CSWA 試験の部品モデリングのパートを確認します。 サンプルの CSWA 試験で部品のモデリングに使用した方法を復習する。 サンプルの CSWA 試験を復習する。
Lesson
23 日間 前
トリム解除ツールにより自然な境界に沿ってサーフェスを延長して、シャープ コーナーや角ばったエッジのギャップを埋めて修復します。 サーフェス ボディのギャップを閉じる。 サーフェス ボディを延長して、シャープ コーナーを除去する。
Lesson
24 日間 前
境界サーフェスを使用して、他のサーフェス間のギャップを埋めます。 境界サーフェス、ロフト、フィル サーフェスの類似点を理解する。 サーフェス モデルの不要なジオメトリを削除して、境界サーフェスでギャップを埋める。
Lesson
24 日間 前
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
24 日間 前
測定と質量特性ツールを使用して、モデルのサイズ、重量などを評価します。 部品の材料や座標系が質量特性にどのように影響するかを理解する。 点や円の間を測定して、部品サイズを判別する。
Lesson
24 日間 前
部品に材料を追加して、質量特性の計算、SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して、部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
24 日間 前
点、軸、および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し、測定ツールの使用に役立てます。 1 つ以上のモデル エンティティをもとに、基準点、軸、座標系を作成するオプションを学ぶ。
Lesson
24 日間 前
平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
24 日間 前
スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義、完全定義、重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
24 日間 前
自動のスケッチ拘束を使用して、輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 自動スケッチ拘束を示すカーソルのアイコンを確認する。 スケッチの輪郭を作成して、スケッチしながら自動のスケッチ拘束を追加する。
Lesson
24 日間 前
スケッチ拘束を使用してスケッチを完全に定義し、設計意図を取り込みます。 自動のスケッチ拘束と手動で追加するスケッチ拘束について学ぶ。 2 つの直線間に拘束を追加して、共通のスケッチ拘束を理解する。 円と円弧の間に拘束を追加して、追加のスケッチ拘束を確認する。
Lesson
24 日間 前
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
24 日間 前
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか、円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
24 日間 前
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
24 日間 前
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直、水平、または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
24 日間 前
押し出しフィーチャーのさまざまな押し出し状態のオプションについて学びます。 スケッチからの距離で定義される押し出し状態を確認する(ブラインド、全貫通、中間面)。 既存の 3D ジオメトリで定義される押し出し状態を確認する(次のサーフェスまで、頂点指定、端サーフェス指定、オフセット開始サーフェス指定、次のボディまで)。 選択した押し出し状態に基づくジオメトリの違いを確認する。
Lesson
24 日間 前
部品の作成を始めるために適切なスケッチ平面を選ぶ重要性を理解する。 部品の開始フィーチャーと開始スケッチ平面を選択する。 開始スケッチ平面の選択が図面にどのように影響するかを理解する。
Lesson
24 日間 前
フィレットまたは面取りを使用して、それぞれラウンドまたはベベル エッジを作成します。 モデリング手法を向上させる一般的なフィレット ルールを理解する。 固定半径フィレットを作成して、いくつかのオプションを理解する。 面取りフィーチャーを作成して、いくつかのオプションを理解する。
Lesson
24 日間 前
軸まわりにスケッチの輪郭を回転して、材料を追加または除去します。 回転したフィーチャーを作るのに適したエンティティ、関係および寸法を含むスケッチを作成する。 回転フィーチャーのオプションを理解する。
Lesson
24 日間 前
スケッチの輪郭を延長し、押し出しボスを作成して材料を追加します。押し出しカットを作成して材料を除去します。 スケッチ拘束と寸法を使用して、スケッチの輪郭を定義する。 押し出しフィーチャーのオプションを理解する。 押し出しボスで材料を追加し、押し出しカットで材料を除去する。
Lesson
24 日間 前
パス方向にスケッチの輪郭を移動して、スイープ フィーチャーを作成します。 スケッチ拘束を使用して、部品の別のスケッチを基準にスケッチパスを作成する。 スイープ フィーチャーの基本オプションを理解する。
Lesson
24 日間 前
多機能なスマート寸法ツールを使用して、スケッチにスマート寸法を追加します。1 つのツールで、円弧の半径寸法、2 点間の直線寸法などを作成できます。 表示される寸法は、選択したエンティティにより異なります。 直線、角度、半径、その他の寸法を挿入する。 寸法を修正する。 寸法を移動して接続し直す。
Lesson
24 日間 前
図面のモデルからユーザー定義プロパティを使用して、BOM テーブルのセルに自動で入力します。 ベンダーや部品番号などのユーザー定義プロパティをセルに入力する。 BOM テーブルを修正して、後で使えるようにテンプレートに保存する。
Lesson
24 日間 前
バルーンを作成して、部品表テーブルのアイテムを図面ビューの対応するアイテムに関連付けます。 バルーン、自動バルーン、積重ねバルーン ツールを使用して、図面にバルーンを作成する。 マグネット ラインを使用してバルーンを整列する。
Lesson
24 日間 前