今日の消費者は、個々のニーズに合わせて高度にパーソナライズされた製品を求める傾向が益々高まっているようです。このようなパーソナライゼーションが設計プロセスをさらに複雑なものにしますが、その一方で、オンラインや店舗内でお客様が簡単にマスカスタマイズできる画期的な新しいツールも登場しています。今年のSOLIDWORKS World 2016の参加者には、まさにそのようなテクノロジが紹介されました。ニューヨーク州ホーポージのClearVision Opticalは、メガネ製品で成功した革新的なリーダー企業です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 days ago
前回「特別企画:SOLIDWORKS夏休みの宿題 -初級編-」として、3D設計に関する問題を出しましたが、ご参加いただけたでしょうか?皆さん簡単過ぎたのではないでしょうか?今回は上級編としてもう少し難しい問題に挑戦してみませんか?今回はSOLIDWORKSを使わないと難しい問題です。MySolidWorks オンライントライアルの時間内で解くのも難しいかもしれませんが、できないことはないと思いますので、SOLIDWORKS持ってないけど挑戦したい!という方は、ぜひオンライントライアルで挑戦してみてください。 上級編で回答いただいた方全員に上級編の問題集を差し上げます。また、全問正解した方の中から抽選で20名の方には、アンノデザインオフィスとコラボしたタンブラーをプレゼントします。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 days ago
8月1日(水)- 2日(木)こども霞が関見学デーとして各省庁で見学ツアーや関連のイベント等が実施されました。そのうちの一つ経済産業省で実施された「こどもデー」に参加された一般社団法人デジタルファブリケーション協会のプログラムにソリッドワークスもソフトウェアを貸し出す形で参加させていただきました。普段はスーツを着た大人しかいないビルですが、当日は夏休みの子供たちでいっぱいでした。 デジタルファブリケーション協会では、「3Dプリント工房で未来のものづくりを体験!」と題して、3Dプリントプロダクトの展示と、3Dプリンターのデモンストレーション、3DCAD操作の体験プログラムを実施しました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
9 days ago
7月27日(金)パシフィコ横浜で開催された「キッズエンジニア2018」にソリッドワークスは今年も、小学生低学年向け、高学年向けのプログラムを実施しました。28日(土)も開催予定でしたが、台風12号のため残念ながら中止となってしまいました。 小学生低学年向け人は、SOLIDWORKS を使って、立体のカラーパーツを組み合わせながらキャラクターのデザインしてもらいました。完成したデザインは印刷して作品としてお渡ししました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
16 days ago
SOLIDWORKS 2018のマグネット合致ツールは、より大規模かつ複雑な環境で効率的な設計を行うことができます。 【複数定義】 設置する平面を複数定義できます。設置する面をアクティブにすることで、Asset Publisherで定義した構成部品を挿入することができます。 【マグネット合致のロック】 Tabキーで回転して適切な場所にドラッグをすると、マグネット合致のロックアイコンが表示されるので、使いやすく簡単に設定が可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
27 days ago
いつもブログをご覧いただいている皆様にSOLIDWORKS・3DCADに親しんでいただけるよう夏休みの宿題だします!宿題といっても、今回は初級編ということでクイズ感覚で楽しんでいただける簡単なものです。問題はSOLIDWORKSを使っていただければ簡単に解けますが、他の方法で解いていただいてもOKです。全問正解された方の中から抽選で20名にSOLIDWORKS オリジナル リングノートを差し上げます!また、参加いただいた皆様には、さらにSOLIDWORKSを学んでいただけるよう問題の解説と問題集をお送りします。 やってみたいけど、SOLIDWORKS持ってないし。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
30 days ago
私は、シカゴで開催されたダッソー・システムズ初のアディティブマニュファクチャリングシンポジウムに参加し、何百人もの積層造形愛好家の一員になったような喜びに包まれていました。このシンポジウムは、5月15~18日に開催されたSCIENCE in the Age of Experienceイベントの一環として開催されています。このイベントの目標は、世界を牽引する積層造形(AM)のエキスパートや支援者を集結させ、最新の技術革新に関する深い考察を共有し、この業界が継続的に抱えている課題に協力して対処し、この技術の幅広い採用と発展を加速するアイデアを生み出すことでした。 会場は企業一般はもちろん政府機関、そして教育機関の人たちでいっぱいでした。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS Inspection 2018は、検査レポートをより効率よく作成するための新機能を搭載しています。2D検査図面を作成する手間を省き、初回品検査レポートの作成に要する時間を数時間からわずか数分に短縮します。 【直接インポート】 CATIA V5、PTC Creo、DWG形式の2D図面を検査プロジェクトに直接インポートできます。PDFやTIFFへの変換は必要ありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
