トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
Prepare for the Certified Additive Manufacturing exam. Learn about the SLA, SLS, and FDM processes of 3D printing, and how it’s rapidly changing the manufacturing world. This learning path will cover the basics of setting up and running successful parts from your FDM or SLA printer. Once you’re done with the learning path, head over to SOLIDWORKS.com/Certification for information on how to take the CSWA-AM exam so you can demonstrate your knowledge of this technology.
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS 部品での溶接に使用できるツールについて学習します。 溶接モデルの鋼材レイアウトの作成方法を学習します。 溶接モデルの複雑なトリムと延長について確認します。 グリッド システムを参照ジオメトリとして使用する方法について学習します。 溶接に固有の機能を使用して、溶接図面を詳細に設定します。 溶接部品に板金フィーチャーを作成します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS 部品での溶接の基本的な使用方法について学習します。 溶接部品の設計の概要について確認します。 カット リストを作成して、ボディを溶接部品にまとめます。 部品にフィレット ビードと溶接ビードを作成します。 溶接モデルの鋼材レイアウト フィーチャーは、鋼材レイアウトのプロフィールを使用して、部品のボディを生成します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS でサーフェスを使用する方法について学習します。 サーフェスの作業の概念について確認します。 さまざまなサーフェス手法を使用して、薄板モデルを作成します。 サーフェスの交差箇所に複雑なブレンドを作成します。 サーフェス フィーチャーを使用して、モデルの面の間をブレンドします。 サーフェス ツールを使用して、他の CAD ソフトウェアからインポートしたジオメトリを修復します。 サーフェス ツールを使用して、インポートしたジオメトリを編集します。 自由形状フィーチャーを使用して、オルガニック形状を作成および調整します。 部品のジオメトリを評価するために使用可能なツールを確認します。
Learning Path
2 月 前
インパクトのあるコンテンツとエクスペリエンスを通してイマジネーションを現実化することで、商品のデザインやマーケティングを向上しましょう。 SOLIDWORKS Visualize を使用すると、だれもがプロフェッショナルな写真画質のイメージ、アニメーション、その他の 3D コンテンツを、可能な限りすばやく簡単に作成できます。 インポート プロセスを理解して、Visualize プロジェクトをセットアップする。 ユーザー インターフェースと、よく使用される機能をマスターする。 新しい外観を作成、調整、および追加する。 環境、光、およびバックプレートを管理する。 あらかじめセットされたカメラ フィルタを使用するか、カスタムのカメラ設定を作成する。 SOLIDWORKS Visualize のイメージおよびビデオ出力オプションを使用して、写真画質のコンテンツを作成する。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS Utilities は、ソリッド モデルのジオメトリを細部にわたって確認し、他のモデルとの比較を可能にするためのツールです。 機能の検索と修正、または抑制。 トポグラフィーの問題の可能性があるモデルの解析。 モデル要素のタイプをすべて選択。 SolidWorks Utilities で作成されたレポートの管理と検索。 モデルの対称性を検証。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS Utilities は、ソリッド モデルのジオメトリを細部にわたって確認し、他のモデルとの比較を可能にするためのツールです。 2 つの類似した部品表の比較(BOM)。 図面のアノテート アイテムのテキストの検索と置き換え。 2 つの類似した部品の機能の違いを特定。 2 つの類似した部品のジオメトリの違いを特定。 フィーチャーのプロパティを他のフィーチャーにコピー。
Learning Path
2 月 前
この学習モジュールのレッスンでは、 SOLIDWORKS の部品、アセンブリ、および図面の概要について簡潔に説明します。 ロールバックを使用して部品を調べ、どのように作成されたかを確認します。フィーチャーの順序を変えて、フィーチャー、スケッチ、スケッチ平面を編集します。 アセンブリに部品を追加したり、既存の部品の向きを変更してアセンブリを作成します。合致を追加して構成部品を接続します。 既存の部品ファイルから図面を作成し、基本ビューを追加して、寸法や吹き出しを追加/操作します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS MBD について学習します。 SOLIDWORKS MBD の概要から始めます。 DimXpert ツールの概要を理解します。 高度な DimXpert テクニックを使用して、製品製造情報(PMI)を整理する方法を学習します。 アセンブリで DimXpert を使用します。 自動寸法スキームを使用します。 PMI ツールを使用して、3D でモデルを定義します。 注釈ビューを使用して PMI を整理します。 部品およびアセンブリで 3D ビューを作成します。 3D PDF テンプレート エディタについて理解します。 3D PDF および eDrawings ファイルを作成および使用します。 高度な 3D PDF 機能を学習します。 SOLIDWORKS MBD の使用方法に関する 3 つのスタディをレビューします。
Learning Path
2 月 前
Learn about SOLIDWORKS Inspection to streamline the creation of inspection documents by leveraging your existing 2D legacy data, regardless of whether files are SOLIDWORKS, PDFs, or TIFFs.
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS 図面の基礎について学習します。 図面の概要および詳細(寸法設定)を確認します。 既存の図面ビューから図面ビューを派生して作成します。 図面に複数のタイプの断面図を作成します。 図面に注釈とブロックを作成します。 図面に寸法を追加して修正します。 シート フォーマットとテンプレートを作成し、図面の統一性を促進します。 カスタム テーブルと穴テーブルを図面に追加します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS Costing について学習し、一部の部品の製造コストを計算します。 Costing ツールを使用して、機械加工部品のコストを決定します。 Costing ツールを使用して、板金部品のコストを判別します。
Learning Path
2 月 前
Learn about some of the key features of SOLIDWORKS Composer.
Learning Path
2 月 前
Learn more about SOLIDWORKS CAM, which is a fully integrated, Knowledge Based technology that allows you to integrate design and manufacturing processes under one system.
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS でのスケッチの基礎について学習します。 平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 スケッチ拘束を使用してスケッチを完全に定義し、設計意図を取り込みます。 自動のスケッチ拘束を使用して、輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 3D スケッチの基礎について学習します。 複数のプロフィールを含むスケッチを利用する方法について理解します。
Learning Path
2 月 前
スケッチをトリム、寸法設定、コピー、および再使用するためのツールについて学習します。 スケッチ エンティティをトリムして、不要なジオメトリを削除します。 スマート寸法ツールを使用して寸法を追加します。 スケッチ エンティティを変換およびオフセットして、パラメトリック スケッチ エンティティを作成します。 エンティティの作成中または作成後にスケッチのエンティティをミラーします。 スケッチを参照およびコピーしながら、複数回使用します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS で使用可能なスケッチ エンティティの一部を学習します。 スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 楕円とスロットをスケッチ内にエンティティとして作成します。 スケッチにフィレットと面取りを作成する。 スプラインをスケッチしてコントロールします。
Learning Path
2 月 前
SimulationXpress について学習し、部品の応力解析を簡単に行います。 部品の応力解析を行うための SimulationXpress について確認します。 部品を解析するために必要な手順を確認します。 SimulationXpress を使用して、メッシュを調整したり、シミュレーションを実行して解釈し、保存します。 解析結果に基づいてモデル寸法を最適化します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS での板金部品で使用可能なツールについて学習します。 インポートしたジオメトリを板金フィーチャーに変換して、部品を編集および展開します。 スイープ フランジを作成して、関連するオプションをレビューします。 スケッチのプロフィールの間にロフトを作成して板金部品を作成します。 マルチボディ板金部品設計により、潜在的に異なる材料の複数の板金ボディを 1 つの部品ファイル内に作成できます。 溶接部品に板金フィーチャーを作成します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 フォーム ツールを使用すると、板金の曲げ、伸ばし、あるいは成形できます。 板金部品に固有のゲージ テーブルとベンド テーブルを確認および作成します。
Learning Path
2 月 前
板金部品の作成と展開に役立つツールについて学習します。 板金部品の設計の概要について確認します。 さまざまな板金のプロパティを理解して使用、およびカスタマイズします。 板金部品にエッジ フランジを追加します。 板金部品にとめつぎフランジを追加します。 板金部品に折り曲げたヘムを作成し、部品を強化するとともにシャープエッジを排除します。 ジョグ フィーチャーを使用して既存のフランジをオフセットします。 板金部品にカットを作成します。 フラット パターン オプションを確認し、フラット パターンの図面を作成します。
Learning Path
2 月 前
構成部品とエンティティの選択に役立つツールについて学習します。 アセンブリでの構成部品選択手法を確認します アセンブリ エンベロープを参照構成部品および選択に使用します
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して、構成部品間のチューブ経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 ルーティングを使用して、配管、チューブ、および電気ケーブルを作成します。 標準の管継手を使用して、既存の構成部品間に直交する配管ルートを作成します。 既存の構成部品間にフレキシブル チューブ ルートを作成して編集します。 適切な注釈の付いたチューブ図を作成します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して、構成部品間の配管経路をモデリングする追加のツールについて学習します。 ルート ジオメトリと管継手を編集します。 既存のサーフェスから特定の距離のところにルートを作成します。 ユーザー定義ルート アセンブリ テンプレートを作成します。 カスタム ルート仕様テンプレートを作成および使用します。 ルーティング構成部品ウィザードを使用して、新しい管継手を作成します。 配管計装図ファイルのインポート方法を学習します。
Learning Path
2 月 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して、構成部品間の配管経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 ルーティングを使用して、配管、チューブ、および電気ケーブルを作成します。 配管ルート ジオメトリを自動的に生成します。 3D スケッチ ルートを手動で作成して、配管を定義します。 インライン管継手を追加して、向きを変更します。 ルート分割ツールを使用して、ルートに接触点を追加します。 配管アセンブリから配管図を作成します。
Learning Path
2 月 前