トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
Product/Role:
並べ替え:
バージョン:
並べ替え:
言語:
カテゴリ:
並べ替え:
このモジュールでは、3D でのモデルの定義に使用するそのほかの製品製造情報(PMI)ツールを扱います。 参照寸法を適用して、フィーチャー寸法を再利用する。 データム ターゲットを適用してカスタマイズする。 デザイン ライブラリからデフォルトの注記を追加して、3D 注記を追加する。 公差スタイルを作成して、再利用できるように保存する。 サーフェスの仕上げと溶接記号を追加する。
Lesson
1 年 前
ENG
より高度な 3D PDF 機能を学習して、3D 設計の意図を、下流の SOLIDWORKS をインストールしていない製造工程にも明確に伝えましょう。 無料版の Adobe Reader を使用して、SOLIDWORKS または STEP のファイルを 3D PDF に添付する。 複数のシートを挿入する。 複数のビューポートを挿入する。 複数のテーブルを挿入する。 ソリッド アウトラインおよびイラストレーションのモードを表示する。 画面にフラットな注記とテーブルを表示する。 無料版の Adobe Reader を使用して、ファイルを 3D PDF に添付する。
Lesson
1 年 前
ENG
アセンブリにおける DimXpert を学習して、外形サイズと取り付けインターフェースの寸法と公差をアセンブリ環境で定義しましょう。 部品の中の既存の DimXpert 機能はすべてアセンブリでサポートされます。 自動寸法スキームを使用して、取り付け穴の間隔を定義する。 場所とサイズ寸法ツールを使用して、穴のサイズと、アセンブリ フィーチャーの寸法および公差を定義する。 手動の基本寸法を適用する。 面の代わりにエッジを選択して、定義を簡単にする。 2D の図面やスケッチのように、マウスを動かすごとに寸法を入れる。 フラグ ノートを自動的に更新する。 フィーチャー制御フレームを基準にして座標系を表示する。
Lesson
1 年 前
ENG