製品のパフォーマンスと機能は飛躍的に進化し、設計とテクノロジーのハードルはますます高くなり、市場とビジネスのプレッシャーは増加し続けています。こうした要因により、専用のメカトロニクス ソフトウェアを介してのみ効率的に製造できる現代の製品に統合および適応しやすい設計機能へのニーズが高まっています。 メカトロニクス製品設計の幕開けにより、サイロ化されたエンジニアリング設計ツールは製図板と同じ運命をたどることになりました。現代の複雑な設計を追跡するには、専用のコラボレーティブ ツールが不可欠です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
流行ったのは少し前になりますが、今でもスマートフォンを一心不乱に見つめながら歩いている人を見かけます。人々がこのような小型コンピュータ デバイスに一時的に夢中になるのは、今に始まったことではないのでは?そのとおりです。でもそれまでと違うのは、彼らがスマートフォンを空中に掲げながら、一見、目には見えないターゲットを探しているという点です。最初は不思議に思いましたが、ほどなくして、彼らはスマホを操作しているのではなく、ポケモンGOの拡張現実の世界に潜むポケモンのキャラクターを探しているのだとわかりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
ソリッドワークス・ジャパンでは、毎年お客さま向け販促ツールとして卓上カレンダーを制作しています。2019年のSOLIDWORKS カレンダーへ掲載する画像を公募いたします。SOLIDWORKSで設計された皆様の素晴らしい製品画像をぜひご応募ください! 2017年カレンダー画像募集要項 募集期限 2018年7月20日(金) 申込方法 「登録フォーム」に必要事項をご記入をいただきinfo@solidworks.co.jp 宛にお送り下さい。 折り返し画像アップロード方法をご案内させていただきます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
前回の「Web 上の MBD を軽視しない」ブログでは、表 1 の 2 つ目の要素である「プロセス」が完結しました。第 1 回目の MBD 導入ブログを掲載から数えると、この「モデルベース定義(MBD)導入における 10 の注意点」シリーズは 17話目になります。数々の優先事項に惑わされず、週末の作業もいとわず、ここまで続けられたのも、関心を持ってくださった皆様、応援、ご意見、情報を寄せてくださった皆様、改めてお礼を申し上げます。読者の方々こそが本シリーズの活力源です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS Electrical 2018 では全体的な作業の効率化に役立つ機能が多数搭載されています。 【図面スタイル】 「図面スタイル」で、レイヤ・ラインスタイル・テキストスタイルなどを一括で管理できます。プロジェクト内のどの配線図からも新しいレイヤとそのプロパティにアクセスできるので、時間を短縮できます。 【プロジェクト全体の表示】 プロジェクト構成(Project Configuration)の属性(Attribute)タブでは、プロジェクト全体の属性の表示をまとめて定義できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS 2018のペンタッチモードに挑戦! 皆様こんにちは、阿武です。今回のブログは動画による解説です。ペンタブレットを使ってSOLIDWORKS 2018でモデリングする様子を動画にしてみました。モデリングするのは前回のブログで描いていたスケッチと同じで、ドーナツ状のリングを重ねた照明器具になります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
昨年に引き続き、今年も開催した「SOLIDWORKS Visualizeレンダリング コンテスト Part2」!今回は、Webサイトにて公開人気投票を行い、多くの皆さまに投票のご協力をいただきました。ありがとうございます。それでは集計の結果を発表します! 人気投票第1位 モノトーンクロック | 株式会社ラドンナ 服部 恵様 本物の時計を写真で撮ったようなリアル感 実物がないなんて信じられないようなレンダリングに仕上がっていますよね。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
エンジニアはよく、サプライヤーと協力するために、CADモデル、中間形式のSTEPファイル、2D図面、品質規定、内部基準といった技術ドキュメントを送ります。これらのファイルのリストはどんどん増えます。しかも、時間と共にこの長いリストの各ドキュメントに独自のリビジョンが生まれます。断片化したドキュメントを統合するため、米国軍用規格31000A: 2013では、技術データ パッケージ(Technical Data Package:TDP)という概念を推奨しています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
4年に一度、世界中のアスリートが一堂に会し、世界の頂点を目指して競います。わずか数秒や数センチの差が勝利の栄冠と敗北の苦しみを分ける、大勝負の舞台です。優秀なアスリートがもう一歩踏み出す必要性を認識すると、彼らは数学選手(マスリート)に変わります。ここでは、カナダ人のやり投げ選手でオリンピックにも出場したElizabeth Gleadle氏と、SOLIDWORKS販売代理店のJavelin Technologiesについてお話しします。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
eDrawings 2018では、関係者とのコラボレーションを強化するための拡張機能が数多く搭載されています。 【デカルを正確に表示】 部品またはアセンブリファイル内にデカルを含めるオプションを有効にすることで、eDrawingsファイルにデカル情報を含めることができます。 すべてのデカルを正確に表示できます。 【マークアップの有無】 マークアップの有無は、新しいマークアップアイコンですぐに確認できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
良い製品には3つの選択肢があると言います。たとえばファスト フード。S、M、Lのどれにしますか? 良品には、3つのフレーバー、色、レベルの選択肢が揃っていることが少なくありません。この「ホップ、ステップ、ジャンプ」的概念は、SOLIDWORKS CADにも導入されていて、Standard、Professional、Premiumの3構成です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
2011年、新しい腕時計を買おうと思い立った私は、20代の頃の情熱が再燃するのを感じていました。 20年前はデパートで売られている腕時計でしたが、今回はもっと精巧な時計です。どんなタイプの時計が欲しいのかリサーチしていくうちに、あっという間に夢中になってしまい、20年前にはほとんど存在していなかった時計関連のブログやフォーラム、情報ソースなどから、あらゆる情報を得るようになりました。 始まりは1個の腕時計でしたが、4年以上にわたってあらゆる種類の腕時計を購入、販売、取引しているうちに、その数は30~40個になっていました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
製品設計やエンジニアリングは、そのペースが速いという性質上、意思決定やフィードバックを速やかに行う必要があります。そうしないと、プロジェクトに支障をきたし、結果としてコストの増加や製品発表の遅延につながってしまいます。健全な製品開発プロセスでは多くの革新的なアイデアが生まれるものですが、概念開発においてどのアイデアを採用するのか、社内外の製品関係者全員のフィードバックに基づき速やかに判断する必要があります。 製品開発の迅速化には多くの企業が取り組んでおり、その実現には、意思決定における適切な人物からの協力や幅広い人々からのフィードバックの収集にかかる時間が特に重要になってきます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
Aker Solutionsは、ガス・石油業界に製品、システム、サービスを提供する世界的なプロバイダーで、ノルウェーに拠点を置く企業です。従業員数14,000名、世界20か国46拠点で事業を展開する創業175年の同社は、未来の世代のためにエネルギーを安全かつ持続的に供給するソリューションを開発しています。 キムラ シゲオ氏はAker Solutionsのシニア デザイン エンジニアです。この数年、エンジニア チームと協力して、モデルベース定義(MBD)の実装を推進しています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
ブドウ収穫機から剪定ばさみまで、緑地保全機器メーカーのPellencは、R&Dに多額の投資により成長を実現してきました。60ライセンスのSOLIDWORKS 3D CADとSOLIDWORKS Flow Simulationを製品開発に活用する一方、外観や人間工学に基づく設計はアウトソーシングしています。 紙のドラフト モデルや設計者が提供した3DサーフェスをSOLIDWORKS CADに統合する際に生る問題を解決するため、PellencはSOLIDWORKS Industrial Designerを導入しました。また、社内の産業設計を移行したことにより、この企業はさらに革新性を高め、市場のニーズに対応できるようになりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
昨年、「SOLIDWORKS Visualizeレンダリング コンテスト」Part1の実施後、引続き2017年11月から実施していたPart2でも5作品の応募をいただきました。応募いただいた皆様ありがとうございました!!どれも本物と見える作品ばかりです。Part1にもご参加いただいた方の作品では、それぞれ前回とは違うテイストで新たなワザが見えますよね。 こちらの5作品からお気に入りの1つを皆様に投票いただき、Top3を決定します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago