トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
アセンブリの分解図を作成するのと同じツールをいくつか使用して、マルチボディ部品の分解図を作成します。 分解状態と分解解除状態を切り替える。 分解ステップを編集する。 コンフィギュレーション 1 つに複数の分解図を作成する。
Lesson
8 月 前
ENG
JPN
設計テーブルを使用すると、寸法の値やフィーチャーの抑制状態を変更した複数のコンフィギュレーションを簡単に作成できます。 設計テーブルを効果的に使用するためのモデルを設定する。 設計テーブルを作成するときのオプションを理解する。 追加の寸法やフィーチャーを制御するための列を設計テーブルに追加する。 追加のコンフィギュレーションを作成するための行を設計テーブルに追加する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
ConfigurationManager を使用して、コンフィギュレーションを追加して部品を修正します。このために、フィーチャーの抑制状態をコントロールし、寸法のコンフィギュレーションを作成します。 ConfigurationManager を使用して部品にコンフィギュレーションを追加する。 モデルの異なるバージョンを表すためにフィーチャーを抑制する。 部品の異なるサイズ バージョンを作成するために、寸法のコンフィギュレーションを作成する。
Lesson
9 月 前
ENG
JPN
ボトルの中の液体を表す交差フィーチャーを作成します。 それから、質量特性ツールを使用して、作成したフィーチャーの体積を求めます。 ボトルの液体を表すコンフィギュレーションを作成する。 ボトルの充填レベルを表す参照平面を作成します。 交差フィーチャーを使用してボトルの中の液体をモデル化する。 質量特性を使用してソリッド ボディの体積を求める。
Lesson
1 年 前
ENG
JPN
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品でコンフィギュレーションを修正します。 フィーチャーの抑制状態を変更して、特定のコンフィギュレーションで寸法を調整する。 部品の質量特性を取得する。
Lesson
1 年 前
ENG
CSWP(Certified SOLIDWORKS Professional)サンプル試験の部品でコンフィギュレーションを確認、追加して修正します。 サンプル試験に含まれるコンフィギュレーションを修正する。 部品の質量特性を取得する。
Lesson
1 年 前
ENG