弊社では本 Web サイトの運用と使いやすさの向上とアクセス数の把握のために Cookie を使用しています。本サイトを利用することにより、利用者は Cookie の使用に同意したことになります。
詳細 |
レッスンおよびラーニング パスのカタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
Convert imported assembly and multibody geometry into SOLIDWORKS feature-based, parametric models. Recognize imported assembly geometry as multiple parts. Use Edit Feature to recognize only selected features from the part. Use child features to recognize multiple features with a single selection.
Lesson
7 日間 前
ENG
Convert imported sheet metal part geometry into SOLIDWORKS feature-based, sheet metal, parametric models. Recognize common sheet metal features such as Base Flanges and Sketched Bends. Flatten the result to view the flat pattern. Use a hybrid approach combining the automatic and interactive methods.
Lesson
7 日間 前
ENG
Use Volume features to recognize geometry that does not match any other feature type. The volume feature can be replaced with a standard SOLIDWORKS feature. Recognize volume features. Recognize boss and cut revolve features. Use the Up To Face option with cut extrudes. Replace volume features with standard cut features. Edit the mapped features.
Lesson
7 日間 前
ENG
Control the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based parametric model by converting specific features interactively. Interactively convert feature types. Convert features types that cannot be used with automated methods. Recognize multiple similar features at the same time. Re-recognize geometry and change it to a different type. Add patterns from the list of recognized features.
Lesson
7 日間 前
ENG
Automate the conversion of imported part geometry into a SOLIDWORKS feature-based, parametric model. Open an imported data file in SOLIDWORKS. Use the Import Diagnostics tool to repair imported geometry. View the FeatureWorks options. Use the Automatic feature Recognition Mode. Map the features to the part model. Guide the Automatic Recognition Mode for the best results.
Lesson
7 日間 前
ENG
SOLIDWORKS Visualize には,静止画像に関する機能だけでなく,アニメーションのビデオを出力する機能もあります。 アニメーション タイムラインの設定をマスターして,部品,モデル,カメラ,外観などのアニメーションを作成します。 アニメーション タイムラインとそのオプションを確認する。 複数の方法でキーフレームを追加および操作する方法を理解する。 Visualize アニメーションからビデオを作成する出力ツール(Output Tools)のオプションを学習する。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
12 日間 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
あらかじめセットされたカメラ フィルタを使用したり,カスタムのカメラ後処理設定を作成して,ポップなイメージとアニメーションを作成しましょう。 ブルームや被写界深度などのフォトパーフェクトなカメラ エフェクトを使用して,イメージのリアリズムをより高めましょう。 あらかじめセットされたカメラ フィルタをすばやく追加して,コンテンツをポップにする。 カメラ後処理設定を通してカスタムのカメラ フィルタを作成して,操作性を高める。 ブルームや被写界深度などの高度なカメラ エフェクトを追加する。 Region Render を使用して,レンダリングするビューポートのセクションのみを選択する。
Lesson
12 日間 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
コンフィギュレーションにより,複数のさまざまな設計方向を,すべて単一の Visualize プロジェクト内で比較できます。 このレッスンでは,さまざまな外観,カメラ設定,シーン,または部品表示のコンフィギュレーションを簡単に作成し,複数の設計方向を確立して,最終的なソリューションの選択を大幅に簡単にする方法を確認します。 さまざまな設計方向に複数のコンフィギュレーションを作成する。 ベース コンフィギュレーションを使用して,既存のすべてのコンフィギュレーションに変更を加える。 1 回のボタン クリックですべてのコンフィギュレーションをレンダリングする。 Visualize Professional で使用可能。
Lesson
12 日間 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
SOLIDWORKS Visualize へのインポート プロセスを理解することは,作業を効率化するために不可欠です。このプロセスは,インポートの設定と,元の CAD ファイルの構成の両方から制御できます。 Visualize プロジェクトをさまざまなワークフロー用にセットアップするためによく使われる 2 つのインポート設定を学習します。1 つは,モデルを速く簡単に使用するための設定で,もう 1 つは,モデルのグループ化によりライブ アップデートと柔軟性向上を実現するための設定です。 CAD ファイルを必要な Visualize のエクスペリエンスに合わせて最適に準備する方法を学習する。 適切なインポート設定を選択することで効率よく Visualize にモデルをインポートする方法を理解する。 CAD Live-Update を利用してシームレスな設計プロセスを実現する。
Lesson
12 日間 前
ENG
FRA
DEU
JPN
ESP
CSY
ITA
KOR
PLK
PTB
RUS
TRK
CHS
CHT
平面または平らな面でスケッチを開始する場合の違いを理解します。 参照平面に最初の 2D スケッチ輪郭を作成する。 部品の平らなモデル面に追加の 2D スケッチ輪郭を作成する。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチ拘束と寸法を使用して,スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義,完全定義,重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
13 日間 前
ENG
キャスト/モールド部品に抜き勾配を追加します。 作成できる各種の抜き勾配フィーチャーを理解する。 ドラフト解析を行って、抜き勾配を追加する必要のある面を判別する。
Lesson
13 日間 前
ENG
シェル フィーチャーを使用して,ソリッド ボディを中空にします。 選択した面に異なる肉厚を適用する。 シェル操作で複数の除去する面を選択する。 シェル操作によりフィレット/ラウンド エッジにどのように影響するかを理解する。
Lesson
13 日間 前
ENG
最小のスケッチ ジオメトリを使用して,薄厚の部品を補強するリブ フィーチャーを作成します。 リブ フィーチャーを作成する各種オプションを理解する。 単純/複雑なスケッチを使用してリブ フィーチャーを作成する。
Lesson
13 日間 前
ENG
測定と質量特性ツールを使用して,モデルのサイズ,重量などを評価します。 部品の材料や座標系が質量特性にどのように影響するかを理解する。 点や円の間を測定して,部品サイズを判別する。
Lesson
13 日間 前
ENG
部品に材料を追加して,質量特性の計算,SOLIDWORKS Simulation や部品の外観の修正に利用します。 部品の材料を定義する。 部品にユーザー定義の材料を追加する。 コンフィギュレーションを使用して,部品に異なる材料を割り当てる。
Lesson
13 日間 前
ENG
点,軸,および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し,測定ツールの使用に役立てます。 1 つ以上のモデル エンティティをもとに,基準点,軸,座標系を作成するオプションを学ぶ。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチ拘束と寸法を使用して,スケッチを完全に定義します。 スケッチのステータス(未定義,完全定義,重複定義)を理解する。 スケッチを評価してなぜ未定義なのかを判断する。
Lesson
13 日間 前
ENG
自動のスケッチ拘束を使用して,輪郭をスケッチしながら設計意図を取り込みます。 自動スケッチ拘束を示すカーソルのアイコンを確認する。 スケッチの輪郭を作成して,スケッチしながら自動のスケッチ拘束を追加する。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチ拘束を使用してスケッチを完全に定義し,設計意図を取り込みます。 自動のスケッチ拘束と手動で追加するスケッチ拘束について学ぶ。 2 つの直線間に拘束を追加して,共通のスケッチ拘束を理解する。 円と円弧の間に拘束を追加して,追加のスケッチ拘束を確認する。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか,円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチのエンティティとして円と円弧を作成します。 円と円弧を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 中心点を基準にするか,円/円弧の境界に沿ってさまざまな円/円弧ツールを選択できる状況を理解する。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチのエンティティとして直線と中心線を作成します。 スケッチに直線を作成するオプションを理解する。 垂直,水平,または指定角度の直線を作成する。 関係と寸法の中心線を使用してモデル ジオメトリの作成に役立てる。
Lesson
13 日間 前
ENG
スケッチのエンティティとして矩形を作成します。 矩形を作成するためのさまざまなツールについて学ぶ。 矩形の中心やコーナーを基準にさまざまな矩形ツールを選択可能な状況を理解する。
Lesson
13 日間 前
ENG