Search results from your query.
トポロジースタディは気づきを得るための機能です。SIMULIAのテクノロジーを利用して、理想的な形状を検証できます。 【ゴールと制約】 「ゴールと制約」では用途に応じたゴール条件を指定できます。設定した荷重と拘束条件から、必要となる形状を計算します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 days ago
SOLIDWORKS 2018は「タブおよびスロットツール」機能が新たに追加されています。治具の設計においては非常に手間がかかる分野であるため、設計ステップを自動化する強力なツールです。 【フィーチャーが自動的に作成】 タブおよびスロットツール機能はマルチボディの編集に役立ちます。挿入地点を定義することで、関連する複数のボディにフィーチャーが自動的に作成されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
今年もやってきました SOLIDWORKS Visualize X‘mas! 操作は簡単。この週末に、さぁ、あなたも挑戦してみませんか? ステップ① Mysolidworksにアクセス。 この際に、MySolidWorksのアカウント(SOLIDWORKS ID)を登録してみてはいかがでしょう。「ご登録」にアクセスして、メールアドレスとパスワードを入力するだけ。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS PDM 2018では、さまざまな設計変更による複雑なプロセスをより効率的に管理できます。 【設計のブランチ(分岐)機能】 設計のブランチ(分岐)機能ではファイルの全体または一部をコピーして編集できます。ファイル構造は維持されるので、上書きしてしまうミスがなくなります。 【設計のマージ(統合)機能】 設計のマージ(統合)機能では編集したファイルを適用して別のバージョンとして出力できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS 2018のスケッチ機能では、作業をより直感的に進められます。 【効率的な作業】 円弧やスプラインなどの正接した端点を、右クリックメニューから反転できます。参照エラーの修正作業もより効率的に作業できます。 【3Dスケッチ】 3Dスケッチではミラーエンティティ機能があり、対称的な3Dスケッチを簡単に作成できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
株式会社飯沼ゲージ製作所 土橋 美博さまの学校での授業の取り組みを前半、後半の2回に分けてご紹介している本ブログ、今回は後半の内容をお届けします。認定試験CSWA合格者は何を語る ?これから認定試験CSWAに挑戦しようというみなさま、合格者コメントにもご注目ください。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
今回のブログは、株式会社飯沼ゲージ製作所 土橋 美博さまより、学校での授業の取り組みを前半、後半の2回に分けてご紹介いたします。 ・Early Engagement 長野県南信工科短期大学校は、長野県内2番目の工科短大として、平成28年4月に新しく開校した長野県立の工業系短期大学校です。これからの長野県の産業を支えていく「ものづくりのスペシャリスト」を育成しています。南信工科短期大学校では、その授業として、併設する短期コースを含めて、「これからの開発設計手法である」3DCAD設計教育を強力に行っています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
SOLIDWORKS Simulation 2018では既存の解析機能の改良に加えて、新しい機能が拡張されています。 【設計の問題箇所が見つけやすい】 応力ホットスポットから重要な特異点を診断する機能が追加されています。応力の高さだけではなく勾配による高低差も考慮されていて、設計の問題箇所が見つけやすいです。 【アセンブリにインポート】 部品やサブアセンブリで行った解析の設定をアセンブリにインポートできます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
今年、ダッソー・システムズは3DEXPERIENCE Marketplaceという新しいプラットフォームを立ち上げました。3DEXEXERIENCE Marketplaceには、「Manufacturing of Amazon」としてオンライン3Dコンポーネントカタログを提供するMarketplace | PartSupply、世界中のメーカーとつながって3Dプリント、CNC加工、射出成形など、希望するプロセスで部品を製造するサービスを提供するMarketplace | Makeがあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
デザイナー、サプライヤーおよび製造業者は、3DEXPERIENCE Marketplaceを使って新しいビジネス チャンスにアクセスできます。3DEXPERIENCE MarketPlaceに参加しませんか?あなたが最新デザインや製品の提案をしたい場合でも、3DEXPERIENCE Marketplaceで新しいベンダーやお客様とつながることができます。 ダッソー・システムズは、多くの設計者、加工業者、サプライヤ等がいる SOLIDWORKS コミュニティとCATIAコミュニティが共通の場所に接続し、効率的にビジネスを行えるよう、3DEXPERIENCE Marketplaceを提供しています。それは誰にとっても魅力的な場所です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
2018年9月4日(火)から8日(土)にエコパ(静岡県 小笠山総合運動公園)で『第16回 全日本 学生フォーミュラ大会』が開催されました。国内(70校以上)だけでなく、海外からもインドネシア、中国、タイ、韓国、台湾、マレーシア、フィリピン、オーストラリア(15行以上)からが参加しました。学生フォーミュラ大会は、フォーミュラカーの速さを競うだけの大会ではなく、車が安全か、適正なコストでできているか、デザイン性、作ったフォーミュラカーについてのプレゼンテーション等ものづくりという観点からの静的審査も重要なポイントになります(詳しい審査の内容はこちら)。車検に通った車だけが、動的審査(走行審査)に参加できるのです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
SOLIDWORKS 2018 はメッシュデータの操作が拡張され、STL、OBJ、3MFファイルなどの幅広い形式に対応しています。 【メッシュジオメトリ】 メッシュジオメトリに材料やRealViewの外観を適用できます。断面図も作成できるようになりました。これにより、従来の環境に近いイメージでデータを取り扱うことができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
夏休みの宿題-上級編-は、難しかったでしょうか?さすがに初級編よりは答えにばらつきがありましたが、多くの方が全問正解でした。 では、回答と解説をご覧ください。 問題1 単位系 MMGS 小数位 第2位 材料 炭素鋼(普通) A=105 B=72 C=135° 角の丸みに関しては、フルラウンドフィレットを用いてください。このモデルの重心の位置をお答えください。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
SOLIDWORKS MBD 2018は業務に必要な製造情報をより正確に定義でき、設計から製造に至るプロセス全体に簡単に実装することが可能です。 【パターンフィーチャーにデータムを適用】 パターン化されたフィーチャーにデータムが適用でき、リアルな動きを正確に確認できます。 【3Dビューのスライドショー機能が強化】 PDF出力は3D注記を含められます。3Dビューのスライドショー機能が強化されているので、正しく意図を伝えられるドキュメント作成に役立ちます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
5 months ago
特別企画:SOLIDWORKS夏休みの宿題 -初級編-に回答いただいた皆様、ご参加ありがとうございました。やはり、ちょっと簡単すぎたでしょうか。ご参加いただいたほとんどの方が全問正解でした!全問正解いただいた方の中から抽選でSOLIDWORKSオリジナルリングノートをお送りします。リングノートの表紙は、株式会社飯沼ゲージ製作所 土橋 美博様がSOLIDWOKRS Visualizeでレンダリングした「超高精度ステージ」になります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
今日の消費者は、個々のニーズに合わせて高度にパーソナライズされた製品を求める傾向が益々高まっているようです。このようなパーソナライゼーションが設計プロセスをさらに複雑なものにしますが、その一方で、オンラインや店舗内でお客様が簡単にマスカスタマイズできる画期的な新しいツールも登場しています。今年のSOLIDWORKS World 2016の参加者には、まさにそのようなテクノロジが紹介されました。ニューヨーク州ホーポージのClearVision Opticalは、メガネ製品で成功した革新的なリーダー企業です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
前回「特別企画:SOLIDWORKS夏休みの宿題 -初級編-」として、3D設計に関する問題を出しましたが、ご参加いただけたでしょうか?皆さん簡単過ぎたのではないでしょうか?今回は上級編としてもう少し難しい問題に挑戦してみませんか?今回はSOLIDWORKSを使わないと難しい問題です。MySolidWorks オンライントライアルの時間内で解くのも難しいかもしれませんが、できないことはないと思いますので、SOLIDWORKS持ってないけど挑戦したい!という方は、ぜひオンライントライアルで挑戦してみてください。 上級編で回答いただいた方全員に上級編の問題集を差し上げます。また、全問正解した方の中から抽選で20名の方には、アンノデザインオフィスとコラボしたタンブラーをプレゼントします。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
