1983年、Jay Godsall氏は、アフリカ内陸諸国との外交ランチに出席しました。当時、彼は芝刈り事業をカナダの各地域に拡大しようとしていました。ブルンジからの長い対話の後、中央アフリカは交通機関が世界で最も発達していない地域だと知りました。最小限の道しかないのです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 days ago
2011年、新しい腕時計を買おうと思い立った私は、20代の頃の情熱が再燃するのを感じていました。 20年前はデパートで売られている腕時計でしたが、今回はもっと精巧な時計です。どんなタイプの時計が欲しいのかリサーチしていくうちに、あっという間に夢中になってしまい、20年前にはほとんど存在していなかった時計関連のブログやフォーラム、情報ソースなどから、あらゆる情報を得るようになりました。 始まりは1個の腕時計でしたが、4年以上にわたってあらゆる種類の腕時計を購入、販売、取引しているうちに、その数は30~40個になっていました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
こんにちは、阿武です。さて今回は前回の続き、ペンタブレットでSOLIDWORKS2018を使うお話です。前回落書きまでのお話をしましたが、今回は工業・プロダクトデザインの仕事でどう使えるのかを語りたいと思います。あくまでも「私ならこう使うかも」といった話なので、参考までにお読み下さい。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
9月5日(火)から9月9日(土)静岡県のエコパで「第15回学生フォーミュラ大会」が開催されました!ガソリン車(98校)、EV車(17校)が参加し、アジアでは日本だけで開催される国際大会のため、タイ、中国、オーストラリアなどからの参加もみられました。日本で初めて学生フォーミュラ大会が開催された2003年には、17校だった参加校が昨年から100校を超えるようになり、今年は20-30校が予選で落ちているということです。「特集:フォーミュラカーを自作するぞ!第一回」でもご紹介しましたが、1980年アメリカで始まった学生フォーミュラ大会ですが、現在は日本やイギリスでも開催されています。学生フォーミュラ大会は、技術者の育成、技術も含め総合人材育成を目的に実施ているそうですが、イギリスではレーサーの育成も目的の1つだそうです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
8 months ago
第三回でも引き続きWaseda Formula Projectのチームリーダーを務める鈴木峻大さん、テクニカルリーダーの小河広明さん、シャシ担当の藤井裕斗さん、マネジメント班リーダー鷲尾拓哉さんに、SOLIDWORKSを活用したフォーミュラカーの設計や解析、さらには評価の際に使用した製品についてお伝えしていきます。 チームの目標達成を支えたSOLIDWOKRS 規定以上の強度であれば、自由に設計できるフォーミュラカー。毎年改良されフィーリングも変わるというマシンの製作では、配管・電装以外の全ての設計においてSOLIDWOKRSを活用してくれているそうです。さらに、解析では強度や剛性が必要となる部品はもちろん、流体力学が絡んでくるエンジン周りにも、SOLIDWOKRS Flow Simulationを活用しているといいます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 months ago
SOLIDWORKSジャパンブログ「プロダクトデザイナー阿武優吉ブログ」でお馴染みの阿武さんがBike Shield製作について、Bike Shield制作依頼者で実際にBike Shieldを製造した株式会社依田工業所の依田社長との製作裏話対談をご覧ください! Profile: 依田 邦彦様 : 株式会社依田工業所 代表取締役社長 阿武 優吉様 : 株式会社アンノデザインオフィス 代表取締役 工業デザイナー 依田社長の趣味は自転車 最近は、特に都心部では、健康志向、エコ、渋滞等交通事情もあってか自転車人口が増えているのを感じますよね。実用的なママチャリから趣味の高級自転車まで種類も豊富になり、値段も車が買えるほどの高級なものまでさまざまあります。依田さんは、高校生のころからずっと生活の中に自転車があるような方で、ロードバイクだけじゃなくて自転車全般、特に最近はどちらかというとマウンテンバイクに凝っていて何台も自転車を持っている自転車大好き人間。最近、そんな依田さんのような自転車好きの中で最近多い悩みが自転車の保管だそうです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
11 months ago
学生版のF1大会とは? (画像提供:公益社団法人 自動車技術会) 読者の皆さんは、学生版のF1大会が日本で行われているのをご存知でしょうか?「学生フォーミュラ」と呼ばれ、学生自らがフォーミュラスタイルのレーシングカーを構想・設計・製作し、実際に走らせるコンテストで、毎年9月に行われています。(今年の第15回 全日本 学生フォーミュラ大会は、2017年は9月5日(火)~9月9日(土)エコパ(小笠山総合運動公園・静岡県)で開催されます) この大会の起源はアメリカで、教室の中で得られる座学の知識を超えた実践的な知識を身に付けさせる場として、1980年にテキサスの大学から始まったのだそうです。今では次世代のものづくりの人材育成を目的に、イギリス、ドイツ、オーストラへと世界各地に広まり、日本では自動車技術会主催のもと、官学民で支援して今年で15回目を迎え、100を超えるチームが大会にエントリーしています。 ソリッドワークス・ジャパンでは、この「学生フォーミュラ」を通じて、SOLIDWORKS とSOLIDWORKS Simulation ソフトウェアの提供と学生フォームラ―出場校向けのセミナーな
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
少し間が空いてしまいましたが、ユーザーインタビュー動画 第四話最終回は、SOLIDWORKSの導入と導入後の変化についてお聞きしました。 導入時には、プロジェクトを立ち上げ、他社CAD等の比較のために勉強会等を開いたというお話を伺いました。3次元CAD導入には、多くの方が関るので、それぞれの立場から意見を出し合って、最適な3次元CADを導入できるようにすることが大切です。SOLIDWORKSを選んだ理由、導入後どのような変化があったか、今後の課題等もお話しいただきました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
ユーザーインタビュー動画 第三話は、第二話に引き続き「SOLIDWORKS 2017について」お伝えします。SOLIDWORKS 2017の魅力について、第二話ではおもにSOLDWORKS CADの部分についてお伝えしましたが、第三話では、SOLIDWORKS Simulation、MBD等の興味深い新機能についてお話しいただきました。 SOLIDWORKS 2017が発表されたのは、9月13日でしたが、日本での販売開始は、11月15日(火)より正式に受注を開始しました。SOLIDWORKS 2017の新機能詳細については、下記ブログをご覧いただくか、バナーをクリックしてお問い合わせください。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKSユーザーインタビュー動画第二話・三話は「SOLIDWORKS 2017」についてお聞きしました。ベータコンテストに参加されたユーザーの皆様は、すでに7月のオンプレミスイベントで、実際にSOLIDWORKS 2017を操作していただきました。SOLIDWORKS 2017の新機能や改善された点について、実際に使って気に入った機能、これは使えると思った機能についてお話しいただきました。 SOLIDWORKS 2017開発について、本社会社スタッフ3人が強調したのは、「有用な新機能ももちろん、一番力を入れたのは、品質とパフォーマンスの向上」ということです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS 2017のベータ版が、6月末にリリースされ、7月初旬に東京と大阪オフィスでオンプレミスイベント(*1)でを開催しました。ソリッドワークス本社から開発スタッフが来日し、新機能を説明しました。参加者は、実機を操作しながら直接開発者に質問したり、SOLIDWORKS 2017を理解したりしていただける場を提供できたのではないかと考えています。 その際、ユーザーの方数名に、インタビューにご協力いただきました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago