スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
1 日 前
ENG
Learn how to define cables, create reusable macros, indicate the continuity of wires across multiple drawings, and depict custom components as simple black boxes. Define the cables to be used within a project and assign cable cores to specific component pins. Create macros for reusing specific parts of circuits or entire drawings. Depict the continuation of wires and equipotentials across drawings. Create black boxes for showing custom components with logical connectivity.
Lesson
8 日間 前
ENG
Learn how to draw wires to connect symbols and make changes on-the-fly to meet connection requirements. Draw single or multiple wires and modify them as needed. Use the Properties panel to instantaneously view and edit information. Use the Wire Style Manager to define and customize the wires for a project. Number newly drawn wires or selectively renumber existing wires.
Lesson
8 日間 前
ENG
Learn how to add components and symbols to your schematics and associate them with manufacturer parts. Add individual components manually and import them all at once from a spreadsheet. Insert component symbols and associate manufacturer parts. Use the options available in the Symbol Insertion panel and the Symbol Selector for classification and filtering.
Lesson
8 日間 前
ENG
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直、水平、または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
19 日間 前
ENG
SOLIDWORKS Visualize には、静止画像に関する機能だけでなく、アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして、部品、モデル、カメラ、外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
19 日間 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
20 日間 前
ENG
Convert imported assembly and multibody geometry into SOLIDWORKS feature-based, parametric models. Recognize imported assembly geometry as multiple parts. Use Edit Feature to recognize only selected features from the part. Use child features to recognize multiple features with a single selection.
Lesson
21 日間 前
ENG
Convert imported sheet metal part geometry into SOLIDWORKS feature-based, sheet metal, parametric models. Recognize common sheet metal features such as Base Flanges and Sketched Bends. Flatten the result to view the flat pattern. Use a hybrid approach combining the automatic and interactive methods.
Lesson
21 日間 前
ENG
Use Volume features to recognize geometry that does not match any other feature type. The volume feature can be replaced with a standard SOLIDWORKS feature. Recognize volume features. Recognize boss and cut revolve features. Use the Up To Face option with cut extrudes. Replace volume features with standard cut features. Edit the mapped features.
Lesson
21 日間 前
ENG
Control the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based parametric model by converting specific features interactively. Interactively convert feature types. Convert features types that cannot be used with automated methods. Recognize multiple similar features at the same time. Re-recognize geometry and change it to a different type. Add patterns from the list of recognized features.
Lesson
21 日間 前
ENG
溶接リブを追加することで、溶接モデルの強度と安定性を増します。 輪郭形状、厚みなど、溶接リブのオプションを理解する。 2 つの構造レイアウトの間に溶接リブを追加する。
Lesson
23 日間 前
ENG
構造レイアウトの輪郭は、ビーム、チューブ、チャネル、その他構造レイアウト タイプの断面の形をとります。レイアウト スケッチのセグメント方向にこの輪郭をスイープすると、構造レイアウトのジオメトリができます。 さまざまな輪郭とサイズをダウンロードでき、ユーザー定義の輪郭を作成することもできます。 標準構造レイアウトの輪郭サイズの追加コンテンツにアクセスする。 スケッチをライブラリ フィーチャー部品として保存して、ユーザー定義の溶接輪郭を作成する。 構造レイアウト(Structural Member)コマンドを使用して、構造レイアウトの輪郭から構造レイアウトを作成する。 輪郭配置(Locate Profile)オプションを使用して、構造レイアウトを配置するスケッチ点を選択する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
カット リスト テーブルを使用して溶接モデルを詳細化し、モデルから図面ビューに溶接情報をインポートします。 カット リスト テーブルを追加して編集する。 モデルから図面ビューに溶接情報をインポートする。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
カット リストを作成して、ボディを溶接部品にまとめます。溶接構造の構成部品にユーザー定義プロパティを追加すると、プロパティがカット リストに表示されます。 アセンブリの BOM と同じように、カット リストにより溶接レイアウトの詳細を示します。 カット リストの作成と編集。 ユーザー定義プロパティの編集。 溶接部品のボディ材料の編集。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
デザイン ライブラリには、エンボス、押し出しフランジ、ランス、ルーバー、リブなど、多くのサンプル フォーム ツールが含まれています。 これらの標準ツールの使用方法と、設計ニーズに応じてシンプルなユーザー定義ツールを作成する方法を学びます。 デザイン ライブラリから標準のフォーム ツールをドラッグ アンド ドロップして、板金部品を作成する。 標準フォーム ツールを編集して、個々の設計ニーズに応じてカスタマイズする。 部品に停止面と削除する面を設定して、ユーザー定義のフォーム ツールとして使用する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
部品を SOLIDWORKS にインポートし、展開ラインフィーチャーを使用して、板金ジオメトリの隣接するフランジの間に薄いカットを作成します。 ベンドを追加してモデルを板金に変換し、部品をフラット化して編集をします。 他のファイルタイプを SOLIDWORKS にインポートする。 展開ラインフィーチャーを使用して薄いカットを作成する。 部品にベンドを追加して、部品を板金に変換する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
ルートの展開や詳細設定機能により、3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成できます。注釈スタイルと製造スタイルの 2 とおりの方法があります。 このモジュール レッスンでは、製造スタイルについて説明します。 展開した配線ルートの曲率と向きを調整する。 配線ルートを展開する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
2 つの電気コンセント ボックスを接続するリジッドな導管と配線ルートを作成します。 導管の中心線が電気導管のルートを定義することを理解する。 電気ルーティング構成部品は接続点を含むハイブリッド構成部品を必要とすることを理解する。 自動ルート機能を使用して分解ラインを作成する。 既存のルートを編集して目的の構成部品を追加する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
アセンブリの既存の構成部品の間にフレキシブル チューブのルートを作成します。チューブ クリップと円筒のエンベロープに応じてチューブのルートを編集します。 エラーがある場合は、ルート修復(Repair Route)コマンドとスプラインの再ルート(Re-route Spline)オプションを使用して解決します フレキシブル チューブ ルートを作成する。 チューブ クリップとエンベロープを使用してルートを編集する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
3D スケッチを使用してルートのジオメトリを変更します。スケッチのジオメトリを削除、トリム、追加して、ルートを編集します。既存の管継手を削除して、代わりを追加する。 既存のルートを編集する。 既存の管継手を削除する。 代わりの管継手を追加する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
パイプのジオメトリを(中心線または外側のサーフェス)を基準に配管ルートを編集します。 カバーもパイプに追加できます。 既存のサーフェスを基準にルートを作成する。 パイプにカバーを追加する。 パイプ(中心線または外側のサーフェス)を基準に寸法の割り当て位置を変更する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加します。J ジョイントにジオメトリを作成して、インライン管継手の向きを決めます。 ルート分割ツールを使用して、既存のルートに接触点を追加する。 接触点に 3D ジオメトリを作成する。 3D ジオメトリを使用してインライン管継手の向きを決める。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN
ルート構成部品ウィザードを使用して、パイプの継手を作成します。 ルート構成部品ウィザードで管継手を作成する。 C 点/R 点を選択して作成する。 設計テーブルを使用して管継手を構成する。 作成した管継手をデザイン ライブラリに保存する。
Lesson
23 日間 前
ENG
JPN