トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
「エッジ フランジ」フィーチャーについて、エッジの選択、曲げ方向、その他関連オプションを学びます。 エッジ フランジを作成する。 エッジ フランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
板金ボディの平らな箇所にスケッチした直線を使用して、板金部品を折り曲げます。 別々のスケッチを使用して、2 つの箇所で板金部品を折り曲げる。 ベンド ラインをスケッチする。
Lesson
6 月 前
ENG
2 つのスケッチ輪郭の間にスケッチとロフトを作成して、板金部品を作成します。 スケッチ輪郭とロフト フィーチャーの要件を理解する。 ロフト板金部品の輪郭をスケッチする。 ロフト板金部品の要件を理解する。 厚みとベンド ライン オプションを設定する。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
「とめつぎフランジ」フィーチャーについて、輪郭のスケッチ、エッジの選択、その他関連オプションを学びます。 とめつぎフランジを作成する。 とめつぎフランジの各種オプションについて学ぶ。
Lesson
6 月 前
ENG
JPN
線形/非線形のエッジの組み合わせに沿ってエッジ フランジを作成します。 カーブ エッジ沿いにエッジ フランジを作成する。 シャープ エッジを避けるために、ジオメトリ相互を基準にフランジ位置を選択する必要があることを理解する。
Lesson
7 月 前
ENG
板金フィーチャーを使用して、板圧が一定の板金部品を作成します。 フランジ方式により板金部品を作成する方法の基本を学びます。 板金部品にベース フランジを作成する。 ゲージ テーブルの使用方法と板金オプションについて理解する。 板金部品を展開する。
Lesson
7 月 前
ENG
JPN
板金部品に折り曲げたヘムを作成し、部品を強化するとともにシャープエッジを排除します。ヘム ツールを使用して、ヘムのサイズ、タイプ、方向、長さを編集します。 板金部品に折り曲げたヘムを追加する ヘムを作成して、タイプや寸法を編集する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
部品を SOLIDWORKS にインポートし、展開ラインフィーチャーを使用して、板金ジオメトリの隣接するフランジの間に薄いカットを作成します。 ベンドを追加してモデルを板金に変換し、部品をフラット化して編集をします。 他のファイルタイプを SOLIDWORKS にインポートする。 展開ラインフィーチャーを使用して薄いカットを作成する。 部品にベンドを追加して、部品を板金に変換する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
特定の部品のデフォルト値を格納するゲージ テーブルとベンド テーブルについて学びます。インストール時に用意されるサンプル テーブルに入力をして使用します。 必要に応じてサンプル テーブルを作成してカスタマイズします。 ベンド テーブルの作成とカスタマイズ。 ゲージ テーブルとベンド テーブルの使用方法を理解する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ部品を使用して、1 つの部品で板金と溶接フィーチャーを使用します。 板金部品にフィレットと溶接ビードを使用します。 溶接部品に板金拘束を作成する。 板金部品でフィレット ビードと溶接ビードを使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 DXF/DWG クリーンアップ(DXF/DWG Cleanup)ウィンドウで部品を確認して編集します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
既存のフランジにジョグを追加します。ジョグにより、スケッチ線から 2 つのベンドを作成してフラット化して、板金部品に材料を追加します。 ミラー フィーチャーにより、板金設計に対称を追加します。 既存のフランジにジョグを追加します。 板金設計に対称を含める。 ジョグの配置。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
マルチボディ板金部品は、同じフィーチャー ツリーに特定の板金フィーチャーが複数含まれます。フラット パターン フィーチャーも複数存在します。カット リストには、個々のボディが表示されます。 マルチボディ板金部品の作成プロセスと、これら部品の使用方法もいくつか学習します。 板金ツールを使用して新しい板金ボディを作成する。 線形/円形パターン、ミラー、移動/コピーを使用して、ボディを複製する。 部品を挿入して、既存の板金部品にボディを追加する。 板金ボディを複数のボディに分割する。 マルチボディ板金設計の基本的な使用法を学ぶ。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
デザイン ライブラリには、エンボス、押し出しフランジ、ランス、ルーバー、リブなど、多くのサンプル フォーム ツールが含まれています。 これらの標準ツールの使用方法と、設計ニーズに応じてシンプルなユーザー定義ツールを作成する方法を学びます。 デザイン ライブラリから標準のフォーム ツールをドラッグ アンド ドロップして、板金部品を作成する。 標準フォーム ツールを編集して、個々の設計ニーズに応じてカスタマイズする。 部品に停止面と削除する面を設定して、ユーザー定義のフォーム ツールとして使用する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
折り曲げた板金部品とフラットにした板金部品の両方にカットを作成します。「厚みの値へリンク(Link to thickness)」と「法線のカット(Normal Cut)」オプションを使用します。 部品を板金に変換して、カーブ パターンを使用して円錐に複数のカットを作成します。 折り曲げた板金部品とフラットにした板金部品の両方にカットを作成します。 部品を板金に変換。 カーブ パターンを使用して円錐に複数のカットを作成します。 「厚みの値へリンク(Link to thickness)」と「法線のカット(Normal Cut)」オプションを使用します。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
輪郭とパス スケッチを使用してスイープ フランジを作成します。 スイープ フランジの輪郭とパス スケッチを作成する。 スイープ フランジ フィーチャーを使用してスイープ フランジを作成する。 スイープ フランジ(Swept Flange)タブで板金パラメーターを定義する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
フラット パターン フィーチャーのオプションについて、パラメーター、コーナー オプション、順目方向、除外する面などを学びます。フラット パターンから図面を作成して、寸法およびその他のアノテート アイテムを追加します。 フラット パターン オプションを確認する。 フラット パターンから図面を作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
板金に固有のプロパティについて学びます。 板金フィーチャーを使用して、板金ゲージ、曲げ許容範囲、自動リリーフオプションを制御します。 板金フィーチャーを使用して板金プロパティを制御する。 ゲージテーブルを使用して板金ゲージを制御する。 曲げ許容範囲を制御する 5 つのオプションを理解して使用する。 自動リリーフ機能を使用して、リリーフ カットのタイプと位置を制御する。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の板金の試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWPA(Certified SOLIDWORKS Professional Advanced)の板金の試験について学びます。 認定を取得するために必要な SOLIDWORKS のスキルを理解する。 サンプル試験からの質問を検討する。
Lesson
1 年 前
ENG
マルチボディ板金部品のカット リスト プロパティを使用します。 個々の板金部品にユーザー定義プロパティを割り当てる。 板金部品にユーザー定義のカット リスト テーブルを作成する。
Lesson
1 年 前
ENG
面の押し出し/トリムにより、板金のコーナーを閉じます。 各種の閉じたコーナーについて理解する。 フランジの面を延長して、別のフランジの角度付きの面に合わせる。
Lesson
1 年 前
ENG