8月1日(水)- 2日(木)こども霞が関見学デーとして各省庁で見学ツアーや関連のイベント等が実施されました。そのうちの一つ経済産業省で実施された「こどもデー」に参加された一般社団法人デジタルファブリケーション協会のプログラムにソリッドワークスもソフトウェアを貸し出す形で参加させていただきました。普段はスーツを着た大人しかいないビルですが、当日は夏休みの子供たちでいっぱいでした。 デジタルファブリケーション協会では、「3Dプリント工房で未来のものづくりを体験!」と題して、3Dプリントプロダクトの展示と、3Dプリンターのデモンストレーション、3DCAD操作の体験プログラムを実施しました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
7月27日(金)パシフィコ横浜で開催された「キッズエンジニア2018」にソリッドワークスは今年も、小学生低学年向け、高学年向けのプログラムを実施しました。28日(土)も開催予定でしたが、台風12号のため残念ながら中止となってしまいました。 小学生低学年向け人は、SOLIDWORKS を使って、立体のカラーパーツを組み合わせながらキャラクターのデザインしてもらいました。完成したデザインは印刷して作品としてお渡ししました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
SOLIDWORKS 2018のマグネット合致ツールは、より大規模かつ複雑な環境で効率的な設計を行うことができます。 【複数定義】 設置する平面を複数定義できます。設置する面をアクティブにすることで、Asset Publisherで定義した構成部品を挿入することができます。 【マグネット合致のロック】 Tabキーで回転して適切な場所にドラッグをすると、マグネット合致のロックアイコンが表示されるので、使いやすく簡単に設定が可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
いつもブログをご覧いただいている皆様にSOLIDWORKS・3DCADに親しんでいただけるよう夏休みの宿題だします!宿題といっても、今回は初級編ということでクイズ感覚で楽しんでいただける簡単なものです。問題はSOLIDWORKSを使っていただければ簡単に解けますが、他の方法で解いていただいてもOKです。全問正解された方の中から抽選で20名にSOLIDWORKS オリジナル リングノートを差し上げます!また、参加いただいた皆様には、さらにSOLIDWORKSを学んでいただけるよう問題の解説と問題集をお送りします。 やってみたいけど、SOLIDWORKS持ってないし。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 months ago
私は、シカゴで開催されたダッソー・システムズ初のアディティブマニュファクチャリングシンポジウムに参加し、何百人もの積層造形愛好家の一員になったような喜びに包まれていました。このシンポジウムは、5月15~18日に開催されたSCIENCE in the Age of Experienceイベントの一環として開催されています。このイベントの目標は、世界を牽引する積層造形(AM)のエキスパートや支援者を集結させ、最新の技術革新に関する深い考察を共有し、この業界が継続的に抱えている課題に協力して対処し、この技術の幅広い採用と発展を加速するアイデアを生み出すことでした。 会場は企業一般はもちろん政府機関、そして教育機関の人たちでいっぱいでした。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 months ago
SOLIDWORKS Inspection 2018は、検査レポートをより効率よく作成するための新機能を搭載しています。2D検査図面を作成する手間を省き、初回品検査レポートの作成に要する時間を数時間からわずか数分に短縮します。 【直接インポート】 CATIA V5、PTC Creo、DWG形式の2D図面を検査プロジェクトに直接インポートできます。PDFやTIFFへの変換は必要ありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 months ago
製品のパフォーマンスと機能は飛躍的に進化し、設計とテクノロジーのハードルはますます高くなり、市場とビジネスのプレッシャーは増加し続けています。こうした要因により、専用のメカトロニクス ソフトウェアを介してのみ効率的に製造できる現代の製品に統合および適応しやすい設計機能へのニーズが高まっています。 メカトロニクス製品設計の幕開けにより、サイロ化されたエンジニアリング設計ツールは製図板と同じ運命をたどることになりました。現代の複雑な設計を追跡するには、専用のコラボレーティブ ツールが不可欠です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 months ago