ。 ツールバーにコマンドを追加する。 キーボート ショートカットを追加する。 マウス ジェスチャーをカスタマイズする。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
CHS
VR とパノラマの 2 種類のインタラクティブ出力を作成する方法を学習します。 両方のレンダリング タイプでアニメーションなどの一連のイメージを作成しますが、イメージをムービーにまとめるのではなく、HTML リンクからアクセスできるインタラクティブなレンダリングを作成するようにイメージをまとめます。 Visualize のインタラクティブ出力の重要な使用事例を理解する。 VR/パノラマ出力を生成するためにシーンをセットアップする方法を学習する。 インタラクティブ出力を使用して、3D データでより多くの情報を伝える。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
SOLIDWORKS Visualize で使用できるプロフェッショナルなイメージおよびビデオ出力オプションで、写真画質のコンテンツを簡単に作成しましょう。 それぞれの出力設定を簡単に調整して必要な写真画質を達成する方法を理解する。 写真画質のコンテンツを作成するためのさまざまな出力オプションのタイプを学習する。 望ましい写真画質にするにはどのオプションを使用するかを理解する。 よく使用するレンダー設定をレンダー プロファイルとして保存する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
CAD データでより多くの情報を伝え、SOLIDWORKS Visualize 内でカメラ アニメーションを簡単に作成する方法を学びます。 このレッスンでは、シーンでカメラがどのように移動するかを 3D で表現する独自のアニメーション リボンを使用して、キーフレームを作成および操作する方法を重点的に紹介します。 自動キーフレーム作成(Auto-Keyframing)を有効にして、シンプルなカメラ フライバイを作成する。 アニメーション リボンを直接操作して、アニメーションのスピードとキーフレームの位置を調整する。 2 つのビューポートを利用して、最終的なアニメーション パス全般を可能な限り制御する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
モデルまたは設計を表現する最も簡単な方法として、360 度のスピンを使用し 1 枚の静止画像よりもはるかに多くの情報を表現します。 このレッスンでは、1 回のボタン クリックで簡単に 360 度のスピンを作成する方法を示し、またリアル/レンダリングを問わず直線をさらにぼかすためのモーション ブラーなどの高度な機能を重点的に説明します。 プロジェクトにリアルタイム ターンテーブルを追加し、1 回のクリックでターンテーブルをレンダリングする。 1 クリックでモデルを中心に 360 度のスピンを行うカメラの回転の概要を説明する。 ホイール、プロペラ、ギアなどの部品を回転するために回転アニメーションを使用する方法を学習する。 イメージとアニメーションの現実感をさらに高めるための、インカメラ モーション ブラーの多くの利点を確認する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
すべての環境、光、バックプレートを [シーン] タブで容易に管理して、プロジェクトを仮想の写真スタジオのようにライティングしましょう。 HDR を追加および調整し、モデルをバックプレートへ完璧にはめ込む方法を学びましょう。 CAD データをひとつの HDR だけでライティングする。 複数の HDR を追加して切り替えて、望ましいライティング エフェクトを見つける。 よく使われる設定を HDR ごとに調整する。 バックプレートを使用して、モデルを任意のシーンに配置する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
部品にデカルを追加する方法は、実際のモデル設計に組み込むことなく Visualize のシーンにロゴとタッチスクリーンを追加する適切な手段です。 デカルはデジタル ステッカーと同じように機能し、部品への追加、移動、外観による変更を簡単に行うことができます。 デカルを簡単な方法でドラッグ アンド ドロップして、プロジェクトに追加する。 デカルを操作する方法および使用可能な設定を理解する。 シーンに既に存在しているデカルに外観を適用する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
テクスチャ マップは、外観をさらにリアルにする優れたツールです。 このレッスンでは、「テクスチャ マップは難しい」という誤解を解き、テクスチャ マップを正確に制御する方法を示し、誰もがテクスチャのマスターになれるようにします。 色、アルファ、反射、バンプという、Visualize で使用できる 4 種類のテクスチャ マッピングを使いこなす。 テクスチャ マップを追加する。複数のテクスチャ マッピング モードを使用してテクスチャ マップを操作する方法を学習する。 無料で使用できるプロ仕様の、事前にテクスチャが適用されている外観を、インターフェースと統合されている Visualize Cloud Library からダウンロードして、独自の Visualize プロジェクトに追加する。
Lesson
2 月 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT