SOLIDWORKS PDM 2018では、さまざまな設計変更による複雑なプロセスをより効率的に管理できます。 【設計のブランチ(分岐)機能】 設計のブランチ(分岐)機能ではファイルの全体または一部をコピーして編集できます。ファイル構造は維持されるので、上書きしてしまうミスがなくなります。 【設計のマージ(統合)機能】 設計のマージ(統合)機能では編集したファイルを適用して別のバージョンとして出力できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 hours ago
SOLIDWORKS 2018のスケッチ機能では、作業をより直感的に進められます。 【効率的な作業】 円弧やスプラインなどの正接した端点を、右クリックメニューから反転できます。参照エラーの修正作業もより効率的に作業できます。 【3Dスケッチ】 3Dスケッチではミラーエンティティ機能があり、対称的な3Dスケッチを簡単に作成できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
25 days ago
SOLIDWORKS Simulation 2018では既存の解析機能の改良に加えて、新しい機能が拡張されています。 【設計の問題箇所が見つけやすい】 応力ホットスポットから重要な特異点を診断する機能が追加されています。応力の高さだけではなく勾配による高低差も考慮されていて、設計の問題箇所が見つけやすいです。 【アセンブリにインポート】 部品やサブアセンブリで行った解析の設定をアセンブリにインポートできます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS 2018 はメッシュデータの操作が拡張され、STL、OBJ、3MFファイルなどの幅広い形式に対応しています。 【メッシュジオメトリ】 メッシュジオメトリに材料やRealViewの外観を適用できます。断面図も作成できるようになりました。これにより、従来の環境に近いイメージでデータを取り扱うことができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
夏休みの宿題-上級編-は、難しかったでしょうか?さすがに初級編よりは答えにばらつきがありましたが、多くの方が全問正解でした。 では、回答と解説をご覧ください。 問題1 単位系 MMGS 小数位 第2位 材料 炭素鋼(普通) A=105 B=72 C=135° 角の丸みに関しては、フルラウンドフィレットを用いてください。このモデルの重心の位置をお答えください。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS MBD 2018は業務に必要な製造情報をより正確に定義でき、設計から製造に至るプロセス全体に簡単に実装することが可能です。 【パターンフィーチャーにデータムを適用】 パターン化されたフィーチャーにデータムが適用でき、リアルな動きを正確に確認できます。 【3Dビューのスライドショー機能が強化】 PDF出力は3D注記を含められます。3Dビューのスライドショー機能が強化されているので、正しく意図を伝えられるドキュメント作成に役立ちます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
SOLIDWORKS 2018のマグネット合致ツールは、より大規模かつ複雑な環境で効率的な設計を行うことができます。 【複数定義】 設置する平面を複数定義できます。設置する面をアクティブにすることで、Asset Publisherで定義した構成部品を挿入することができます。 【マグネット合致のロック】 Tabキーで回転して適切な場所にドラッグをすると、マグネット合致のロックアイコンが表示されるので、使いやすく簡単に設定が可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
いつもブログをご覧いただいている皆様にSOLIDWORKS・3DCADに親しんでいただけるよう夏休みの宿題だします!宿題といっても、今回は初級編ということでクイズ感覚で楽しんでいただける簡単なものです。問題はSOLIDWORKSを使っていただければ簡単に解けますが、他の方法で解いていただいてもOKです。全問正解された方の中から抽選で20名にSOLIDWORKS オリジナル リングノートを差し上げます!また、参加いただいた皆様には、さらにSOLIDWORKSを学んでいただけるよう問題の解説と問題集をお送りします。 やってみたいけど、SOLIDWORKS持ってないし。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
SOLIDWORKS Inspection 2018は、検査レポートをより効率よく作成するための新機能を搭載しています。2D検査図面を作成する手間を省き、初回品検査レポートの作成に要する時間を数時間からわずか数分に短縮します。 【直接インポート】 CATIA V5、PTC Creo、DWG形式の2D図面を検査プロジェクトに直接インポートできます。PDFやTIFFへの変換は必要ありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
5 months ago
SOLIDWORKS Electrical 2018 では全体的な作業の効率化に役立つ機能が多数搭載されています。 【図面スタイル】 「図面スタイル」で、レイヤ・ラインスタイル・テキストスタイルなどを一括で管理できます。プロジェクト内のどの配線図からも新しいレイヤとそのプロパティにアクセスできるので、時間を短縮できます。 【プロジェクト全体の表示】 プロジェクト構成(Project Configuration)の属性(Attribute)タブでは、プロジェクト全体の属性の表示をまとめて定義できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
eDrawings 2018では、関係者とのコラボレーションを強化するための拡張機能が数多く搭載されています。 【デカルを正確に表示】 部品またはアセンブリファイル内にデカルを含めるオプションを有効にすることで、eDrawingsファイルにデカル情報を含めることができます。 すべてのデカルを正確に表示できます。 【マークアップの有無】 マークアップの有無は、新しいマークアップアイコンですぐに確認できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 months ago
本ブログでご紹介している、SOLIDWORKSの基本的な機能や操作を説明する「1分動画」が、先日でvol.1〜vol.20まで公開となりました。操作に困った時にすぐ調べられるように、今回はその20件をまとめてご紹介いたします!SOLIDWORKSの操作に困った時のお役立て記事として永久保存版にしてください! ① 設計から製造 高品質の製品を低コストでより迅速に提供することが求められるようになった今、企業は設計から製造までのワークフローの合理化を常に考えています。優れた製品は優れた設計から始まります。SOLIDWORKSにはコンセプトから部品・アセンブリを作成 するためのツールが用意されています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
8 months ago
SOLIDWORKS 2018では、たくさんの図面作成の機能を強化しています。 【3Dモデルビュー】 図面に新しいビューを追加すると、既存の3Dモデルビューがパレットに表示され、図面に挿入できます。アノテートタイプを選択できるさまざまなオプションが用意されており、ドラッグ&ドロップでビューを簡単に挿入できます。このモデルベースの設計機能により、図面作成にかかる時間が短縮されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
9 months ago
SOLIDWORKS 2018ではアセンブリの機能がさらに強化されています。より迅速かつ簡単にアセンブリ設計をすすめることができます。 【回転オプション】 構成部品の直線パターン作成機能に回転オプションが追加されました。あらゆるタイプの設計作成をスピードアップでき、フィーチャーを追加する手間が省けます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 months ago
SOLIDWORKS2018 では 3D Interconnectの機能がさらに強化されています。 【フォーマットの変換作業が不要】 STEP・IGES・ACISといった中間フォーマットの変換作業が不要になり、そのままSOLIDWORKS アセンブリの構成部品として扱うことができます。 【ファイルの変更や置換を認識】 ニュートラル形式のファイルは、ファイルの変更や置換を認識します。また、サードパーティ製のネイティブファイルと同様に、削除や再インポートを行わなくても簡単に更新できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 months ago
アセンブリには可動部品が多数含まれているので、可動範囲の自由度が高くなります。自由度が高くなるほどアセンブリの操作は難しくなるため、合致を追加したりして動作をある程度固定するなどしてきました。しかし、合致が複雑になった場合、位置決めに想像以上の時間がかかる場合があります。SOLIDWORKS 2016はこのような問題を合致コントローラで解決します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
11 months ago
SOLIDWORKS 2017では、断面を表示しながら作業するときの作業性を改善する優れた機能を利用できます。断面表示された構成部品やボディが透過表示できるため、断面平面によって非表示になっているジオメトリを常に完全に表示できます。 【PropertyManager】 PropertyManagerの新しいオプションでは、構成部品を選択し透明度レベルを設定でき、複雑な設計であっても容易に認識できます。 【透明に設定】 断面図を作成する際に、個別のボディや構成部品を透明に設定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
11 months ago
SOLIDWORKS MBDは、生産作業の合理化を図るための製造工程統合ソリューションです。PMI(Product Manufacturing Information:製品製造情報)と3Dモデルデータを業界標準のファイル形式で定義、編成、共有できます。 【アノテート機能】 各3Dビューには、製造上重要な情報がわかりやすく表示されます。また、アノテートをすべて表示する機能や、表示平面に合わせてアノテートを自動的にフェードするダイナミックなアノテート機能もあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS Simulation 2016では、部品の動きのシーケンス化とメッシュ品質のコントロールが改善され、特にユーザーから要望の高かった機能を搭載。スペシャリストから解析初心者まで、いっそう幅広く活用いただけます。 【サイドリリースクリップ】 サイドリリースクリップでは、挿入と抜去の操作のパフォーマンスを検証することが重要。クリップを挿入および抜去する拘束は、0.5秒で挿入され、その位置に少し留まってから、0.25秒で抜去されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS 2016ではアセンブリにさまざまな拡張が加えられ、アセンブリプロセスの生産性アップと高速化を実現しています。 【状況依存ツールバーに追加】 輪郭中心合致(Profile Center Mate)が、クイック合致(Quick Mates)ツールバーに追加。この合致のコントロールはすべて、円筒面を選択した際に使用する回転ロックオプションも含み、Property Managerにアクセスしなくても使用できます。また、3つの面を選択した場合は対称合致、4つを選択した場合は幅合致を使用できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS Visualize Standard2017は、SOLIDWORKSインストールと完全に統合されました。ProfessionalおよびPremium CADユーザーのサブスクリプション継続ユーザー様の特典として利用できます。 SOLIDWORKSインストールに統合されたことにより、新しいシリアル番号が必要です。このシリアル番号は、スタンドアロン ライセンスまたはネットワーク ライセンスを問わずサブスクリプション継続ユーザー様であれば取得できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
2016バージョンよりSOLIDWORKS PDM製品の名称が変更となりました。また、あらたにSOLIDWORKS PDM Standardが加わり、SOLIDWORKS製品のデータ管理を小規模から大規模まで広くカバーします。SOLIDWORKS PDM Standardは、CAD製品のSOLIDWORKS Professional、およびSOLIDWORKS Premiumにバンドルされます。 【堅牢性に優れたデータ管理ツール】 SOLIDWORKS PDM Standardでは、すべてのデータを安全に保護されたボルトで一元管理するので、データの表示や変更を許可するユーザーを限定することが可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS 2017は、多くの図面機能を強化しています。作業負担を減らすための新機能や、表現をよりわかりやすくなるよう改良されています。 【断面表示の輪郭を強調】 ISO規格に準拠した断面部分を、他の構成部品より目立たせることができます。強調に使用するスタイルは簡単に変更でき、ドキュメント オプションから値を選択して、正しい太さとスタイルを指定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
一日の仕事を終えようとしているとき、上司から面倒な頼みごとをされました。目前に迫ったプレゼンテーション用に自社製品の魅力的なイメージを作成して欲しいというのです。ラッキーなことにあなたのコンピュータには SOLIDWORKS Visualize がインストールされたばかりでした。 注意: Visualize は SOLIDWORKS またはご使用の CAD パッケージと同じマシンにインストールする必要はありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago