トレーニング カタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
言語:
このモジュールでは,3D ビューについて扱います。 部品: 平面の断面図の作成。 ゾーンの断面図の作成。 アセンブリ: 複数の表示状態を取り込む。 複数のコンフィギュレーションをエクスポートする。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,SOLIDWORKS MBD を使用した 3 つの技法の概要を紹介します。 抜き勾配を追加した部品: 抜き勾配を抑制するか,交差ジオメトリを使用して,抜き勾配を追加したサーフェスの間に DimXpert の位置寸法を作成する。 板金: 板金部品のフラット パターンのために別のコンフィギュレーションを使用する。 参照寸法を使用して,板金のベンド ラインの間に寸法を作成する。 溶接構造: カット リストを使用して,溶接構造の構造レイアウトに寸法を表示する。 溶接構造に 3D 注記を使用して,溶接記号を適用する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,自動寸法スキームの使用方法を説明します。 プリズム/回転部品を定義する。 自動寸法スキームを使用して,正/負の公差を適用する。 自動寸法スキームを使用して,幾何公差を適用する。 製品製造情報(PMI)を新しいアノテート アイテム ビューに割り当て直す。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは、3D PDF と eDrawings ファイルを作成して使用する方法を説明します。 ユーザー定義プロパティとテキスト フィールドの追加。 3D PDF に部品を作成。 3D PDF と eDrawings にアセンブリを作成。 3D PDF の作成前に DimXpert アノテート アイテムのサイズを変更。 3D PDF と eDrawings を調べる。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,アノテート アイテム ビューを使用して製品製造情報(PMI)を構成する方法を説明します。 動的なアノテート アイテム ビュー ツールで PMI を表示する。 直交するアノテート アイテム ビューを挿入して,選択による(By Selection)オプションでユーザー定義のアノテート アイテム ビューを追加する。 PMI を異なるアノテート アイテム ビューに割り当て直し,表示を構成する。 ビューポートを使用して,複数の視点から同時にモデルを表示する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,3D でのモデルの定義に使用するそのほかの製品製造情報(PMI)ツールを扱います。 参照寸法を適用して,フィーチャー寸法を再利用する。 データム ターゲットを適用してカスタマイズする。 デザイン ライブラリからデフォルトの注記を追加して,3D 注記を追加する。 公差スタイルを作成して,再利用できるように保存する。 サーフェスの仕上げと溶接記号を追加する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,DimXpert の高度な手法を扱います。 複数のコンフィギュレーションを使用して,製品製造情報(PMI)を構成する方法を取り上げます。 交差ジオメトリを理解する。 自動寸法スキームを使用した極寸法の作成。 複数のコンフィギュレーションを作成して PMI を構成する。 コピー スキーム ツールを使用して,コンフィギュレーション間で PMI を転送する。 DimXpert アノテート アイテムを 2D 図面にインポートする。
Lesson
7 月 前
ENG
より高度な 3D PDF 機能を学習して,3D 設計の意図を,下流の SOLIDWORKS をインストールしていない製造工程にも明確に伝えましょう。 無料版の Adobe Reader を使用して,SOLIDWORKS または STEP のファイルを 3D PDF に添付する。 複数のシートを挿入する。 複数のビューポートを挿入する。 複数のテーブルを挿入する。 ソリッド アウトラインおよびイラストレーションのモードを表示する。 画面にフラットな注記とテーブルを表示する。 無料版の Adobe Reader を使用して,ファイルを 3D PDF に添付する。
Lesson
7 月 前
ENG
アセンブリにおける DimXpert を学習して,外形サイズと取り付けインターフェースの寸法と公差をアセンブリ環境で定義しましょう。 部品の中の既存の DimXpert 機能はすべてアセンブリでサポートされます。 自動寸法スキームを使用して,取り付け穴の間隔を定義する。 場所とサイズ寸法ツールを使用して,穴のサイズと,アセンブリ フィーチャーの寸法および公差を定義する。 手動の基本寸法を適用する。 面の代わりにエッジを選択して,定義を簡単にする。 2D の図面やスケッチのように,マウスを動かすごとに寸法を入れる。 フラグ ノートを自動的に更新する。 フィーチャー制御フレームを基準にして座標系を表示する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,3D PDF テンプレート エディタについて扱います。コンポーネントの内容:テキスト タイプ,BOM テーブル,モデル領域,3D PDF ビューのサムネイル タブ。 部品: テンプレート ロゴの変更。 テンプレート エディタから SOLIDWORKS にユーザー定義プロパティをマップ。 アセンブリ: 既存のテーマ フォルダを 3D PDF 作成(Publish to 3D PDF)ダイアログに追加。 3D PDF/eDrawings ファイルの作成と使用。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,3D でモデルの定義に使用する DimXpert ツールを紹介します。DimXpertManager によるアノテート アイテムの構成を説明しています。 自動寸法スキーム ツールを使用してモデルにアノテート アイテムを簡単に作成する方法も説明しています。 DimXpertManager の説明。 自動寸法スキーム ツールの使用。 各種アノテート タイプ(データム,幾何公差,サイズ寸法, 位置寸法,パターン フィーチャー ツール)の使用方法。 パターン フィーチャー ツールを使用して,コレクション パターンを作成する。
Lesson
7 月 前
ENG
このモジュールでは,SOLIDWORKS MBD の概要を紹介します。 3D でのモデルの定義,3D ビューのキャプチャ,3D PDF と eDrawings ファイルの作成プロセスが扱われています。 製品製造情報(PMI)を 3D のモデルに追加する方法を学ぶ。 パターン フィーチャー ツールを使用して,コレクション パターンを作成する。 3D PDF テンプレート エディタの使い方を知る。 3D PDF の作成方法。 eDrawings ファイルの作成方法。
Lesson
7 月 前
ENG